東条英機(とうじょうひでき)

東条英機(とうじょうひでき)氏は、日本の軍人首相として第二次世界大戦(太平洋戦争)を主導した人物である。

東条は陸軍統制派の第一人者として陸軍を掌握し、太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣として国家の行く末を主導した。

赦せない事に、東条は自らの独裁権力の強化を図り複数の大臣を兼任し、慣例を破って陸軍大臣と参謀総長を兼任して並ぶ者無き絶対的権力を手に入れている。

この異例の権力の集中を持って日本を軍事国家化して太平洋戦争主導し、敗戦後は連合国側に戦争犯罪人として軍事法廷で裁かれ処刑された。


千九百四十一年(昭和十六年)一月八日に当時の陸軍大臣・東條英機が示達した訓令(陸訓一号)が「戦陣訓(せんじんくん)」で、軍人としてとるべき行動規範を示した文書である。

この「戦陣訓(せんじんくん)」の中の「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず」と言う問題の一節がある。

「戦陣訓(せんじんくん)」は、太平洋戦争(第二次世界大戦)中の軍人規律の規範を示して士気を維持する目的の訓令だった。

つまり東条英樹は、第二次世界大戦(太平洋戦争)の戦争主導敗戦責任と靖国神社戦犯合祀問題の象徴的人物である。

旧南部盛岡藩士から陸軍大学校首席卒業の陸軍中将東条英教(ひでのり)の三男として生まれた東条英機は、父親と同じく陸軍大学校を卒業した秀才で、親子二代に渡る軍人である。

因果な事で有るが、この東条家は勘解由小路党の末裔である。

東條家は、武士と言っても江戸時代能楽をもって南部盛岡藩に仕えた家でありその家系は観阿弥の長兄宝生大夫の末裔を称し、伊賀・服部氏族の上嶋元成の三男が猿楽(能)者の観阿弥と言う所から、「伊賀・服部の血筋」と言う訳である。


この東条英機(とうじょうひでき)氏が、言論統制までした軍事独裁政治家である。

彼は過去の敗戦の折、切腹にて自決した阿南陸軍大臣の潔さに比べ、逮捕にやって進駐軍の来た目前で短銃自殺に失敗、女々しく法廷(極東軍事裁判)に立った。

国民には「武士道の精神」を押し付けながら、切腹も出来ず、拳銃でも死に切れない。

彼はまさしく陸軍の官僚(自分だけ可愛がる)だった。

そんな情けない者が、「国の為に死んで来い。」なんて演説していた。

彼はいったい何人殺した。

たとえ追い込まれた結果の開戦とは言え、戦陣訓を想起し、「生きて俘虜の辱めを・・・」と退路を断ち、戦闘ではなく、九割が病死、餓死、自刃、特攻と言う過酷な死を兵に課した責任を、そして敗戦責任を何故論議から外すのか。

圧倒的に劣る軍装備、補給体勢、前線に届くのは「精神論ばかり」で、「国家の為」と戦わされたのが過酷な前線だった。

武士道の精神は、武器・弾薬・兵糧の劣勢を無茶な精神力で、何の手も打たない軍部中枢に多くの召集兵士の命で補(おぎな)わせる事に利用された。

そしてこの事に疑問を呈する者の言論を「非国民」の一言で封じてしまった。

正直、古今東西の権力者ほど「自分は特別」と約束を守る習慣が無く、恥も知らない。

その証拠に、武士道の精神を喧伝した東条英機は屁理屈を捏(こ)ね回して処刑されるまで自決はしなかった。

軍事裁判で「日本側の言い分を明らかにする」や「天皇に罪が及ばないように全ての罪を自分が被る覚悟」と言う綺麗事の評価をする者も居るが、それならなぜ自殺未遂を謀った。


東京裁判を法的根拠から見れば「適法な復讐裁判である事は明らか」で、それを言ったらA級戦犯は無罪である。

しかし戦争遂行者は、自国民と相手国民の命を多数消耗した事実に対して真摯に責任を負うべきである。

即ち、戦争遂行者が「法的根拠で無罪」だからと言って、戦争遂行に力を持たなかった純粋な英霊達と同じ靖国社合祀は、戦争遂行者の責任をウヤムヤにする行為である。

昭和天皇・裕仁(ひろひと)陛下と、今上天皇(きんじょうてんのう/平成天皇)であられる継宮(つぐのみや)・明仁(あきひと)陛下の東条英機(とうじょうひでき)氏への想いは、戦犯合祀後の靖国神社参拝に対する御意志で推測がつく。

「国民の士気を落とさない為」と、負け戦を勝ち戦と情報操作した大本営発表(だいほんえいはっぴょう)は昭和天皇・裕仁(ひろひと)陛下と国民を欺き続けたではないか。

昭和天皇・裕仁陛下も、現在の今上天皇・明仁陛下も、「A級戦犯合祀」が公に成って以来「靖国神社」には参拝しなかった。

関連記事
靖国神社と松平永芳(まつだいらながよし)】に飛ぶ。
軍事組織(ぐんじそしき)】に飛ぶ。
軍閥・財閥と二・二六事件】に飛ぶ。
富国強兵と財閥・軍閥】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-28 00:32 | Comments(0)  

<< 徳川慶喜(とくがわよしのぶ) 中大兄皇子(なかのおおえのおう... >>