靖国(やすくに)神社

それでは、靖国神社の問題を考えて欲しい。
国の為に戦った尊い戦争犠牲者を「大切に祭って何が悪い」と言う論調で、事の本質、つまり「権力者の邪(よこしま)な欲望の犠牲者に成った」と言う事を摩り替えていまいか?
皆、自爆テロと戦争犠牲者を「別のもの」と勘違いさせられているようだが、「本質が同じ」と思われるのである。
確かに角度を変えて見れば、国と家族を守る為の立派な犠牲行為であるが、そこばかりを強調して「美談に摩り替える」のはいかがなものであろうか?
ここで問題なのは、戦争犠牲者を「立派な行為」と祭り上げる事が、自爆テロのジハード(聖戦)を奨励する宗教指導者と同じ影響をもたらす事である。
つまり、この手の美談は「権力者に利用され易い」と言う事で、靖国神社は歴史的に元々その為の施設である。
申し添えて置くが、庶民の戦争犠牲者を弔い祭る方法は別に幾らでもある。
それを敢えて靖国神社に祭り、「神に成った」と言う事に「権力者の政治的意図がある」と解釈すると、ジハード(聖戦)と「どれだけの差がある」と言うのであろうか?
この国民合意が葛城朝の陰謀、陰陽寮の密命、「民人の民族同化政策」に拠る血の単一民族意識の発露とすれば、たとえ意図的に作られたものでも、間違いなく大和民族の単一民族論が証明された事になる。
それにしても、靖国神社は利用され、多くの戦死者が祭られている。
官僚化した維新の英雄達の、民意誘導の陰謀で有る。
まったく、頭の良い官僚は自分だけは特別だと思っているから、他人の痛みに心が無い。
この発想、英霊には申し訳ないが、腹の中はそんな純粋なものでは無い輩が、靖国を利用している気がして成らない。
A級戦犯の合祀に疑問を挟まず、「国の為に亡くなった尊い御霊」と美化する輩は多いが、そう言う人間に限って、自分は安全圏に居て、今後も「国の為に」と、国民に犠牲を強いる目論見が、発想の中に在る指導者である。
敗戦の折、切腹にて自決した阿南陸軍大臣の潔さに比べ、逮捕にやってきた進駐軍の目前で、短銃自殺に失敗、女々しく法廷に立った東条英機に、靖国合祀の資格ありや?
切腹も出来ず、拳銃で死に切れない。
彼はまさしく陸軍の官僚だった。
そんな情けない者が、「国の為に死んで来い。」なんて演説していた。
たとえ追い込まれた結果の開戦とは言え、戦陣訓を想起し、「生きて俘虜の辱めを・・・」と退路を断ち、戦闘ではなく、九割が病死、餓死、自刃、特攻と言う過酷な死を兵に課した責任を、そして敗戦責任を何故論議から外す。
圧倒的に劣る軍装備、補給体勢、前線に届くのは「精神論ばかり」で、戦わされたのが過酷な前線だった。
それを今更、奇麗事で、「靖国が戦死者の魂の拠り所だ」と言う。
死者は語らないが、その靖国に、A級戦犯たる戦争指導者と、「合祀されるのは無念」と思う英霊は多い筈である。
果たして英霊が、この事実を美談の影に隠されて、本当にA級戦犯合祀の状態で、安らかに眠れるのだろうか?
つまり合祀問題は、外圧論議や条約論議などと言う次元の話ではなく、純粋に日本国内問題である。
現在の靖国神社のA級戦犯合祀問題で、合祀当時の第六代靖国社宮司・松平永芳氏は、元福井藩主松平春嶽の子、宮内大臣・松平慶民子爵の長男で終戦時海軍少佐だった。
戦後は陸上自衛隊に入隊。
昭和四十三年、一等陸佐で定年退官、福井市立郷土歴史博物館長を務めた後、昭和五十三年に第六代靖国社宮司に就任、同年十月、A級戦犯十四柱を合祀する。
松平永芳氏が、元福井藩主松平春嶽(明治維新時の幕府側主役の一人)の孫にあたる所から、遡れば福井藩々主・結城(ゆうき)秀康の子孫にあたり徳川家康の子孫でもある。
何故、神職の経験のない元軍人の松平永芳氏が、社格の高い靖国社宮司に成れたのか、それは靖国社が、神社本庁に属していない特別な存在で、戦前は軍の管轄にあった。
我輩が本書で記述している通り、神社の歴史的本質が信仰では無く、「氏の支配」の発想である事が如実に反映されたもので、つまり血統が良ければ「神職の経験(僧の修行)が無くても高位の神官、高位の僧侶に成れる」と言う日本の古来からの独自の氏文化、「氏と信仰の関わり」が、未だに続いているのである。
信仰の奥深い所を知らなくても、血統が良ければ人を導く事が出来るのは、過去、信仰が統治の具、馬鹿げた虚構であった証拠である。
靖国社は、その成り立ちからして特殊な運命を背負っており、当然ながら、今後も軍や当時の指導者の立場を代弁し続けるであろう。
しかしながら、お国の為に散って行った「尊い英霊の御霊(みたま)」を安(やす)んじる為の宮司が、「神職末経験の素人」とは、英霊遺族の思いをも踏みにじる「笑止噴飯物」と思うのは我輩だけだろうか?
第四巻に飛ぶ。】
皇統と鵺の影人
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。
[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-27 16:22 | Comments(0)  

<< 両班(ヤンバン・特権貴族階級) 弓削道鏡(ゆげのどうきょう) >>