「ほっ」と。キャンペーン

弓削道鏡(ゆげのどうきょう)

平安初期、八百年代に起きた称徳大王(おおきみ・天皇・女帝)が弓削道鏡(ゆげのどうきょう)に天皇位を譲ろうとした事件でも、和気清麻呂(わけのきよまろ)は、近くの伊勢神宮ではなく、わざわざ宇佐神宮の御神託を仰ぎに、遠方の九州まで出向いている。

朝廷の一大事に、アドバイス(助言)したのが、他でも無い宇佐神宮なのだ。
宇佐神宮御神託事件」である。

弓削氏(ゆげうじ)は、古代の日本で弓を製作する弓削部(ゆげべ)を統率した氏族で、武器を扱う事を職掌とする物部氏(もののべうじ)と関係が深く、一部の系統はその傍系とも称した。

但し弓削氏(ゆげうじ)には、祖先伝承や根拠地域が異なる複数系統があり、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)の弓削氏(ゆげうじ)は、物部尾輿(もののべおこし)の子・物部守屋(もののべのもりや)の母姓「弓削」に因み後裔は弓削を称して河内国若江郡弓削郷を本貫とする。

この「御神託事件」だが、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は、若年の頃、法相宗の高僧義淵(ぎえん)の弟子となり、良弁(ろうべん)から梵語(サンスクリット語)を学ぶ。

また大和国(奈良県)の葛城山に篭り「密教の宿曜秘法を習得した」とも言われる。

七百六十二年(天平宝字五年)孝謙上皇は病に伏せ、近江保良宮で看病に当たった弓削氏の僧・道鏡(どうきょう)は上皇の病を癒して寵を受け、孝謙上皇は道鏡(どうきょう)を寵愛するようになり、それを批判した淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)と対立する。

この対立が引き金となり、七百六十二年(天平宝字六年)に孝謙上皇は近江保良宮より平城京に帰還し、出家して尼になる。

孝謙上皇は尼僧姿で重臣の前に現れ、淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)から天皇としての権限を取り上げる為「天皇は恒例の祭祀などの小事を行え。

国家の大事と賞罰は自分が行う」と宣言する。

後ろ盾の光明皇太后を失い、淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)の権限を狭められた藤原仲麻呂は軍事力により孝謙上皇と弓削道鏡(ゆげのどうきょう)に対抗しようと挙兵を企てる(藤原仲麻呂の乱)も敗れ、孝謙上皇は淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)を追放する。

この孝謙上皇の、強気の振る舞いの裏で後押しをしていたのが野望を抱いた弓削道鏡(ゆげのどうきょう)で在った事は想像に難くない。

孝謙上皇は重祚(再即位)し、称徳天皇(しょうとくてんのう・/第三十八代女帝)となって再即位し、即位後は弓削道鏡(ゆげのどうきょう)を太政大臣禅師とするなど重用し、天皇位の譲位を目論む「弓削道鏡(ゆげのどうきょう)御神託事件」を起こす。

大宰府の主神(かんづかさ)・中臣習宜阿曾麻呂(なかとみのすげのあそまろ)が「道鏡が皇位に就くべし」との宇佐八幡神社の託宣を報じる。

この御神託事件は弓削道鏡(ゆげのどうきょう)と中臣習宜阿曾麻呂(なかとみのすげのあそまろ)が共謀して「でっち上げた」と見られ和気清麻呂(わけのきよまろ)が勅使として宇佐八幡に送られたが、「この託宣は虚偽である」と御神託が下り、以前の神託を否定し復命され、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)の即位計画は破綻した。

これに怒った太政大臣・弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は和気清麻呂(わけのきよまろ)を因幡員外介(いなばのいんがいのげ)として左遷し、さらに称徳天皇(しょうとくてんのう・女帝)は清麻呂(きよまろ)を除名し大隅国(鹿児島県)へ配流する。

しかしこの宇佐八幡神社御神託事件の翌年、称徳天皇(しょうとくてんのう・女帝)は病につき僅か百日余りで崩御する。

女帝の為に生涯独身を通した称徳天皇(しょうとくてんのう)に子は無く、他に適当な天武天皇の子孫たる親王、王が無かったため、藤原永手や藤原百川の推挙によって天智天皇系の白壁王(光仁天皇)が即位し、太政大臣・弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は失脚して下野国・薬師寺別当に配流された。

女帝に成る定めを負って生まれた称徳天皇(しょうとくてんのう)は、孤独の中で権力闘争の生涯を送り、只一度の心許す男が弓削道鏡(ゆげのどうきょう)だったのかも知れない。

この称徳天皇(しょうとくてんのう)以降は、江戸時代の明正天皇(めいしょうてんのう・女帝)に至るまで、実に八百五十余年間女帝が立てられる事はなかった。

関連記事
大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
律令制に於ける官職】に飛ぶ。
孝謙大王(こうけんおおきみ/天皇・女帝)重祚・称徳大王(しょうとくおおきみ/女帝)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-27 16:14 | Comments(0)  

<< 靖国(やすくに)神社 夜這(よば)い >>