<   2008年 04月 ( 293 )   > この月の画像一覧

 

阿野全成(あのぜんじょう)/今若丸

源義経(牛若丸)の同腹の長兄(腹違いの兄は源頼朝源範頼)、阿野全成(あのぜんじょう/今若丸)は、正に北条氏に殺されたのである。

阿野全成(あのぜんじょう)は平安末期から鎌倉初期に掛けての僧侶兼武将で源義朝の七男、初代鎌倉幕府将軍・源頼朝(みなもとよりとも)とは腹違いの弟にあたり、義経(牛若丸)の同腹の長兄(腹違いの兄は頼朝、範頼)になる。

阿野全成(あのぜんじょう/今若丸)は、甥で二代将軍の源頼家と対立して殺害されたとする説が主流を占めているが、事実は北条一族に殺されたのである。

二代将軍の源頼家との対立説は、頼家を殺害させた北条家が執権として権力を握った後の捏造である。

父・源頼朝が平治の乱に破れ、平家全盛の時代だった為に全成(ぜんじょう)は幼くして醍醐寺にて出家させられ隆超(または隆起)と名乗るが、ほどなく全成と改名し、「醍醐禅師」あるいは「悪禅師」と呼ばれた。

長じて「全成(ぜんじょう)」と名乗る僧侶に成って居た今若丸(阿野全成)は、僧籍のまま源頼朝挙兵に呼応して手柄を立て、武蔵国長尾寺(川崎市多摩区の妙楽寺)を与えられ、北条政子の妹・保子(阿波局)と結婚する。

その保子は、頼朝の次男千幡丸(後の実朝)の乳母となり、以降阿野全成(あのぜんじょう)は源頼朝政権に於いて地味ながら着実な地位を築いて、駿河(静岡県)の国・阿野の庄(今の沼津市原・浮島)を拝領、大泉寺を建て阿野姓を名乗る。

しかし頼朝が死ぬ(事故死?)と、「阿野全成(今若丸)」も義経と同じように北条に狙われ、関東の常陸(ひたち・茨城県)に流刑の上、首を討たれているのだ。

ちなみに、阿野全成の妻は阿波局(あわのつぼね)と言い、政子の妹で、北条時政の娘である。
息子の時元の方は、政子にとっては「甥」、時政にとっては「孫」であるが、政子は源氏の血筋には容赦は無い。

北条氏の手に拠って源氏の血統が次々と粛清される中、全成(ぜんじょう)の長庶子ら三人は僧籍に入っていた為に難を逃れるが、武家の系統を受け継いだ息子(全成の四男・正室の子の為嫡男)の「阿野時元」も、同じ運命を辿って父の遺領である駿河(静岡県)の国・阿野の庄で北条の大軍に囲まれ討ち取られている。

常盤御前が体を張って守った義朝の血筋三人、武門源氏の男系の血筋はここに途絶えてしまった。

そして唯一残った母系の公家・阿野家から、後に時代を揺るがす魔性の女性が現れるのはまだずっと先の鎌倉幕府崩壊の頃の事である。

関連記事
阿野廉子(あのかどこ)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 03:19 | Comments(0)  

足利尊氏(あしかがたかうじ)

足利尊氏(あしかがたかうじ)は後醍醐天皇を吉野に追いやり、室町幕府を建てた人物である。

室町幕府の初代征夷大将軍・足利尊氏(あしかがたかうじ)は幼少の頃又太郎と名乗っていた。

足利又太郎(後の尊氏)は、鎌倉幕府有力御家人・足利貞氏の次男として生まれる。

長男・足利高義がいたが、早世した為に足利又太郎(後の尊氏)が家督を相続する事となった。

足利氏は河内源氏の足利氏嫡流家で武家の名門だが、北条政子以来の鎌倉幕府執権・北条家(平氏)の御家人として風下に居た。

元服当初、執権・北条高時の偏諱を賜り足利高氏と名乗って居る。

しかし足利氏嫡流家としては、元々武家の名門として天下取りは悲願だった。

北条執権家とは浅からぬ縁(えにし)が在ったが、後醍醐帝の倒幕挙兵は千載一遇のチャンスだった。

北条執権家の命を受け西国の討幕勢力を鎮圧する為に名越高家とともに上洛した足利高氏は、天皇方に付く事を決意して所領の丹波篠村八幡宮(京都府亀岡市)で反幕府の兵を挙げ、元弘の乱(げんこうのらん)と鎌倉幕府滅亡に武功を挙げた。

