広域倭国(こういきわのくに)論

辞書を引くと「倭国(倭の国)は日本国だ」と書いてある。

確かにある一定の時期より以後は「倭国(日本国)」と解される経緯がある。

しかしながらこの件には、納得出来ない異論が我輩にある。

「倭(ワァ)」の文字が、「日本を指している」と定説化されているが、果たして本当だろうか?

日本語の外(そと)は中国語では「ワィ」と発音し、日本語の倭(わ)は中国語では倭(ワァ)と発音していたが「ワィ」とも発音する。

つまり中華帝国の外(ワィ)に位置し、人に委せる意味の倭(ワィ)は中華帝国側からすれば「未開の地」を指す言葉である。

その未開の地と言う意味の倭(ワィ)を、中華大陸から或いは朝鮮半島から遣って来た渡来人を中心とした大和朝廷(ヤマト王権)が国名に採用する訳も無く、一貫して大和合の国・大和国を自称している。

少なくとも、七世紀の始めに 日本列島・大和朝廷の国名を「倭(ワァ)」と呼称するまでは、中華王朝側に「倭(ワァ)」が日本列島・大和朝廷固有の国名として扱った記録はない。

ある時期以前の「倭(わ)の国々」は、日本列島に止まらない広域に広がっていた。

この「倭の国解釈」の違いは、同じように後の人々がタイムラグ(時間的ずれ)を考慮に入れないで最終解釈だけを理解している「百姓の意味の変遷」と同じである。

ここで入り口を間違えては先の話が全て不都合なものに成りそうである。

日本列島が最初から「倭の国」と言うこの国の歴史的な誤解も、永い民族的歴史である誓約(うけい)誓約(うけい)の真実も、所詮帰属意識建前を優先して綺麗事の強情を張るばかりの「嘘付きの建前主義者」には真実は語れない。

元々中華王朝側の「倭(ワァ)」は、辺境の地に在る「蛮族の国々」と言う認識だった。

この「倭」であるが、「河の対岸」と言う意味がある。

中国大陸から見て、隔たって「手が届かない所」と言う意味である。

前に、遮る様に横たわる「河」は、何処を指しているだろうか?

また、倭と言う文字は素直に読むと「人に任せる(委任する・託す)」と読める。

自分達を中心に考えた中国独自の表現の方法で、読みようでは「支配の及ばない所」と言う事に成る。

だが、あくまでも「他人に任せる」と属国がごとく表現する。

この、「自分達を中心にものを考える」のが、中華思想である。

つまり、中国側から見れば、東の属国群の総称が「倭人の国」だったのだ。

中国の史書によると、朝鮮半島の北西に位置する遼寧省(リャオニィ・チャーン)の遼東半島(リャオトンパンタオ)南部にも倭人が居たとしている。

すなわち、倭人=日本列島の民と限定するには「無理がある」と言う事である。

この倭(わ)の国、実は一つの国ではない。
多数の都市国家もどきの「小国の集合体」である。

歴史書の記す所の「混乱」に、倭(わ)の国とその他の国を、強引に同列に分けて、それぞれ別の国と考える今風の概念の「物差し(ものさし)」が有るからだ。

この間違った考えから、倭の国=大和の国を導くと、後の説明がまるで付かないのである。

志賀島(しかのしま)の金印・漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)は真贋両説在り、意見が分かれる所である。

だが、此処で採られた「後漢書・倭伝(東夷伝)」の内容で、広域倭の国論が論証される記載が存在する。

中国の史書「
後漢書・倭伝(東夷伝)」に書かれた

後漢・建武中元二年(西暦五十七年)、倭の奴国(わのなのこく)、貢を奉り朝賀す。使人、自ら太夫と称す。倭国の極南界なり。光武、賜ふに印綬を以てす。

と、「後漢書・倭伝(東夷伝)」に在る。

つまり、「倭の奴国(漢委奴国/かんのわのなのこく)は倭国の極南界なり」は、倭の国々はもっと北界に多く存在する事になり、朝鮮半島がその範囲に含まれる事を意味しているのだ。


桃太郎伝説の誤解と真実】に続く。

日本の伝説リスト】に転載文章です。

詳細は、小論【広域倭の国論】に飛ぶ。

関連記事
後漢書・倭伝(東夷伝)】へ飛ぶ。
志賀島(しかのしま)出土の金印・漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)】へ飛ぶ。
崇神大王(すじんおおきみ/天皇)と欠史八代(けっしはちだい)】に飛ぶ。
狗奴国(くなくに)】に飛ぶ。
好太王顕彰碑(広開土王顕彰碑)】へ飛ぶ。
魏書(魏志倭人伝)原文詳細】へ飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。
倭文(しずおり)】に飛ぶ。
国造(くにのみやっこ・こくぞう)】に飛ぶ。
単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。
歴代朝鮮王朝略史】に飛ぶ。
大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
倭国大乱(わこくたいらん)と誓約神話(うけいしんわ)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 12:59 | Comments(0)  

<< 現世利益(げんせりえき) 事代主(ことしろぬし)の神 >>