「ほっ」と。キャンペーン

大海人皇子(おおあまのみこ)の疑惑

大海人皇子(おおあまのみこ)は、甥の弘文(こうぶん)大王(おおきみ・天皇第三十九代)を殺して、帝位に付き、天武(てんむ)天皇(第四十代)を名乗った事に成るが、この交代劇、様々な異説がある。

最たるものは、ここで「皇統が一旦途絶えた」とする説である。

その説によると、皇統外の天武天皇(大海人皇子・おおあまのみこ)が「革命」に成功し、皇統の系図を書き換えて、天智天皇の弟に納まり「第四十代天皇を継いだ」と言う「疑惑」である。

この異説を裏付けるに充分とも思える根拠を挙げておく。

まず、天武大王(てんむおおきみ/第四十代天皇)の出生年が、皇子である舎人親王(とねりしんのう)の編纂にも関わらず日本書紀に記載が無い。

他に記載が無いのは崇峻大王(第三十二代天皇)のみであり、これは異例の事である。

そして天智天皇、天武天皇、弘文天皇の兄弟、叔父甥の年齢の絡みが一致せず、計算によって天武天皇は、天智天皇の四歳年上の「弟」に成るそうだ。

この年上の「弟」、幼い頃の事がどこにも書いて無い大海人皇子(おおあまのみこ)が、突然もろもろの文献に登場する事にも疑問を投げかけられている。

また、どこかで皇統を表す慣例になっている皇子としての皇統の名に、「大海人(おおあま)」の使用例が無いのである。

そして極端な事だが、天智天皇とその皇弟・大海人皇子(おおあまのみこ、後の天武天皇)は兄弟にも関わらず天武天皇が皇子時代に天智天皇の娘を、四人までも妃として娶っているのである。

近親婚の多い朝廷にあって、兄の娘を娶る事も一人くらいは考えられるが、それでも大概はどちらか一方が違う親の、異父または異母兄弟である。

同じ父、同じ母を持つ「兄の娘四人」は当時としてもこれは異常で、まるで血縁の薄い有力豪族を抑える為の「政略婚」を連想させる様である。

そして、額田王(ぬかだのおおきみ)の存在がある。

額田王(ぬかだのおおきみ)は最初、大海人皇子(おおあまのみこ・天武天皇)の妻で、後に弘文天皇の妃に嫁ぐ事になり子まで為している。

その額田王を、兄の天智天皇が自分の妃に奪っているのだ。

しかし歴史学者によっては、額田王は、天智天皇の元に嫁いでも、大海人皇子との関係も「続いていた」とする者もいる。

額田王については残された文献が少なく「万葉歌人」で有名な他は余り判っていないが、一説には中臣鎌足の妻・鏡王(かがみのおおきみ)の「子であるとか妹であるとか」言われている。

いずれにしても、あらゆる事が兄弟の関わり方ではないのだ。

それとも宮廷内が、ローマ帝国末期の様によほど乱れた「愛欲の世界だった」と言うのか。

こうした不自然な関わりから、当時、ほぼ朝鮮半島統一が成されつつあった(金春秋<キム・チュンチュ>王=武烈王・太宗第二十九代)の弟が、「大海人皇子の正体ではないか」と言うのである。

わが国には、「血統至上主義」の為に封印された歴史の数が多い。

これも、天孫降臨伝説を統治の根拠とした皇統の「血統至上主義」の為に「封印された歴史の一つではなかったのか?」と言う疑問である。

つまり文献から抹殺されてしまったが、白村江の戦に破れた大和朝廷が戦後処理に「新羅の進駐軍派兵、ないしは国土の一部割譲を受け入れていたのではないか」と言う疑惑である。

大海人皇子(おおあまのみこ)の正体は、「新羅の進駐軍の王または、獲得した割譲地の王だ」と言うのである。

大友皇子が弘文(こうぶん)大王(おおきみ)として即位寸前に大海人皇子(おおあまのみこ・天武(てんむ)天皇)が「壬申(じんしん)の乱」を起こした時、紀伊半島とその周辺に居住する海人族(かいじん/隼人・呉族)達が大海人皇子(おおあまのみこ)に加勢、「勝利を得た」と言われて居るが、それは海人族(かいじん/隼人・呉族)達が大海人皇子(おおあまのみこ)と同族だったからに他ならない。

仮に大海人皇子が、皇統に紛れ込んだ新羅王の弟としても、「日本書紀」編纂の中心人物が天武天皇の息子の舎人(とねり)親王(天武天皇の皇子のなかでは長命を得た人物)である事から、大友皇子の立太子の事実及び大海人皇子(天武天皇)の皇位簒奪の経緯についてはいくらでも有利に脚色出来る為、手放しの信用は出来難い。

そしてここら辺りが怪しいのだが、修験者の開祖「役小角(えんのおずぬ)」が現れたのは、この天武大王(おおきみ/天皇)の御世である。

大海人皇子が海人族であれば賀茂葛城族とは同族で、天武大王(おおきみ/天皇)の皇位と権威の確立の為に、天武大王(おおきみ/天皇)直属の修験秘密警察が誕生した事も充分に考えられるのである。

大海人皇子(おおあまのみこ)】に戻る。

詳しくは、小論【大海人皇子(おおあまのみこ)は何者か?】を参照下さい。

関連記事
額田王(ぬかたのおうきみ)】に飛ぶ。
富本銭(ふほんせん)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-29 21:17 | Comments(0)  

<< 大伴金村(おおとものかなむら) 大海人皇子(おおあまのみこ) >>