源氏流(げんじりゅう)

土地の草が小さい影なら、大きい影は源氏の血流である。

清和(せいわ)源氏流は、清和天皇(第五十六代)に端を発する、高貴な血筋を有する武門の一方の旗頭である。

源氏流(げんじりゅう)は、けして朝廷の密命を帯びた訳ではない。

しかしながら、皇統の血流・皇胤(こういん)貴族であるから、和邇、大伴中臣蘇我、と言った諸王族の出自よりも、遥かに皇統には思い入れが強い。

源氏流にも諸派があり、村上源氏、清和(嵯峨)源氏、清和(摂津)源氏、清和(河内)源氏、など、清和源氏だけで二十一流がある。

鎌倉幕府を開いた源頼朝は清和(陽成)系河内源氏が正確である。

皇統から臣籍降下で、賜姓の「源氏」を賜った血統で、武門として朝廷の統治を補佐する家柄である。

彼らは、武門と言う事で特に天台(台密)真言(東密)の両密教との交流が激しく、勘解由小路党とも近い関係だった。

また、宇多天皇(うだてんのう/五十九代)の孫は、ほとんどが源氏の姓を賜り臣籍に降下して宇多源氏流となり、平安期に近江を地盤とした武家・佐々木氏、また守護大名・佐々木六角氏や佐々木京極氏を排出した。

更に、京極氏からは戦国大名・尼子氏(あまごうじ)が出た。


名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。

関連記事
清和源氏(せいわげんじ)と初代・源経基(みなもとのつねもと)】に飛ぶ。
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
源頼義(みなもとよりよし)】に飛ぶ。
源義家(みなもとよしいえ)】に飛ぶ。
源義朝(みなもとよしとも)】に飛ぶ。
源頼朝(みなもとよりとも)】に飛ぶ。
源範頼(みなもとのりより)】に飛ぶ。
源義経(みなもとよしつね)】に飛ぶ。
源頼家(みなもとよりいえ/鎌倉幕府二代将軍)】に飛ぶ。
源実朝(みなもとさねとも/鎌倉幕府三代将軍)と鶴岡八幡宮暗殺】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 13:30 | Comments(0)  

<< 見蓮(けんれん) 源平の歴史 >>