「ほっ」と。キャンペーン

明智光秀(あけちみつひで)

千五百二十八年(享禄元年)、父は明智光隆、母はお牧の方の間に、幼名を桃丸(明智光秀)と言う運命の男が、この世に生を授かる。

もう一方の主役は、その桃丸(明智日向守光秀)である。
若い頃は、明智十兵衛光秀と名乗った。

明智光秀(あけちみつひで)は、主筋にあった織田信長を、本能寺の変で倒した男である。

光秀の人生最大の決断は、本能寺に信長を討った事である。

天下の秀才、明智光秀(あけちみつひで)がなぜ謀反を抱き、何故あの時期に「本能寺」に攻め入ったのか、疑問は多い。

諸説あるが、いずれも決め手に欠ける。

何故なら、光秀ほどの秀才に「全体の状況把握が出来ていない」とは思えないからだ。

それでも光秀は、後の事に目を瞑(つむ)ってまでも信長を討つ決意を固めた。

そこに、許容出来ない「何かが在った」からに違いない。

明智光秀の出自(しゅつじ)を紹介しておこう。
明智家も源氏の出である。

光秀の方が、同じ源氏藤原氏でも血筋的には信長より確かで、少し上だ。

美濃の国(今の岐阜県の南部)に、土岐と言う町(市)がある。

土岐と言う名は、清和源氏(摂津源氏)の流れを汲む守護大名土岐氏の名である。

言うまでも無いが、源氏は皇統守護の血筋で有る。

源頼国が美濃守として赴任し、居住した土地の名、「土岐」を取って名乗った源氏が、守護大名・土岐氏の始まりである。

この土岐一族の本流の別れが、美濃の国・明智郡に居を構え、小城を築いて明智姓を名乗った。


明智光秀(あけちみつひで)は謀反人ではなかった。
彼こそ「稀代の忠臣」と評価されるべき男だった。

葵の紋と桔梗紋の謎を追って、「本能寺の変」光秀決起の謎が明らかに・・・・・・・

そのきっかけは、織田信長の「とてつもない野望」だった。

明智光秀が引き起こした「本能寺の変」は、見るからに雑なヤッツケ仕事である。

常に諜報畑を歩き、外様でありながらほぼ家臣団の筆頭まで上り詰めて来た光秀には、織田軍団に在って余り人気が無い事は光秀本人も自覚していて、大名達の支持が集まらない天下取りは無謀である。

つまり明智光秀(あけちみつひで)の「本能寺の変」には、天下取りの野心も無ければその支度も無かった。

しかし、僅かな供廻り(小姓近習衆二百数十名)のみで京の都・本能寺に織田信長は在り、一方明智光秀は、純粋に子飼いの軍勢一万三千騎を率いていた。

「この機を逃せば、お館様は天子様ごと朝廷を灰燼(かいじん)と化すだろう。」

信長に拠る皇位簒奪の野望阻止には千載一遇のチャンスが巡って来て、光秀は決断した。

人間、理屈に合わなくとも心情で決断する事があり、それを理屈で読み間違える者も多い。

織田信長殺害後、天下の秀才・明智光秀が天下を掌握する積もりで在ったなら、事前に相応の手を打ち、味方を集められる周到な体制を整える筈である。

それが・・・、「天下の知将」と言われた光秀ほどの男が、ずさんにも「本能寺の変後」の事はほとんど計画しては居なかった。

それもこれも、差し迫っていた織田信長の野望阻止が精一杯で明智光秀(あけちみつひで)には「変事後の事を思案する余裕など無かった」と考えるのが妥当な所である。

光秀にとって、己の名声など何の意味も無かった。
ただ、自身の能力を確認する為に、成し遂げたい事があった。

それとて、自身が納得したいだけで、人が知る必要は無かった。
明智光秀(あけちみつひで)は、全てをあっさりと捨て去り、隠遁生活に入った。

明智光秀(あけちみつひで)については第三巻の主要登場人物です。

記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第三巻をお読み下さい。

また、明智光秀(あけちみつひで)天海僧正説についても、ウエブログの短文では書き切れないほどの多くの推論材料がありますので、出来れば皇統と鵺の影人・本編の第三巻をお読み下さい。

ダイジェストなら【明智光秀=天海僧正説を検証する】に飛ぶ。

明智光秀は裏切り者ではありません。
小論・【本能寺の変(ほんのうじのへん)、なぜ起こったか】 を参照下さい。

関連記事
織田信長の家臣・武将軍団】に飛ぶ。
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
安土桃山時代(あづちももやまじだい)】に飛ぶ。

光秀関連記事
明智氏(あけちうじ)】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。
源頼国(みなもとよりくに)流美濃源氏・土岐氏(ときうじ)】に飛ぶ。
信長が明智光秀と羽柴秀吉を重用した訳】に飛ぶ。
坂本龍馬(さかもとりょうま)の明智氏末裔説】に飛ぶ。

親族関連記事
妻木煕子(つまきひろこ/明智煕子)】に飛ぶ。
明智光忠(あけちみつただ)】に飛ぶ。
明智光春(あけちみつはる)】に飛ぶ。
春日局(かすがのつぼね/お福/斉藤福)】に飛ぶ。
妻木氏(つまきうじ・勘解由/かでの・妻木氏)】に飛ぶ。
遠山氏(とおやまうじ)】に飛ぶ。
天海僧正(てんかいそうじょう)】に飛ぶ。
天海=光秀説】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 01:30 | Comments(0)  

<< 明智光秀=天海僧正説 妻木・明智煕子(あけちひろこ) >>