七卿落ち(八月十八日の政変)

この年(千八百六十三年)、尊攘派長州・毛利藩(萩藩)と過激派公卿は、孝明天皇の大和行幸の機会に攘夷の実行を徳川将軍及び諸大名に命ずる計画が取り決められ、徳川幕府が命令に従わなければ長州藩は錦の御旗を関東に進めて徳川政権を一挙に葬る陰謀があった。

これが、事前に薩摩・島津藩に漏れ、長州藩と対立していた薩摩藩と藩主・松平容保が京都守護職を務める会津藩、尊攘派に反感を持つ孝明天皇や公武合体派の公家は結託してこの陰謀を潰してしまった。

和暦・文久三年八月の変(千八百六十三年)で尊皇攘夷派の長州藩は抗争に破れ、京都を追われ、薩摩・会津の連合軍が代わって警備についた。

会津・薩摩の藩兵が皇居九門の警護を行う中、中川宮や公武合体派の近衛忠熙、近衛忠房を参内させて尊攘派の公家(三条実美(さんじょうさねとみ)以下十九人)は朝廷から追放され、長州藩は京都堺町門の警備を免ぜられて毛利敬親・定広親子は国許に謹慎を命じられた。

八月十八日の政変(七卿落ち)は、薩摩藩会津藩公武合体派尊皇攘夷派長州藩などを京都から追放した朝廷に於けるクーデターである。

都に居た長州藩の藩兵は本拠の長州に落ち延びる。

この撤退を指揮した秀才「久坂玄瑞(くさかげんずい)」と伴に、同じく尊皇攘夷派の為、長州に流れ下った公家が七人居た。

これを、「七卿落ち」(八月十八日の政変)と言う。

この、落ち延びた七卿の行く先に吉田松陰 (よしだしょういん)の描いたシナリオが待っていたのである。

田布施町(たぶせちょう)】に続く。
明治維新(隠された明治維新)】に続く。

詳しくは、小説【異聞・隠された明治維新】を参照下さい。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

幕末の長州(毛利)藩主【そうせい侯・毛利敬親/慶親(もうりたかちか/よしちか)】に飛ぶ。

関連記事
公家(殿上人)の家名一覧】に飛ぶ。

明治天皇(めいじてんのう)・睦仁(むつひと)
南朝方忠臣・明治復権の怪】に飛ぶ。
江戸(東京)遷都(えどせんと)】に飛ぶ。
伊藤博文(いとうひろぶみ)と明治帝の関係の謎】に飛ぶ。

隠された明治維新については第五巻の明治維新の項目の主要テーマです。記載項目が多過ぎてブログでは書き切れませんので、詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第五巻をお読み下さい。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-28 00:20 | Comments(0)  

<< 日本書紀(にほんしょき) 日本海流(黒潮・暖流) >>