阿野廉子(あのかどこ)

この文観(もんかん)呪詛劇場の主役が、阿野廉子(あのかどこ)である。

中宮の上臈(御付の女官)として宮廷内裏に入侍していた時、阿野廉子(あのかどこ)は数えの十九歳だった。

閑院流藤原氏の阿野公廉の娘として生まれ、同じ閑院流の洞院公賢(後に太政大臣)の養女となり、西園寺禧子(さいおんじきし)の後醍醐天皇中宮冊立の際に上臈(御付の女官)として入侍していた。

宮になった西園寺禧子(さいおんじ きし)は藤原禧子(ふじわらのきし)とも名乗り太政大臣・西園寺(藤原)実兼(さねかね)の三女で、廉子(かどこ)より二歳年下だった。

中宮とは、平安時代以後に一人の天皇に対して複数の皇后が立てられた場合、最初に立后された皇后以外の皇后、皇太后、太皇太后の総称で、内裏の中央の宮に住む事から付けられた呼び名である。

中宮(皇后)・西園寺禧子(さいおんじきし)付きの女官から強烈な性技で後醍醐天皇の寵愛を得、挙句の果てに世継ぎと目されていた大塔宮・護良(もりなが)親王を失脚させて、庶子である我が子の天皇擁立を企んだ阿野廉子(あのかどこ)は、私欲の為に「南朝弱体化の遠因」と成った。

結果的に、最も武の分野で後醍醐帝と建武の親政を支える筈の大塔宮・護良(もりなが)親王を、みすみす足利方に誅殺される結果を招いているからである。

源義経(牛若丸)の同腹の長兄(腹違いの兄は源頼朝、源範頼)で、源氏の棟梁の血を引く阿野全成(あのぜんじょう/今若丸)と、桓武平氏直方流・北条政子の妹で北条時政の娘である阿波局(あわのつぼね)の血を受け継ぐ、阿野廉子(あのかどこ)である。

女系ではあるが、阿野廉子(あのかどこ)の気性の激しさは、間違いなく桓武天皇に繋がる北条平氏・北条(平)政子の血によるものではないだろうか?

参考リスト【正中(しょうちゅう)の変から室町幕府成立までの主な登場人物と主な出来事】<=クリックがお薦めです。

関連記事
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。
建武の新政(親政/けんむのしんせい)と南北朝並立】に飛ぶ。
真言密教立川流と後醍醐天皇の子沢山】に飛ぶ。
義良親王(のりながしんのう/後の南朝・後村上天皇)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 02:55 | Comments(0)  

<< 赤松則村(あかまつのりむら/円心) 足利義満(あしかがよしみつ) >>