「ほっ」と。キャンペーン

呉服とノーパンティ文化(和服のルーツ)

日本の文化は、ノーパンティ文化である。

日本女性の性意識は、穿く下着(ショーツ・パンティ)の着用で大きく変化した。

勿論、明治新政府成立以後の急速な欧米化路線は、おおらかだった日本人の性意識を折に触れて変革させようと多くの禁令を乱発した事も事実で、性意識におおらかだった陰陽道や、暗闇祭りの性風俗の禁止などである。

しかしそれ以上に、穿く下着(ショーツ・パンティ)の着用でガードした事が、日本女性の性意識を劇的に変えたのである。

昭和の十五年頃まで、日本女性には永い事ショーツ・パンティ様式の「穿く下着」を身に着ける習慣は無かった。

下着(ショーツ・パンティ)の着用が普及した時期は、千九百三十二年(昭和七年)の白木屋の火事で、確かに新聞の論説では「下着未着用の恥じらいの余り多数の女性が焼死した」と評される例の事件は、話題には成ったが実際には女性が一斉にパンツを穿く契機には成っていない。

時代的に一斉に穿く下着ショーツ・パンティ類を穿くのは先の大戦(太平洋戦争)の戦時中に、もんぺの下着として「ズロース」と呼ばれて普及した事が正解である。

劇的に変化したのは日本女性の性意識だけではない。

男性の性意識も、女性の穿く下着(ショーツ・パンティ)の着用で大きく変化した。

本末転倒な事に、中には女性の穿く下着(ショーツ・パンティ)の方に性的興味や性的興奮を覚える性としては邪道の感性を持った男性まで現れたのである。

本来日本の女性は、今で言うノーパンティが普通だった。

「呉服」に「腰巻」が普通の衣装だったからで、この着物は和服またはルーツを取って「呉服」と言う。

三国史時代の中国・呉の国(蘇州・杭州)で作られた服装様式が、呉人と伴に日本列島に移り住んでその服装様式が渡って来た。

現在の 江蘇省(蘇州) 昆山市は呉の中心地で「日本の着物(呉服)のルーツ」と言われている。

その「腰巻」だが、厳密に言うと安土・桃山期~江戸時代以前の高級武家女性の夏の正装として使用が始まり、江戸期~明治維新以後昭和初期以前には、現在の穿く下着(ショーツ・パンティ)の代わりとして広く着用されていた。

気をつけて欲しいのは、高級武家女性の間で「腰巻」が使用され始めたのが安土・桃山期であり、それまでは存在すら無かった事で、「腰巻」が一般的に使用されるようになったのは江戸期以後である。

つまり庶民は、江戸期までは「腰巻」さえ着用しなかったし、農漁村では江戸期もかなり後になってから漸く普及したのが腰巻使用の実体である。

数え年の十三歳を迎えた正月に祝った「腰巻祝い」の風習が文献に残っているが、あくまでも武家や裕福な町家、裕福な豪農の娘達の祝い事だった。

従って町場ならともかく農漁村の村娘の腰巻着用場面のある時代劇は間違いである。

何もミニ丈ファッションは洋風が元祖ではない。

農漁村の娘は、ノーパンティに「腰巻」さえ着用して居ず、おまけに水田に入る事から丈が短い野良着姿が通常の服装であった。

野良着姿は木綿紬(つむぎ)の一重(ひとえ)か二重合わせの着流しで、水田作業の時は膝ぐらいまで裾をシッ端折(パショ)りして作業をする。

普段でもそんな服装だから、野良着のすそが肌けて女陰が露出するケースが日常的で余り気にしては居ず、女陰が人目に晒される事に対する羞恥心は、当時の娘には「随分と薄かった」と考えられる。

股間が自由空間である開放的な服装は風俗に影響を与え、同時に日本では「女の性欲」が否定される事がなかったから奔放に性を楽しめた。

暗闇祭り(くらやみまつり)に於ける不特定多数の性交が可能だった背景には、それなりの庶民的な性規範の存在と同時に開放的なノーパン着物文化が大きく貢献したのかも知れない。

