徳川家・世良田系図の謎

徳川家(松平)については、織田信長式の平家系図の捏造的な物と同じような話しで、さして松平家との脈略は認められないが、新田源氏・世良田系の系図があるだけである。

松平元康(家康)は、「三河の守」を名乗るにあたり、源氏一族の新田氏支流の世良田氏流の「得川氏の子孫」と称して「徳川」を名乗るが、決定的な証明は為されていない。

この謎に取り組むと、三河松平家と世良田・得川氏に、たった一つだけ、心当たりの「接点」が浮かび上がった。

松平元康(幼名・竹千代)は幼少(五歳の頃)のみぎり、駿河今川家の人質に出されたその旅の途中、戸田康光(とだやすみつ)の謀略により、尾張の織田信秀の元へ送られ、幼少時代の一時を織田家に浚(さら)われて、人質ながらも信長と「竹馬の友」で育っている。

その時二人を見守っていたのが、信長の傅役(お守り役)・平手政秀である事は容易に思い当たる。

徳川家康(とくがわいえやす)と源氏の接点を敢えて言えば、家康(いえやす)の生母・於大の方(おだいのかた・水野太方/みずのたいほう)の実家・水野氏が、清和源氏満政流を称している。

水野氏は、清和天皇第六皇子・貞純親王(さだずみしんのう)の第六子経基王(つねもとおう/賜名・源経基)の王子・源満仲の弟にあたる鎮守府将軍・源満政を祖とし、満政の七世・重房の代に至って小川氏を名乗り、その子・重清の代に至って「水野氏を名乗った」とされる。

しかし家康(いえやす)が敢えて名乗ったのは、母方・源満政流ではなく河内源氏・新田流で、あきらかに平手政秀(ひらてまさひで)が称する新田源氏・世良田系図だった。

「尾張諸家系図」に拠ると尾張国・平手氏は、三代遡れば清和源氏流新田氏の一族である。

平手氏は、千三百八十五年(至徳二年)に南朝・宗良(むねなが)親王に属して信濃浪合の合戦で戦死した世良田有親の子・世良田義英に始まるとされている。

その曾孫を平手政秀(ひらてまさひで)とし、つまり皇統護持を旨(むね)とする源氏の血筋である。

主君「信長の野望」を座して見るに忍びなかったのかも知れない。

この尾張国・平手氏の世良田系図を徳川家康が朝廷に届け出て、源氏の長者・征夷大将軍を認められたには、家康が平手氏の養子と成り、「世良田系図の得川(徳川)氏を名乗った」と手順を踏めば、賀茂流・松平氏ではなく源氏新田流・徳川氏は怪し気ながら成立する。

近年この「尾張諸家系図」に拠る平手氏の清和源氏新田氏の一族説には疑義を唱える説が存在するが、平手政秀(ひらてまさひで)が茶道や和歌などに通じた文化人と評され織田信秀の重臣として主に外交面で活躍、信秀の名代として朝廷に御所修理費用を献上するなど、織田家の朝廷との交渉活動も担当していた。

この平手政秀(ひらてまさひで)自刃後、織田家の朝廷との交渉活動を担当したのが、同じく清和源氏土岐氏一族・明智光秀である。

つまり、徳川家・世良田系図の接点は、信長の傅役(お守り役)・平手政秀を置いて他に在り得ないだ。

徳川家康が朝廷に申請して新田源氏・徳川氏を名乗る事を許されるには、家康の三河守叙任運動の頃からの伝(つて)に在った関白・近衞前久(このえさきひさ)の助力に拠る所が大きいとされる。

関連記事
平手政秀】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。
近衞前久(このえさきひさ)】に飛ぶ。
徳川家康(とくがわいえやす)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-28 01:06 | Comments(2)  

Commented by 天下り at 2017-08-05 00:17 x
現代人の悪い癖は「貴種はめったにいない」とかんがえるところであり、「武士は農民が成った」などと平気でいうところである。しかし考えてほしいのは「権力がなくては子孫にポスト、領地をのこせない」どころか「上位の者の大量の子孫にポスト、領地(入り婿)をゆずらなくてはならない」したがって、源氏平氏藤原氏等の中央貴族の子孫以外は支配階級どころか中産階級からも排除されるということである。
したがって、それ以外のものが室町後期において領主でいられるということは奇跡に近いことになる。
Commented by mmcjiyodan at 2017-08-06 15:20
> 天下りさん
天下りさん、御意見有難うございます。
しかしながら、小生から見るとご指摘は的外れも良いところです。
小生のこの「徳川家・世良田系図の謎」の ページに関して言うならば、「松平家が名家では無い」などとの指摘では在りません。
三河松平家は賀茂葛城流の出自で、初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第十代までの「初期上古天皇代」に天皇家と婚姻を結ぶ高貴な血統ですが、征夷大将軍に成る資格が源氏流と言う慣例が在る為に系図を書き換えたとの指摘です。
三河松平家に関しては、無償で読めますので「皇統と鵺の影人」の第三巻及び第四巻をお読み頂くと、ご指摘が当たらない事が判ります。
つまり本題の根本的間違いが在ります。

天下りさんご指摘の「室町後期の領主」に関しましては、織田信長の尾張・織田家は「長髄彦(ながすねひこ)」の末裔説と「忌部氏(いんべうじ)」末裔説があります。
小生は、忌部氏(いんべうじ)末裔説を採っています。
越前国(福井県)丹生郡織田町(織田の庄)が織田一族の先祖の地で、劔神社(つるぎじんじゃ)=織田神社があります。
この織田町に伝わる織田の庄の系図では、藤原姓の枝説でも平氏姓の枝説でもなく、古くからの「豪族・忌部(いんべ)氏の末裔説が正しい」と伝えられています。
そして上記徳川家康の三河松平家は、賀茂神社につながる賀茂葛城流の出自が有力です。
斎藤道三の美濃斎藤家は、父親の代は松波峯丸を名乗る京都妙覚寺出家が還俗し、「山崎屋庄五郎」と名乗り、京都周辺で油屋を営み財を成し、美濃国守護職の土岐家(源氏流)の重臣長井家を足掛かりに守護代家・斉藤家の惣領の家系を横領して美濃国主となりました。
相模国主と成った北条早雲(伊勢氏)の新九郎盛時(しんくろうもりとき)は、室町幕府政所執事・京都伊勢氏の出自で伊勢流であり、源氏流・足利氏の被官(代々家臣の出)の出自ではあるが源氏流ではないのです。
などなど、室町後期の領主が「源氏平氏藤原氏等」ばかりとは、けして言えません。

<< 豊臣秀吉(とよとみのひでよし) 徳川家康(とくがわいえやす) >>