「ほっ」と。キャンペーン

一向宗(いっこうしゅう/浄土真宗(じょうどしんしゅう)

一向宗(いっこうしゅう)とは、他者が浄土真宗(じょうどしんしゅう)の本願寺教団を呼ぶ呼び方である。

平安時代末期から鎌倉時代初期に起こった、浄土宗(じょうどしゆう)の開祖は、浄土真宗七高僧の一人、法然(ほうねん)と言う。

法然(ほうねん)は房号で、諱(いみな)を源空(げんくう)と言う。

その法然(ほうねん)の念仏(ねんぶつ=南無阿弥陀仏/なむあみだぶつ)を唱えれば、死後平等に極楽浄土に往生できるという専修念仏の教えが、親鸞(しんらん)によって、師と仰ぐ 法然の教えを一歩進め、煩悩の深い人間=悪人こそが「阿弥陀仏の救おうとする相手である」と言う悪人正機(あくにんしょうき)の教えを説き、浄土真宗(じょうどしんしゅう)に分かれていた。

この一向宗(いっこうしゅう/浄土真宗・じょうどしんしゅう)は身分の上下に関わらない現世利益を謳い、庶民には理解され易かった。

しかし一向宗は、言わば庶民の宗教だったので、権力者はこれを認め難かったのだ。

すなわち、一向宗の教えが、「仏の前では皆平等」であったので、布教が広まれば「為政者の権力を否定され、政権の安定は難しい」と考えたからに違いない。

反対に、雑賀衆のような主君を持たない独立武装勢力には、支持されて当然だった。

この一向宗(いっこうしゅう/浄土真宗・じょうどしんしゅう)が戦国時代には大きな信仰勢力と成り、武装僧兵を抱え、信者の土豪武士屋民衆をも味方に付けて各地で一揆を起こし、戦国大名と対峙して一定の宗教自治区を勢力下に置いていた。

中でも千四百八十八年に加賀国(現・石川県)に起こった加賀一向一揆では、加賀国の守護職・富樫政親(とがしまさちか)を滅ぼして広大な宗門自治区を擁していた。

一方、天下布武を掲げる織田信長に取っては、為政者の権力を否定される一向宗(いっこうしゅう/浄土真宗・じょうどしんしゅう)の存在は邪魔なものでしかない。

それで織田信長や徳川家康も鎮圧平定に掛かるのだが、三河国一向一揆では当時の松平家臣団が門徒方と家康方に分かれるなど徳川家康は一時危機的な情況に立たされている。

織田信長もこの一向一揆(伊勢長島一揆や石山合戦)には、その一揆鎮圧に相当てこずっている。

雑賀衆も一向門徒として信長の軍勢と戦った石山合戦で、織田信長の軍勢に敗れた一向宗(いっこうしゅう/浄土真宗・じょうどしんしゅう)門徒は散り散りになり、以後組織的な武装一揆は影を潜めるが、各地に僧侶と門徒は残った。

その教義の為、一向宗(浄土真宗)門徒は江戸時代でも各藩に弾圧され、特に九州や北陸などで弾圧が非度かったが、それも為政者の権力維持の為の勝手な都合である。

一向一揆・石山合戦と顕如(れんにょ)上人】に飛ぶ。
長島一向一揆(ながしまいっこういっき)】に飛ぶ。
越前・加賀一向一揆(えちぜん・かがいっこういっき)】に飛ぶ。

関連記事
惣国制(そうこくせい/国人衆合議に拠る自治)】に飛ぶ。
信仰の奇跡と脳科学】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 00:01 | Comments(0)  

<< 犬の方(お犬のかた) 市の方(お市の方) >>