無鹿(むしか)

延岡市の中心部を流れる五ヶ瀬川の州にある「無鹿」の町から川沿いの道を遡ると、天孫降臨伝説の地「高千穂(たかちほ)」に至る。

現在の無鹿は、延岡市の郊外に在る何の変哲も無いひなびた住宅街だが、数奇な運命を持ってこの作品に何度か顔を出す不思議な地名で有る。

無鹿(むしか)から海、或いは海岸線を行けば、北浦の地に達する。

北川の地と高千穂の地は、無鹿(むしか)からそれぞれの川ぞいを行けば達する。

つまり無鹿(むしか)の地が、古代からの交通の要衝で在った事は容易に想像できる。

だがつい近世の大友宗麟の時代まで、大きな集落を形成した事実はなさそうだ。

それ故、無鹿(むしか)以前の古い地名はない。

しかしこの地が、営々と続いた「天孫降臨伝説」の氏族の発祥とその二千年余り後に、最後の氏族が終焉を迎えた因縁の地なのである。

無鹿(むしか)は、西郷隆盛率いる薩摩軍が起こした氏族(武士)最後の戦いと成る「西南戦争/西南の役」の反撃を試みた激戦の地で、この地で敗れた薩摩軍は、可愛岳(えのだけ)を越えて薩摩城山に立て篭もり最期を迎える。

この無鹿(むしか)の名前は、戦国武将・大友宗麟が名付けたそうだが、その話は後の章に譲る。

大友宗麟】へ続く

関連記事
高千穂(たかちほ)】へ飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-27 17:32 | Comments(0)  

<< 水揚げ・〔一〕村落の水揚げ親 村岡良文(むらおかよしふみ)=... >>