鎌倉幕府の滅亡後、高氏は後醍醐帝の信任厚く、天皇の諱・尊治から御一字を賜り高氏改め尊氏と改名する。

後醍醐帝の「建武の親政」に在って、鎮守府将軍・左兵衛督に任ぜられた足利尊氏は、三十ヶ所の所領を与えられ武門の最上位に立っていた。

しかし足利尊氏(あしかがたかうじ)は、何故か「建武の親政」に中央における主なポストを得ていない。

これには後醍醐帝の公家政治の意志が働いたのか、それとも足利尊氏に最初から別の狙い「足利幕府成立」が在ったのかは謎である。

いずれにしても、足利尊氏(あしかがたかうじ)が思い描いて居たのは、征夷大将軍に就任して自らの幕府を起こす天下取りだった。

尊氏(たかうじ)が鎌倉幕府・北条執権家から寝返って後醍醐天皇に味方したのは、本音は「北条執権家に取って代わるチャンス」と見たからだ。

所が鎌倉幕府を倒してみると、尊氏の思惑は外れて後醍醐天皇は周囲の公家を重用して親政を始めてしまう。

鎌倉幕府を滅ぼし、後醍醐天皇が得意絶頂で、「建武の新(親)政(天皇の直接統治)」を行うが、護良親王を排除した事から武力の後ろ盾の要を失い、武士を軽んじた事と合いまって、僅(わず)か二年で失敗する事になってしまった。

後醍醐天皇は、倒幕に協力した武士達よりも、周りの側近や公家達を厚く処遇し、相変わらず阿野簾子との性交に勤(いそ)しむばかりで、武士達の反感を買ったのである。

帝の地位をもってすれば、誰もが「自分の言う事を聞く」と、判断を誤っていたのだ。

そうした不満に押されて足利尊氏が政権奪取の野望を抱き、叛旗を翻し鎌倉に勝手に幕府を開こうとして後醍醐天皇と対立する。

足利尊氏が湊川の戦いにおいて後醍醐天皇方の新田義貞楠木正成らを撃破して後醍醐方に勝利し、入京に入った。

建武三年(千三百三十六年)に尊氏が京都に入ると、後醍醐天皇は味方の台密修験の本山、比叡山延暦寺に逃走する。

後醍醐天皇から三種の神器を接収した足利尊氏は後伏見天皇第二皇子、豊仁(ゆたひと)親王を、光厳上皇の院宣をもって光明天皇として即位させて京都に武家政権(室町幕府)を成立させる。

足利氏(あしかがうじ)と足利義康(あしかがよしやす/源義康)】に戻る。

参考リスト【正中(しょうちゅう)の変から室町幕府成立までの主な登場人物と主な出来事】<=クリックがお薦めです。

関連記事
元弘の乱(げんこうのらん)と鎌倉幕府滅亡】に飛ぶ。
中先代の乱(なかせんだいのらん)と北条時行(ほうじょうときゆき)】に飛ぶ。
建武の新政(親政/けんむのしんせい)と南北朝並立】に飛ぶ。
征夷大将軍と幕府】に飛ぶ。
観応の擾乱(かんのうのじょうらん)と足利直義(あしかがただよし)】に飛ぶ。
高階氏(たかしなうじ)と高師直(こうのもろなお)・師泰(もろやす)兄弟】に飛ぶ。
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。
足利流・斯波氏(しばうじ)】に飛ぶ。
足利流・一色氏(いっしきうじ)】に飛ぶ。
足利流・京兆細川家・細川勝元(ほそかわかつもと)と応仁の乱】に飛ぶ。
北畠氏(きたばたけうじ)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 03:08 | Comments(0)  

赤松則村(あかまつのりむら/円心)

赤松(円心)則村は朝廷側(後醍醐天皇)に組して鎌倉幕府倒幕の挙兵をした人物である。

護良(もりなが)親王が吉野に挙兵、河内国の楠木正成(くすのきまさしげ)も千早城に挙兵する。

勘解由小路党が動き、修験系の荒法師、悪党などに宣旨(せんじ)が飛び、呼応して各地に幕府討伐の火の手があがる。

赤坂城や千早城(ちはやじょう)に於いて智謀(ゲリラ戦法を駆使)を用いて幕府軍を翻弄した楠木正成(くすのきまさしげ)や、播磨国苔縄城にて挙兵した赤松円心(則村)のように諸国の反体制武士集団「悪党」が続々蜂起して鎌倉幕府を苦しめた。

