源平の歴史

源平の歴史は、関東で起こった平将門の乱(承平の乱/じょうへいのらん)の頃から始まっている。

この時将門側に付き、敗れた後、郷士として関東に土着した平氏の武士達は、源氏の関東進出や東北進出で源氏の歴代棟梁と結んだ。

彼ら関東平氏は、前述した奥州での前九年の役後三年の役で、源氏の棟梁源頼義義家親子の配下に組み込まれて、源氏とは深い関わりを持つ様に成る。

従って、平氏姓ではあるが、中央の伊勢平氏系平姓(平家)より関東の源氏の方が、絆が強かったのだ。

関東の平氏には、それ成りに源氏を助ける歴史的要素が有ったと言える。

その、関東系「平氏」が、源頼朝の軍勢の大半をしめていた。

つまり、源平と言うよりも、「関西対関東、中央対地方」の戦いが、真相である。

つまり、時代と地の利を得たのが頼朝であった。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 13:17 | Comments(0)  

<< 源氏流(げんじりゅう) 現世利益(げんせりえき) >>