雑賀孫市(さいがまごいち)

雑賀孫市は、豪放豪胆な男だった。

我輩が魅力を感じるのは、権力の野望に固執せず、純粋な信念の美学を生き甲斐にする男達で、この時代に我輩にとって魅力的生き方をしたのがこの男、雑賀(佐大夫)孫市である。

明智光秀も捨て難いが、「自由に生きよう」と言う生き方の魅力では孫市には勝てず、次点である。

雑賀(佐大夫)孫市は、七万石相当の独立領地「紀州・雑賀(さいが)郷・五ヶ荘」を保有する勢力、雑賀衆七万人の郷士集団に認められた統領の一人だった。

雑賀(さいが)郷は自由都市・堺や紀州・根来寺(ねごろじ)鉄砲(種子島)製造の根来衆にも近く、早くから鉄砲を操る業を身に着け、傭兵集団として名を轟かせていた。

雑賀衆の棟梁・雑賀孫市の魅力は、権力奪取に固執しない自由な生き方を標榜する透明感であり、それは後の坂本龍馬の生き方に共通している。

その雑賀(佐大夫)孫市が明智光秀と知り合い、光秀の妻明智煕子(あけちひろこ)妻木氏(勘解由/かでの・妻木氏)の娘と知ると固い同盟関係を結んで、光秀に影に日向(ひなた)に助力する。

注)【鈴木重意(しげおき/雑賀孫市)】の項参照。

雑賀孫市については第三巻の主要登場人物です。記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第三巻をお読み下さい。

関連記事
惣国制(そうこくせい/国人衆合議に拠る自治)】に飛ぶ。
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
鈴木氏(すずきうじ)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 10:10 | Comments(0)  

<< 雑賀衆(さいがしゅう) 斉藤道三(さいとうどうさん) >>