独鈷(とっこ)

この独鈷(とっこ)は仏法の法具(密教法具)である。

正式には、独鈷杵(とっこしょ)と言う。

本来、独鈷杵(とっこしょ)は金剛杵(ヴァジュラ・・こんごうしょ)とも呼ばれ、守護神の金剛神(ヘラクレス)が手にしていた。

人間の心の中の悪しき煩悩を撃ち砕き、本来の人間性を引き出す為の法具でである。

元の形状は鉄アレーの様な物で、鉄アレーの球形にあたる部分の両側が杵(きね)の形を成し、真ん中を握る形状をしていた。

その鉄アレーの杵(きね)状の両側部分の杵(きね)を、インドにあった武器、「槍の鉾先」につけ替えたのが独鈷杵(とっこしょ)である。

追々説明して行くが、この独鈷杵(とっこしょ)と言う仏法の法具(密教法具)の存在こそ、日本の密教がインド・ヒンドゥー教の聖典に大きく影響を受けている証(あかし)で在った。

そしてその渡り来たヒンドゥー教の教義が、日本中に浸透して行く事になる。

その独鈷杵(とっこしょ)がインドから中国に伝わる間に装飾が施され、密教的呪術の意味合いをもち、修験密教僧を現す為の法具となった。

弘法大師自身も布教と護身を兼ねて、独鈷杵(とっこしょ)を携えていた。

弘法大師が、この法具・独鈷杵(とっこしょ)を岩に振り下した処に「温泉が湧いた。」と言う伝承が伊豆の国(いずのくに)(静岡県)・修善寺温泉に残って「独鈷(とっこ)の湯」と呼ばれている。

関連記事
ヒンドゥー教と日本の信仰】に飛ぶ。
シヴァ神(破壊神)】に飛ぶ。
弁財天と観世音菩薩と女神・サラスヴァティー】に飛ぶ。
カーマ・スートラ(インド三大性典のひとつ)】に飛ぶ。
遥か世界の屋根に見る「夜這いのルーツ」】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
吉祥天(きっしょうてん)=女神・シュリー.ラクシュミー】に飛ぶ。
真言密教立川流】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-28 02:35 | Comments(0)  

<< テストステロン 豊臣秀吉その出自の疑惑 >>