村岡良文(むらおかよしふみ)=平良文(たいらのよしふみ)

第五十代桓武天皇の皇子であった葛原(かずはら)親王(臣籍降下して平性を賜る)から五代目に、桓武平氏として平良文(たいらのよしふみ)がいる。

平良文(たいらのよしふみ)は下総国の豪族として武蔵国・下総国などを開発して勢力を確立し、相模国村岡にその住居を定めて村岡姓を名乗り、村岡(平)良文として関東鎮守府将軍となる。

やがて、村岡五郎(平)良文の孫・平忠常(上総介)が上総国で起こした大反乱「長元の乱」を起こし、平忠常(上総介)は清和源氏の源頼信(みなもとよりのぶ)に討ち取られている。

伊勢平氏の平直方は、関東で発生した「鎮守府将軍・村岡五郎(平)良文の乱」の鎮圧に追討使として失敗してしまい、役を解かれて伊豆の国に在住する。

この直方の流れが後に北条家となる。

清和源氏の源頼信(みなもとよりのぶ)が、関東での平忠常(上総介)の「長元の乱」鎮圧に成功し、関東では源氏の勢力が強まり、鎮守府将軍などの現地武門トップの地位は源氏へと移ってしまうのである。

この村岡良文(平良文)の子孫が、源義家(八幡太郎)に従って奥州(東北)と坂東(関東)の治安にあたる縁を持ち、坂東(関東)各地に土着して土豪武士となり、その諸氏が八つの氏族に大別されていた為に「坂東八平氏」と呼ばれる。

関連記事
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
平将門(たいらのまさかど)】に戻る。
坂東八平氏(ばんどうはちへいし)】に続く。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-27 17:29 | Comments(0)  

<< 無鹿(むしか) 武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい) >>