浅井三姉妹(茶々、初、於江与)

夫・浅井長政の近江・小谷城落城と長政の自害を前に、助け出されて次兄・織田信包(おだのぶかね)に茶々、初、於江与の三姉妹と伴に保護されたお市の方(おいちのかた/織田秀子)は、兄・織田信長の命により近江・小谷城(現在の滋賀県)の浅井長政と結婚している。

織田家と浅井家はお市の方(おいちのかた)を要(かなめ)として同盟関係にあったが、信長が浅井氏と関係の深い越前(福井県)の朝倉義景を攻めた為に浅井家が朝倉方に付いて浅井家と織田家の友好関係は断絶する。

その後姉川の合戦で勝利した織田勢が攻勢に出て長政の小谷城は落城、長男の万福丸は捕われ殺害、次男の万寿丸は出家させられ、浅井家は幼い長政忘れ形見の茶々江(於江与)の三姉妹を残して滅亡する。

近江の戦国大名・浅井長政と織田信長の妹・市との間に出来た三姉妹の長女が、通称淀君(よどぎみ)と呼ばれる女性である。

この通称・淀君(よどぎみ)の本名は浅井茶々(あざいちゃちゃ)、朝廷よりの賜名は浅井菊子(あざいきくこ)、官位は従五位下とされ、淀君(よどぎみ)または淀殿(よどどの)は後の江戸期に便宜上呼ばれる様になった名である。

であるから、大坂城落城以前の時点で浅井茶々(あざいちゃちゃ)を「茶々(ちゃちゃ)様或いは殿」と呼ぶのならともかく、「淀殿(よどどの)」は在り得ない。

賜名(たまわりな)の菊子(きくこ)は公文書の署名のみで、普段は生涯茶々(ちゃちゃ)で通している。

つまり茶々(ちゃちゃ)本人は、淀君(よどぎみ)の名を使った事も呼ばれた事も無い。

浅井長政の小谷城落城から程なく、一乗谷城に在った朝倉義景も家臣の裏切りにあって自害し、朝倉家も滅亡する。

家臣は、余りのボンボンぶりに、義景を見限ったのだ。

結果的に、浅井家との婚姻は政略結婚の形になったが、我輩は信長が浅井長政を、「本気で弟にしたかった」と信じたい。

それが、信長だからである。

小谷城 落城、自刃の時、浅井長政はお市と三人の娘を、信長に託している。

織田家に保護されたお市の方(おいちのかた)と三姉妹は、織田信包(おだのぶかね)の下、厚遇されて九年余りを尾張国で平穏に過ごしている。

織田信長の兄弟で、気性激しく個性的な信長と上手く行っていた弟は織田信包(おだのぶかね・信秀の五男)只一人である。

母は兄・信長と同腹の土田御前で、お市の方(織田秀子)も同腹と伺える。

織田家臣団の中では信長も認める有能な武将で、唯一織田一族の重鎮として各地を転戦し厚遇されている。

信包(のぶかね)は兄・信長に対して一定の発言力もあり、浅井長政の近江・小谷城を包囲、浅井長政の自害により妹・お市の方(おいちのかた)と長政忘れ形見の茶々、初、於江与の三姉妹を引き取り手元に保護している。

長政とお市との三人の娘は、母お市の方伴に、この後「数奇な運命を辿る」事になるが、話が逸(そ)れるので此処ではその後の詳細を割愛し、信長周辺の戦国女性としての一端を紹介する。

安土桃山時代で最も有名な女性の一人は、織田信秀の娘つまり織田信長の妹の「お市の方」である。

越前浅井家の長政に嫁ぎ、嫁家を兄・信長に攻め落とされ、三人の娘を連れて柴田勝家と再婚し、二度目の落城に遭遇する悲劇の女性である。

お市の方(おいちのかた/秀子)は、本能寺の変で兄・信長が明智光秀に討たれた後、織田家の権力をソックリ乗っ取ろうと言う秀吉に対し織田信孝(信長の三男)を立てて織田家存続を唱える織田家重臣の柴田勝家と、三姉妹を連れ子に再婚する。

しかし羽柴秀吉と柴田勝家の緊張関係が長くは持たず、夫・柴田勝家が羽柴秀吉と武力対立して賤ヶ岳の戦いで敗れ、その後勝家と共に居城・越前・北ノ庄城に篭城したが持ち堪えられずに、茶々、初、於江与の三姉妹を逃がして後、勝家とお市の方(おいちのかた)は城内で自害した。

この数奇な運命のお市の方忘れ形見三姉妹はその後も波乱含みの人生を送り、長姉の「浅井茶々」は豊臣秀吉側室に納まり、その後の歴史を左右する豊臣秀頼生母・淀の方(秀吉の妾妻)となって息子・豊臣秀頼を押し立てて徳川家康と対立、大阪城で三度目の落城に合い息子・秀頼と伴に自害している。

次姉の「浅井初」は名門・京極家の京極高次正室になる。

そして三女「お江(おごう)もしくは浅井於江与」は、織田信長の甥(おい)に当たる佐治一成と従兄妹同士の結婚の後に、離婚させられて三代将軍徳川家光の生母・於江与の方(二代徳川秀忠正室/継室)と派手な立場の生涯を送っている。

於江与の方を「継室(後妻の正室)」と書いたが、徳川秀忠は再婚で、秀忠の最初の正室は織田信長の次男・織田信雄の娘・小姫である。

小姫は豊臣秀吉の養女を経て、実父・信雄と養父・秀吉の戦に家康が信雄に加勢した「小牧・長久手(秀吉対家康の直接戦)の戦い」の終結後、上洛した徳川秀忠と結婚した。

この結婚、豊臣と徳川の友好関係を再構築する目的で、一説には、この時の二人は「秀忠十三歳、小姫はまだ年端も行かない六歳であった」と言う。

この小姫は、翌年初夏に僅か七歳で死去している。

織田信包(おだのぶかね)】に続く。

関連記事
浅井長政(あざいながまさ)】に飛ぶ。
お市の方(おいちのかた)】に飛ぶ。
淀君(よどぎみ/浅井茶々)】に飛ぶ。
浅井初(あざいはつ/常高院・じょうこういん)】に飛ぶ。
浅井江(あざいごう/崇源院・すうげんいん)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-11-16 21:16 | Comments(1)  

Commented by momonga at 2008-11-21 21:39 x
はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
ひとつ聞きたいのですが、徳川秀忠の養女として九条家に嫁いだ
完子は、豊臣秀吉の甥とお江与との間の娘という説はただしいのでしょうか?御存知でしたらお教えください。

<< 姉川合戦(あねがわのかっせん) 北条得宗家 >>