何しろ手探りで着物を捲くりあげれば事足りるのだから、相手の顔が見えない暗闇の方が後腐れがない一時の神の恵みの歓喜なのだから。

何しろ女神様天の岩戸の前でストリップを踊る誓約(うけい)の国である。

日本人は歴史の大半を通じて性にたいへん寛大で、開国当時日本に来日したキリスト教国の欧米人が仰天したほどに性に開放的で、肯定的に「あけっぴろげ」な国はなかった。

不義密通は氏族の文化であり、卑猥な文化が繁栄した庶民には無縁のものだったのである。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

繊維関係記事
秦氏(はたし/はたうじ)】に飛ぶ。
倭文(しずおり)】に飛ぶ。
服部半蔵(はっとりはんぞう)】に飛ぶ。

関連記事
誓約(うけい)】に飛ぶ。
出雲阿国(いずものおくに)】に飛ぶ。
ツンツルテン】に飛ぶ。
遥か世界の屋根に見る「夜這いのルーツ」】に飛ぶ。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 11:06 | Comments(5)  

Commented by あお at 2014-06-05 20:48 x
呉服は和服ではありません
呉から伝わった絹織物です、くれはとり
呉服や太物の反物から仕立てて、和服や着物になります
Commented by mmcjiyodan at 2014-06-06 14:11
このブログの運営者です。

この「あお」さんのコメントは、知ったか振りの「イチャモン」です。

渡来人が持ち込んだのは織物(反物)だけではありませんし、呉服は生地(反物)ではなく縫製品です。

呉服は渡来人が着て列島に持ち込んで来た縫製パターンを和服に変化させたものです。

呉機織(くれはとり)は織り方の名称で、勿論、輸入生地ではなく国産化したものです。
呉服も国産化して和服であって、わざわざ訂正するに足らないルーツの問題です。

現在の和装のお店でも、「呉服店」を名乗る店は多いですよ。

日本有数のデパート三越百貨店も明治期まで三井呉服店でした。

呉から直接ではなく、朝鮮半島経由で日本列島に持ち込んで来た織物生地に関しては、当ブログの「倭文(しずおり)」も参照下さい。
Commented by あお at 2014-06-06 23:49 x
返信ありがとうございます
イチャモンをつける気はありませんし、ブログ主さんのコメント内容には概ね同意します
呉の服(縫製パターン)が和服に与えた影響を否定するつもりもありません

しかし呉服が生地であることは知ったかぶりではなく、日本語としての事実です
呉服屋で呉服を見てください
正絹の反物であり、着物・和服にする仕立て代は別です
江戸時代から現在まで、呉服屋と仕立て屋は別にあります(呉服屋お抱えの仕立て師もいますが)
呉服の着物(和服)や既製品を、広義の意味で呉服と呼ぶ人はいるかもしれませんが、厳密ではありません
Commented by あお at 2014-06-06 23:50 x
ただブログ主さんがいう渡来人が持ち込んだ呉服(縫製品)を、かつてどう呼び服飾史などでどう表すか私は知りませんので、失礼だったかもしれません
また差し出がましい様ですが、現在なら漢服や、呉の服と言った方が、呉服(反物)と区別しやすいのではないかと思います

そういえば漢服も一時期までノーパンだったと聞きました
倭文の記事も面白く拝見しました
Commented by mmcjiyodan at 2014-06-07 18:17
あおさん、返信を有難う御座います。

あなたと小生の呉服解釈に「そごの部分」が在る事が判りました。
小生のロジックでは、「呉服=反物」は根本的に間違いで、呉服=反物ではありません。

また、あなたの「漢服」なる言葉は日本の生活習慣には馴染みません。

三国志で言う所の「呉の国」、つまり中国東岸部のカタッペ織技術と縫製技術が秦氏・「徐福(スィフゥ/じょふく)」によってもたらされた事から、大陸様式の衣服を「呉服」と呼びました。

因みに中国語では、服を「衣服(イフー)」と称します。
反物は織り布の事を指し、服は縫製品を指します。

反物(織り布)は純粋な「反物商」が扱いますし、「呉服店」では反物も扱いますが、縫製品(和装品)の仕立ても受注します。

そもそも、「呉服」は基本的に着付けでサイズ合わせするフリーサイズで、仕立てサイズに厳密な要求は無いです。

呉服は反物ではなく、呉式の「衣服(イフー)」=和服なのです。

服と言う文字の用法はあくまでも縫製品で、洋服も生地では無いですよ。

あなたは、誠意ある方と見うけますので、今後ともの交流を望みます。

<< 高野山・金剛峰寺(こんごうぶじ) 国家の品格 >>