朝貢(ちょうこう/ちようけん)

朝貢(ちょうこう・ちようけん)とは、多分に建前の部分(形式的)ではあるが、ある種「国際秩序」の形成に欠かせない冊封(さくほう・さくふう)を得る為のもので在った。

中国を中心にした「国際秩序」の形成は、当時無くてはなら無いもので、それが、冊封(さくほう・さくふう)朝貢(ちょうこう・ちようけん)の制度である。

すなわち、多分に実効性は無いが、建前中国に臣下の礼(属国の体裁)をとる事で、ある種の国際関係の形式を成立させていたのだ。つまり、近隣国の存在を国際的に認定する役目を、中国歴代帝国の皇帝は、長い事負っていた。

冊封(さくほう・さくふう)は、近隣国の権力者(小国の王)が中国皇帝から形式的に官位をもらう事で、その対外的地位を、使者を送る朝貢(ちょうこう・ちようけん)により、獲得していた。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-28 03:36 | Comments(0)  

<< 中華思想(ちゅうかしそう) 稚児小姓(ちごこしょう・・/氏... >>