伊豆国(いずのくに)

伊豆国(いずのくに)のほとんどを占める伊豆半島は、学説によると昔は太平洋上の島だったのだが、人類誕生以前の大昔に日本列島にぶつかり、その地殻の動きが火山活動を刺激して富士火山帯が誕生、「名峰・富士山や箱根連山を生み出した」と言われている。

この地には昔から、海洋族(呉族)の賀茂・葛城事代主神(ことしろぬしのかみ)にまつわる多くの地名が存在する。

伊豆は、太平洋に突き出した半島で、黒潮の流れ沿いに位置し、間違いなく隼人(はやと)の子孫たちが辿り着くべき、ロマンを持ち合わせる半島である。

現存する古文書によると、天武天皇の御世、六百八十一年七月に駿河国の東部二つの郡(賀茂郡・駿東郡)を割いて成立した伊豆国(いずのくに)は、天城連山をはじめ多くの山に囲まれた山国である。

天武大王(てんむおおきみ/天皇)の御世、役小角(えんのおずぬ)修験道を始めた、六百八十一年七月に小角(おずぬ)縁(ゆかり)の律令国上の伊豆国(いずのくに)は成立した。

まぁ、こうした古文書が残っていると、それ以前には「伊豆国(いずのくに)が無かった」と単純に言われそうだが、裏を返せば、わざわざそうした名の国を作る「理由は何なのか」と言う見方も出来る。

伊豆国(いずのくに)成立から百年程経った七百八十一年の桓武天皇(かんむてんのう)の御世、天武大王(てんむおおきみ/天皇)が始めた古事記日本書紀の編纂が佳境を向かえ、八百七年には遣唐使の学僧だった弘法大師(空海)伝教大師(最澄)が帰朝する。

実はこの桓武天皇の御世に生まれた天皇の第八皇女の名乗りが伊都内親王(いずないしんのう)で、「伊都」を「いず」と読ませませ、時に「伊豆」とも表記している。

つまり平安時代初期の段階で「伊都」は「いず」と読み、「伊豆」とも表記しているのだが、この伊都内親王(いずないしんのう)の誕生時期と、陰陽師拠る天孫降臨伝説(記・紀神話)の喧伝の開始、弘法大師(空海)が伊豆・桂谷山寺の開基を急いでいるなどが集中していて、桓武帝を中心とした作為の連携が感じられる。

つまり、昔の国(伊都国)を、文字を変えて「復活させたのでは?」とも取れるのだ。

遣唐使の学僧として入唐後帰朝した空海(弘法大師)と同じ頃、伴に帰国を果たした遣唐学僧・最澄(さいちょう/伝教大師)が天台宗を興し、総本山・比叡山延暦寺(京都府と滋賀県の県境)を創建する。

最澄(伝教大師)は、空海(弘法大師)と共に信仰(仏教)のみならずあらゆる最先端の大陸文明を持ち帰り、日本列島(大和の国)の新時代の扉を開くきっかけをもたらせた。
二人の帰国は、ちょうど桓武天皇(かんむてんのう)のダイナミックな治世が行われた頃で、この頃の都は長岡京 (ながおかきょう)から遷都(七百九十四年)されたばかりの平安京(へいあんきょう)だった。

そして空海(弘法大師)は、帰朝して間もない時期に都から遠い伊豆国(いずのくに)・修善寺の地におお慌てで「桂谷寺(後の修禅寺)」と言う寺を開山し、伊豆国(いずのくに)に橋頭堡を築いている。

この一連の動きには、何か隠された伊豆国(いずのくに)の謎があるのではないだろうか?

詳しくは、【葛城ミステリーと伊豆の国=伊都国(いとこく)説】を参照。

関連記事
崇神大王(すじんおおきみ/天皇)と欠史八代(けっしはちだい)】に飛ぶ。

伊豆の国(いずのくに)関連記事
伊都内親王(いずないしんのう)】に飛ぶ。
三島大社(みしまたいしゃ)】に飛ぶ。
黄金の国ジパング】に飛ぶ。
役小角(えんのおずぬ/賀茂役君小角・かものえのきみおづの)】に飛ぶ。
下田・賀茂郡と伊古奈比咩命(いかなひめのみこと/白浜神社)】に飛ぶ。
田京(たきょう/伊豆の国市 田京)】に飛ぶ。
伊豆市・土肥と豊玉姫の由来】に飛ぶ。
伊豆市・修善寺と独鈷の湯の由来】に飛ぶ。
東伊豆町・稲取と奇祭・「どんつく祭」】に飛ぶ。
伊東祐親(いとうすけちか)と八重姫の悲話】に飛ぶ。
伊豆の国長岡・あやめ御前と源頼政の物語】に飛ぶ。
タウンゼント・ハリスと唐人お吉(斉藤きち)】に飛ぶ。

源頼朝(みなもとよりとも)配流と旗揚げの地・伊豆の国(いずのくに)関連の鎌倉殿と鎌倉御家人(武将)
鎌倉殿【源頼朝(みなもとよりとも)】に飛ぶ。
御正室【北条政子(ほうじょうまさこ)】に飛ぶ。
御家人【北条時政(ほうじょうときまさ)】に飛ぶ。
御家人【北条義時(ほうじょうよしとき)】に飛ぶ。
御家人【安達盛長(あだちもりなが)】に飛ぶ。
御家人【天野遠景(あまのとおかげ)】に飛ぶ。
御家人【工藤祐経(くどうすけつね)】に飛ぶ。
御家人【加藤景廉(かとうかげかど)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 00:32 | Comments(0)  

<< 伊都国(いとこく) 伊勢神宮(いせじんぐう) >>