「ほっ」と。キャンペーン

斉藤道三(さいとうどうさん)

「美濃のまむし」と言われたその男・斎藤道三は、凄まじい下克上で主家を次々に滅ぼして伸し上がり美濃一国の国主に上り詰めた男だが、それだけに観察力は鋭く人を見る目はある。

その道三が、「虚(うつ)け者」と評判の織田信長と言う尾張の若い盟主が気に入った。

それで信長・傅役(お守り役)の平手政秀(ひらてまさひで)の斡旋を受け入れ、娘の濃姫(帰蝶)を信長に嫁がせている。

斉藤道三の父親は松波峯丸と言い京都妙覚寺に預けられて「法蓮坊」を名乗り学問を積むがやがて還俗し、「山崎屋庄五郎」と名乗り京都周辺で油屋を営み財を成す。

その後美濃国守護職土岐家の重臣長井家・長井弥二郎に取り入って長井家の重臣・西村家の家督を継ぎ西村新左衛門尉を名乗る。

西村新左衛門尉は長井家と連携して主君・土岐頼芸(ときよりのり)を擁して主家の守護職・土岐盛頼を攻め、主君・土岐頼芸(ときよりのり)に守護職を奪い取らせて国人領主に出世し、恩人・長井利安と対立して利安と妻を殺害、家系を横領して美濃守護代・長井新九朗利政を名乗る。

美濃守護代となった長井新九朗利政の跡を継いだのが長井左近大夫規秀(道三)である。

長井左近大夫規秀(道三)は、もう一つの守護代家・斉藤家の惣領を討ち殺し、斉藤家の諸職を奪い取って名家・斉藤家を長井左近大夫規秀が継ぎ斉藤右京太夫道三を名乗る。

その斉藤道三は着々と力を付けると、最後には主君・土岐頼芸(ときよりのり)を武力を持って追放し美濃一国を手に入れたのである。

美濃斉藤家・国取物語の真実】に戻る。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
美濃国・斉藤家第二代国主・斉藤義龍(さいとうよしたつ)出生の謎】に飛ぶ。
美濃国争奪戦と第三代国主・斉藤龍興(さいとうたつおき)】に飛ぶ。
源頼国(みなもとよりくに)流美濃源氏・土岐氏(ときうじ)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
このブログの一覧リンク検索リスト
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。
[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 09:43 | Comments(0)  

<< 雑賀孫市(さいがまごいち) 斉藤利三(さいとうとしぞう/さ... >>