八幡(はちまん)太郎義家(源義家/みなもとよしいえ)

八幡太郎(源)義家は、前九年の役で清原武則(きよはらたけのり)を味方に付けて安部氏を討ち奥州(東北六ヵ国)を平定した源頼義の息子である。

源義家(みなもとよしいえ)は、愛称(当時の風習)を、「八幡(はちまん)太郎」と称し、歌を読むなど「文武に優れていた」とされ、後世には、武門のシンボル=征夷大将軍の血筋は「武家の棟梁・源氏正統」の根拠の元と成った人物である。

これほどまでに源義家(みなもとよしいえ)が世間の評判を得、武門のシンボルと奉りあげられるにはある種悲劇的な経緯がある。

前九年の役から二十年後、源義家(みなもとよしいえ)が奥州(東北六カ国)の鎮守府将軍として赴任して来る。

源八幡太郎義家が鎮守府将軍に赴任して来た頃の奥州は、比較的平穏だった。

処が、清原真衛(まさひら)に子が無い事で、養子取りの祝い事の際のいざこざから、弟(いずれも養子縁組に拠る義弟)の清衝と家衝が敵に回り兄弟で合戦と成り奥州は乱れた。

これは身内の相続争いだが、当時の権力者の相続争いは殺し合いに発展する。

この混乱の最中、真衛(まさひら)が病死した為、真衛方に味方していた鎮守府将軍・源義家(みなもとよしいえ)に、清衛と家衛が投降した。

源義家は二人を許し、奥州の安定を図るべく、奥州を半分に分け、それぞれに与える。

しかし家衛が不満を持ち、清衛の「暗殺を謀り」奥州全域を手に入れようとするが発覚、暗殺は失敗する。

それで、奥州は再び戦乱に成ってしまった。

清衛側に源義家が付けば、家衛の側には「安倍氏の残党が結集する」と言った具合で、簡単には決着が付かない。

その後源義家は苦労の末、弟の義光の助けも借りて、家衛を討ち取る。

これを、「後三年の役」と言う。

清原家衛を討ち取って漸く奥州の騒乱を平定した源義家だったのだが、朝廷はこれを「公務と認めず」、私闘と裁定された為に源義家は恩賞を何も得られず、戦(いくさ)のやり損であった。

この朝廷の前回(前九年の役)と異なる裁定の裏には、時の中央政権の事情がある。

義家にとって不幸な事に、この時点で時の白河法皇は院政を引きつつある最中で、藤原摂関家とは一線を隔す為にあえて藤原寄りの「源義家」を見放し、摂関家の「勢力を削ぎに掛かったのである。

それだけでなく義家は中央政権から外され、左遷されて「近江の所領に隠居同然の扱い」に処置されたのである。

しかしこの事が、結果的に源義家と源家(げんけ)の名声を上げ、「武門の棟梁」と認められる事に成ったのは、皮肉である。

朝廷からは認められなかった後三年の役の乱鎮圧だったが、源義家に従った関東武士(主に関東平氏)達に義家は酬いなければならない心情に駆られた。

結果的に源義家は、「後三年の役」での配下の活躍に報いる為、「私財を投じて独自に恩賞を配り」、配下のみならず多くの武士の共感と信望を集め部門の棟梁として命を預けるに足りる「棟梁として在るべき姿」と称えられたのである。

以後源氏の白い旗指し物に「八幡大菩薩(八万台菩薩)」が使われた。

源義朝(みなもとよしとも)】に続く。

関連記事
清和源氏(せいわげんじ)と初代・源経基(みなもとのつねもと)】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-05-10 16:13 | Comments(0)  

<< 保科正之(ほしなまさゆき)と徳... 公娼制度と従軍慰安婦 >>