天之御中主神(あめのみなかみぬしかみ)

天上の最高神は「唯一一体(ゆいついったい/たったひとつ)」でなければならない。

しかし、日本の大和朝廷古事記日本書紀で創出した天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と同等な神、陀羅尼神(だらにしん/全ての祈り神)が、渡来した仏教の中に居た。

本来なら、この世の最高神は一体でなければ成らないからこれは困った。

しかし、そこは誓約(うけい)の知恵で倭の国々(征服部族国家)を統一した大和合(大和朝廷)の国とその民ならではの柔軟な知恵が浮かぶ。

世の最高神が一体ならば天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と陀羅尼神(だらにしん)は「呼び方が違うだけで同じ神様である。」と、日本列島の支配者と民はそれを否定することなく同一の神として受け入れた。

天之御中主神(あめのみなかみぬしかみ)は天地開開(てんちかいびゃく)神話で、宇宙に最初に出現し、高天原の主宰神となった神である。

その名が示す通り宇宙の真ん中に在って支配する神で、日本神話の神々の筆頭に位置付けられている。

古代インダス文明は、東方の国々に多くの影響を与えた。
インド・ヒンドゥー教の神や祭祀は一部形を変えながらも、日本の仏教に影響を与えている。

弘法大師・空海伝教大師・最澄が日本に持ち帰った経典の中にも、ヒンドゥー教の教義や祭祀の信仰は含まれていた。

従って桓武天皇(第五十代天皇)が設けた中務省・陰陽寮に於いても、ヒンドゥー教の統治に都合の良い部分は組み入れられていても不思議ではない。

実は北辰妙見信仰に於ける天地開開(てんちかいびゃく)神話・世の最高神・天之御中主神(あめのみなかみぬしかみ)=陀羅尼神(だらにしん/全ての祈り神)もヒンドゥー教の三最高神の一柱・ヴィシュヌ神(天地創造神/見渡せる神)が妙見(見通す)に通じる所から、「同一の神である」と考えられる。

関連記事

信仰の奇跡と脳科学】に飛ぶ。
天之御中主神(人が創りし神と仏の間に)】に飛ぶ。
歌垣】に飛ぶ。
豊年祭り】に飛ぶ。
エエジャナイカ騒動】に飛ぶ。
暗闇祭り】に飛ぶ。
妙見信仰】に飛ぶ。
北辰祭】に飛ぶ。
里見八犬伝の謎】に飛ぶ。
琳聖(りんしょう)太子】に飛ぶ。
天孫降(光)臨伝説】に飛ぶ。
賀茂・葛城】に飛ぶ。
事代主(ことしろぬし)の神】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 03:54 | Comments(1)  

Commented by コトタマ学 at 2014-02-16 20:04 x
すみません、ご存知とは思いますが、日本語の起源、言霊百神というサイトをご紹介させて頂きます。

<< 天宇受売命(あめのうずめのみこと) 阿倍比羅夫(あべのひらふ)(一) >>