北条政子(ほうじょうまさこ)

北条(平)政子は、伊豆の国(いずのくに)・北条に住む平氏の流れを汲む土豪・北条時政(ほうじょうときまさ)の娘に生まれた。

北条(平)政子は、生まれながらに野心に満ちて居た。

伊豆と言う、都から遠く離れた田舎の地方豪族のままで終わるなど我慢が成らない。

そこに、源氏の棟梁・源義朝(みなもとよしとも)の三男・源頼朝(みなもとよりとも)が伊豆に流されて来た。

名高い清和源氏の直系で、義朝の三男とは言へ、正妻に生まれて扱いは嫡男であり、父・義朝とともに庶兄二人を平治の乱で失い、今や系図の筆頭を名実伴に引き継ぐ身である。

野心に満ちた政子が、名家の棟梁「頼朝」を放っておく訳が無い。

武門で、今をときめく天下の平家・「平清盛一族に対抗出来る」これ以上のブランドはないのだ。

何としても、「ものにしよう。」と思った事だろう。

何しろこの国は、氏族社会の血統至上主義の世の中だった。

北条政子が頼朝に強烈なアプローチをして、二人は首尾良く恋仲になる。

実の所、恋仲と言うより「政子に垂らし込まれた」と言う方が正確だった。

政子は頼朝との間に女児を儲けるが、平家の怒りを恐れた父・北条時政が無理やり山木(平)兼隆(やまき・たいらの・かねたか)に政子を嫁がせる。

その祝言の晩に政子が逃げ帰って来て父・時政は腹をくくり、頼朝を担ぎ挙げて挙兵して山木兼隆を討ち、平家討伐の旗揚げをする。


勘違いして貰っては困るが、源頼朝(みなもとよりとも)婦人と言っても、この時代は夫婦別姓で、正式には実家の姓を名乗るから、政子(まさこ)の名乗りは生涯を通じて北条政子(ほうじょうまさこ)である。

政子(まさこ)は、生涯実家の北条家を背負って生きたのかも知れない。


この政子(まさこ)の積極的アプローチに、頼朝(よりとも)はコロリと乗ってしまったのだが、政子(まさこ)はトンデモナイ鬼嫁で、源氏棟梁家の血統を絶えさせる事になる。


北条政子(ほうじょうまさこ)は夫・源頼朝(みなもとよりとも)亡き後、頼朝と政子の長男・源頼家(みなもとよりいえ/鎌倉幕府二代将軍)を除く決意をした。

また、鎌倉幕府三代将軍と成った源実朝(みなもとさねとも)も先の将軍「頼家」の次男・公暁(くぎょう)を焚き付けて殺させ、政敵と成った実父・北条時政も伊豆へ隠居させる。

頼朝没後から数えて二十二年後、千二百二十一年(承久三年)五月、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げ「承久(じょうきゅう)の乱」が起こるが正子(まさこ)は尼将軍として武力鎮圧に成功している。

尼将軍・北条政子と北条執権家】へ続く

関連記事
山木(平)兼隆(やまき・たいらの・かねたか)】に飛ぶ。
源頼家(みなもとよりいえ/鎌倉幕府二代将軍)】に飛ぶ。
源実朝(みなもとさねとも/鎌倉幕府三代将軍)と鶴岡八幡宮暗殺】に飛ぶ。
承久(じょうきゅう)の乱】に飛ぶ。

北条政子(ほうじょうまさこ)については第二巻の主要登場人物です。記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第二巻をお読み下さい。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-27 19:46 | Comments(0)  

<< 法然(ほうねん) 本能寺の変(ほんのうじのへん) >>