阿弖流為(アテルイ)

桓武天皇が即位した頃、東北地方を流れる大河・北上川の語源とも言われるヒタカミ(日高見国)が、今の東北地方に在った。

そのヒタカミ(日高見国)蝦夷の首領に、アテルイ(阿弖流為)と呼ばれる指導者がいた。

この名前、個人名なのか、地位の名称なのか、まだ結論が出ていない。

アテルイ(阿弖流為)を人名と決め付けたのが現在の事情で有るが、悪路帝(王)説によると、「悪路」と言うのはアイヌ語の「アコロ」と同じ意味で、「われわれの」と言う意味ではないか、と言う事である。

まず、このヒタカミ(日高見国)蝦夷の役、官軍と賊軍と表現する歴史学者も居るが、その表現は正しくない。

アテルイ(阿弖流為)は賊軍ではなく、祖国防衛軍である。

独立している祖国を、これから征服しようとする相手に、何で「賊軍」と呼ばれなければ成らないのか?

大和朝廷側の文献を鵜呑みに読む歴史学者の、余りにも大和朝廷寄りに偏った発想である。

この阿弖流為(アテルイ)が守るヒタカミ(日高見国)蝦夷に、討伐の征夷将軍・紀古佐美(きのこさみ)の軍勢を差し向けたのが、奥州(東北)征服をもくろむ桓武天皇である。

ところが、いかに朝廷軍と言えども、組織的に抵抗されるとそう簡単には決着がつかない。

紀古佐美(きのこさみ)の軍勢がアテルイ(阿弖流為)の神出鬼没の作戦に大敗を喫してしまう。

征討軍は北上川にそって北上を始めた。

余談だが、この北上川(きたかみがわ)の呼び名、本当はヒタカミカワ(日高見川)である。

対する蝦夷軍の将軍はアテルイ(阿弖流為)、朝廷軍は隊を二つに分けて進軍した。

アテルイ軍はその館から三百人ほどが出て抵抗を試みるが、適わず退却し、紀軍は村々を焼き払って追撃する。

日高見川(北上川)を渡った朝廷の戦闘部隊、四千人ほどの当時としては大軍が水沢の巣伏村に来た頃に、アテルイは急遽反撃に出る。

一部は後方に回ってこの渡河部隊を挟み撃ちにし、激戦となるがここで朝廷軍は壊滅的な大敗北を喫する。

紀軍(朝廷側)の被害は戦死者二十五人・矢にあたった者二百四十五人・河で溺死した者千三十六人・河を泳ぎ 逃げて来た者千二百十七人と言う敗北で有る。

紀軍(朝廷)はここにくるまでに十四村・住居八百戸 を焼き討ちにして、アテルイ軍の戦死者は八十九人だった。

九月十九日に紀古佐美(きのこさみ)が帰京したが敗北の責任を喚問されて、征夷将軍の位を剥奪された。


大和朝廷(ヤマト王権)の勢力図は、七百十年代頃の多賀城の鎮守府設営(宮城県)から百年かけて北上を続け、今の青森県の手前に到達している。

この百年間は、大和朝廷(ヤマト王権)勢力の奥州(東北地方)侵略の歴史で、エミシ(蝦夷)側にすれば、アテルイ(阿弖流為)やモレィ(母礼)は民族の英雄だった。

千九百九十年以降、漸(ようやく)くアテルイ(阿弖流為)と言う人名が教科書の歴史に記載される。

千九百九十七年度、中学校歴史教科書七社のうち三社がアテルイを取り上げ、二千二年度までに、八社中七社がアテルイ(阿弖流為)を記述するようになった。

二千年度前後で漸(ようやく)く中学校歴史教育に取り上げられたアテルイ(阿弖流為)の存在は、北海道の先住民族・アイヌに比較し東北の先住民族・エミシの復権が遅れた事を物語って居る。

アテルイ(阿弖流為)の物語は、【坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)】に続く。

日本の伝説リスト】に転載文章です。

小論・【鬼伝説に隠された先住民(蝦夷族/エミシ族)】をお薦めします。

関連記事
桓武天皇のヒタカミ(日高見国)蝦夷の役】に飛ぶ。
紀古佐美(きのこさみ)】に飛ぶ。
インディアン(ネイティブアメリカン)の襲撃と鬼退治(おにたいじ)】に飛ぶ。
身分制度と五パーセントの悪魔の犠牲者】に飛ぶ。
切捨て御免のルーツ】に飛ぶ。
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 03:49 | Comments(3)  

Commented at 2013-07-13 23:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmcjiyodan at 2013-07-19 11:06
ひたかみさん、意味をとり違えています。
東蝦夷鎌倉武士の表現は京都の公家衆が粗野な関東武士を「アズマエビス」と揶揄した言葉で、関東の先住民族ではありません。
関東の先住民族に関しては、【平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】を検索下さい。
Commented by 海底まきがい at 2015-11-03 21:45 x
貴兄のブログを読み始めたばかりで、ちょっとまだまだ考えることがたくさんあり過ぎて手に負えない感がありますが、
母方の実家は花巻の鉛温泉にあり、
照井という苗字で、農家ではないんですよ。鹿の敷き革とかもありまして、私は子供の頃、狸の剥製をそのまま襟巻きにしてました;;。親戚もかなり多く、お神楽が非常に盛んです。
父方の実家は千葉県の印西市にあり、最近知ったのですが、
一帯が古墳群であり、
檀家になっている長楽寺は、小高い山の中にあり、そこは古墳でした^^。
歴史というのは、見るものの視点により様々に姿を変えるものですね。
少しずつ、ブログを読み進めてまいります。

<< 天之御中主神(あめのみなかみぬ... 安倍晴明(あべのせいめい) >>