「ほっ」と。キャンペーン

大友宗麟(おおともそうりん)

戦国末期の九州では、室町幕府の弱体と共に菊池氏を滅ぼした大友氏(おおともうじ)が頭角を顕していた。

大友(藤原)家は、鎌倉時代初期に大友能直が豊後国守護職に任命され着任、南北朝時代は北朝に属し、以後、豊後、筑後に勢力を伸ばして一円の守護大名となり、以後、室町時代を経て戦国大名なり、宗麟の祖父、義長の代には戦国大名として活躍する。


九州・豊後国(現大分県)を本拠とした大友氏(おおともし)は、元は相模の国に在って近藤氏を名乗った。

それが、源頼朝の妾であった初代・大友能直の母(利根局)の縁で源頼朝の寵愛を受け、平家方が多かった九州の抑えに豊後国(現大分県)の守護職に任じられる。

相模近藤氏は、豊後守護職・大友氏として定着、戦国時代には大友宗麟(大友義鎮・二十一代当主)が活躍して豊後・筑前・筑後など北九州を支配した戦国大名に成長する。

鎌倉幕府の御家人を派遣する「守護・地頭制」によって赴任してきたのは、この豊後・大友(藤原)家だけではなく、日向・工藤(藤原・伊東)家や薩摩・島津(源?)家などで、特に大友家と島津家は、後に有力守護大名を経て戦国大名として生き残って行く。

大友宗麟は、その覇権拡大能力で最盛期九州六ヵ国を治めた一代の英雄的戦国武将である。

その宗麟は、「二階崩れの変」と呼ばれる自分の家の混乱の折、父・義鑑に対する部下のクーデターに乗じて、大友家の第二十一代当主に納まった。

千五百五十一年(天文二十年)イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルの知己を得、領内での布教活動を保護し南蛮貿易を行う。

大友家としては、当初は貿易目的の為にキリシタンを保護して居たのだが、次第に宗麟自身もキリスト教の教義に惹かれるようになり、千五百七十八年(天正六年)にキリスト教の洗礼を受け、ポルトガル国王に親書を持たせた家臣を派遣している。

そして、我が国の神話の発祥の地・日向国に、とんでもない事態が生じた。
まったく別の神が、神話の地に降臨したのだ。

その土地の名が、「無鹿(むしか)」と言った。

無鹿(むしか)の地名の命名者は、九州北部の戦国大名・大友(藤原)宗麟である。

この日本の近代史に繰り返し登場する土地の名「無鹿(むしか)」は、名の付く以前は、「何と言ったのか。」名さえ知らない。

無鹿(むしか)の地を大友宗麟が始めて見た時は、小さな丘に囲まれ川(北川)の流れる穏やかたたずまいの「ススキの原だった」と言う。

音からして、日本では使い慣れない。初めて耳にした時「ムシカ」と聞いて「うーん。」と思い、我輩は「無鹿」と字を確かめた。

無鹿(ム・シ・カ)は、ラテン語(イスパニア語)で「音楽の事だ」と言う。

なるほど大友宗麟は、洗礼名を持つクリスチャンである。本来、宗麟の元の名は義鎮(よししげ)で、入道(出家)して仏の道に入り、宗麟と名乗った筈が、キリシタンとしての洗礼名は「ドン・フランシスコ」である。

大友宗麟は、ある種、織田信長に共通する奔放さと、強引さ、先進性を兼ね備えていたのかも知れないが、成功しても後が続かない所まで、良く似ている。

希代の英雄に、有り勝なパターンと言えるのだ。

大友宗麟は、他人の気持ちを考えない性格であり、家臣の妻を略奪したり、キリスト教をめぐり、宇佐八幡宮の別宮・奈多八幡宮の神官・奈多鑑基を父に持つ妻と離婚したり酒色に耽るなど、キリスト教の洗礼を受けたとは思えない横暴な君主としての記録も残っている。

大友宗麟の再婚相手(正妻)に選ばれたのが、奈多八幡宮の大宮司、奈多鑑基(なたあきもと)氏の娘である。

大友宗麟、二十五歳くらいの時の事だ。

奈多鑑基(なたあきもと)は、宮司ではあるが武士にも成っていて、娘の奈多を宗麟に嫁がせた事で、大友家の重臣として勢力を為していた。


大友家の分家筋に、雷神と呼ばれた猛将・立花道雪(たちばなどうせつ)がいる。
道雪(どうせつ)は、主君・大友宗麟(おおともそうりん)の最も頼りに武将として活躍する。

その道雪(どうせつ)の養子・立花宗茂(たちばなむねしげ)は、さらに名将だった。

大友宗麟は北九州一円に覇を唱えたが、晩年は薩摩など南九州を抑えた島津氏の勢力に圧され豊臣秀吉の支援を得て嫡男・大友義統(おおとも よしむね)に豊後一国を安堵されている。

大友氏(おおともうじ)】に戻る。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
安土桃山時代(あづちももやまじだい)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 21:03 | Comments(0)  

<< 大庭景親(おおばかげちか) 織田信長の奇策・徳川秀忠 >>