斉明天皇(さいめいおおきみ/皇極大王・こうぎょくおおきみ・天皇・女帝)

皇極大王/こうぎょくおおきみ第三十五代女帝)・斉明大王(さいめいおおきみ/第三十七代女帝は、名を変えて二度帝位に就いた女帝である。

この再即位を、重祚(ちょうそ)と言う。

その皇極大王(こうぎょくおおきみ)として在位中に、大事件「乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)」が起こっている。

これには、切羽詰った事情が有った。

中大兄皇子の母、皇極大王(こうぎょくおおきみ/第三十五代女帝・第三十七代・斉明大王とも名乗る)の存在である。

皇極天皇が、蘇我入鹿(そがのいるか)の愛人で有ったからだ。

女帝だって女性であるから愛人の男の一人くらい居ても良い。

しかし相手が悪い。

皇極天皇と蘇我入鹿の間に皇子が出来ると、中大兄皇子の天皇即位の目が消え、天皇の皇統がそちらに流れる危険があった。

そうなれば、正しく蘇我帝国である。

中大兄皇子は、舒明大王(じょめいおおきみ/第三十四代天皇)と、後の女帝・皇極天皇との間に出来た子で、本来なら争う相手のいない世継ぎだった。

しかし、舒明天皇が急逝した時のバランスから、適当な後継者が居なかったので母が父の代の「次の天皇」として即位し、時の権力者、蘇我入鹿と愛人関係が出来てしまっていた。

それで、宮中しかも母帝・皇極天皇の目の前で愛人(入鹿)を息子(中大兄)が切り殺す場面「乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)」と成ったのだ。

乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)】に続く。


関連記事
大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
飛鳥京(あすかきょう)】に飛ぶ。

第一巻の二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

>未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 10:30 | Comments(0)  

<< 冊封(さくほう/さくふう) 雑賀衆(さいがしゅう) >>