法然(ほうねん)

法然(ほうねん)の教えを受けた親鸞(しんらん)が始め(開祖)た一向宗(いっこうしゅう)とは、他者が浄土真宗(じょうどしんしゅう)の本願寺教団を呼ぶ呼び方である。

浄土宗の開祖・法然(ほうねん)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧侶で、美作国久米南条稲岡庄(現在の岡山県久米郡久米南町)に生まれる。

父親は漆間時国(うるまのときくに)と言う久米郡の押領使(おうりょうし・任命された土地の治安維持権限者)だったが、法然(ほうねん)九歳の時に稲岡荘の領所・明石定明の夜襲を受け深手を負い、その時の傷がもとで落命する。

漆間時国(うるまのときくに)はその臨終に際して子・勢至丸(法然/ほうねん)に復讐の無益である事を聡し出家するように遺言した。

九歳の法然(ほうねん)は父の遺言に拠り出家し、十三歳で比叡山に登る。

法然(ほうねん)は天台宗の多くの先達の教えを請い、修行の末に四十三歳の時に阿弥陀仏の本願の真意感得し、浄土宗を開く。

阿弥陀仏の本願「全ての者を等しく救おうとする仏の慈悲」を信じて、「南無阿弥陀仏」と唱える事により救われる事を教えている大乗仏教(だいじょうぶっきょう)を教えとした浄土宗(じょうどしゅう)は、千百七十五年(承安五年)に開祖・法然上人によって開かれた。

南無とは「おすがりします」の意味で、「阿弥陀仏におすがりします」と解されている。

阿弥陀仏(阿弥陀如来)は、大乗仏教(だいじょうぶっきょう)では釈迦の別名で、仏陀も同じ意味である。

浄土宗の総本山は宗祖・法然上人が草庵を営んで後半生を過ごし没した縁(ゆかり)の地東山吉水(よしみず)を起源として建てられた寺院が、京都市東山区林下町に在り、智恩院(ちおいん/華頂山智恩教院大谷寺)と呼ばれている。

法然(ほうねん)は房号で、諱(いみな)を源空(げんくう)と言う。

平安時代末期から鎌倉初期の政情不安定な歴史の変革期に、宗教界では新しい仏教の一派が天台宗から分かれて芽吹いていた。

後に一向宗(浄土真宗)の基となった親鸞(しんらん)の師、浄土宗の法然(ほうねん)が現れ、精力的に布教を始めている。

平安時代末期から鎌倉時代初期に起こった浄土宗(じょうどしゆう)の開祖は、浄土真宗七高僧の一人、法然(ほうねん)上人と言う。

血統や身分に関わり無く「仏の前では皆平等」と説くこの法然(ほうねん)の存在は、血統を重んじた当時の社会体制(氏族社会」)には恐ろしく異端であった。

しかし、次第に民衆の中に浸透して行った処を見ると、庶民はけして体制に甘んじていた者ばかりでは無かった事になる。

この教えが、権力者より民衆を救い、「拠り所」とする為の教えだった事で庶民の間に急速に広まって行った。

辻説法から始まった法然(ほうねん)の教えは、やがて親鸞(しんらん)によって来る南北朝期の混乱、戦国期の混乱を経て民衆に支持される一向宗(浄土真宗)へと昇華して、正面から氏姓制度に対抗する庶民の大勢力に育って行く。

法然(ほうねん)の教えが、親鸞(しんらん)によって浄土真宗(じょうどしんしゅう)に分かれていた。

関連記事
信仰の奇跡と脳科学】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-27 19:49 | Comments(0)  

<< 平家(へいけ) 北条政子(ほうじょうまさこ) >>