しかし赤松則村(あかまつのりむら/円心)は、倒幕に成功して建武の新政後、後醍醐天皇の護良(もりなが)親王への処置に異心を抱く。

後醍醐天皇の大失敗の事例の一つは赤松円心を敵に廻した事である。
赤松則村(円心)は、播磨の国の反体制武士集団「悪党」の頭目であった。

赤松円心の息子則祐が護良親王に近侍していた関係で、護良親王の挙兵に参戦、苔縄城で挙兵、京に攻め入り幕府軍と戦った。

赤松則村(円心)は幕府討伐に戦功を上げたが、護良親王が後醍醐天皇によって鎌倉に幽閉された後、天皇と対立する足利尊氏側に与力して北朝擁立や室町幕府の成立に関わり、後醍醐天皇側の新田義貞軍は、五十日間に渡って赤松円心の「白旗城」を攻めたが結局攻め切れず、後醍醐天皇側吉野落ちの要因にもなっている。

詳細は【元弘の乱(げんこうのらん)と鎌倉幕府滅亡】に飛ぶ。

参考リスト【正中(しょうちゅう)の変から室町幕府成立までの主な登場人物と主な出来事】<=クリックがお薦めです。

赤松氏(あかまつうじ)】に続く。
嘉吉の乱(かきつのらん)】に続く。

関連記事
悪党(あくとう)と山・海賊(さん・かいぞく)】に飛ぶ。
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 03:01 | Comments(0)  

阿野廉子(あのかどこ)

この文観(もんかん)呪詛劇場の主役が、阿野廉子(あのかどこ)である。

中宮の上臈(御付の女官)として宮廷内裏に入侍していた時、阿野廉子(あのかどこ)は数えの十九歳だった。

閑院流藤原氏の阿野公廉の娘として生まれ、同じ閑院流の洞院公賢(後に太政大臣)の養女となり、西園寺禧子(さいおんじきし)の後醍醐天皇中宮冊立の際に上臈(御付の女官)として入侍していた。

宮になった西園寺禧子(さいおんじ きし)は藤原禧子(ふじわらのきし)とも名乗り太政大臣・西園寺(藤原)実兼(さねかね)の三女で、廉子(かどこ)より二歳年下だった。

中宮とは、平安時代以後に一人の天皇に対して複数の皇后が立てられた場合、最初に立后された皇后以外の皇后、皇太后、太皇太后の総称で、内裏の中央の宮に住む事から付けられた呼び名である。

中宮(皇后)・西園寺禧子(さいおんじきし)付きの女官から強烈な性技で後醍醐天皇の寵愛を得、挙句の果てに世継ぎと目されていた大塔宮・護良(もりなが)親王を失脚させて、庶子である我が子の天皇擁立を企んだ阿野廉子(あのかどこ)は、私欲の為に「南朝弱体化の遠因」と成った。

結果的に、最も武の分野で後醍醐帝と建武の親政を支える筈の大塔宮・護良(もりなが)親王を、みすみす足利方に誅殺される結果を招いているからである。

源義経(牛若丸)の同腹の長兄(腹違いの兄は源頼朝、源範頼)で、源氏の棟梁の血を引く阿野全成(あのぜんじょう/今若丸)と、桓武平氏直方流・北条政子の妹で北条時政の娘である阿波局(あわのつぼね)の血を受け継ぐ、阿野廉子(あのかどこ)である。

女系ではあるが、阿野廉子(あのかどこ)の気性の激しさは、間違いなく桓武天皇に繋がる北条平氏・北条(平)政子の血によるものではないだろうか?

参考リスト【正中(しょうちゅう)の変から室町幕府成立までの主な登場人物と主な出来事】<=クリックがお薦めです。

関連記事
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。
建武の新政(親政/けんむのしんせい)と南北朝並立】に飛ぶ。
真言密教立川流と後醍醐天皇の子沢山】に飛ぶ。
義良親王(のりながしんのう/後の南朝・後村上天皇)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 02:55 | Comments(0)  

足利義満(あしかがよしみつ)

足利義満は、室町幕府絶頂期に君臨した第三代征夷大将軍である。

北朝第五代・後円融天皇(ごえんゆうてんのう)と南朝第四代(通算第九十九代の後亀山天皇の時代)に両朝廷は一旦和解した。

明徳和約」をもって、南朝・後亀山天皇から北朝の御円融天皇(ごえんゆうてんのう/北朝五代)の皇子・後小松天皇(ごこまつてんのう/第百代)に和解の上に繋がれた事になっている。

この、後小松天皇には「出生疑惑が有る」と言うのだ。

彼の実の父は、当時並ぶもの無き権力者の将軍「(足利)義満だ」と言う説である。
先帝・御円融天皇(ごえんゆうてんのう)は、「自殺した」と言うのだ。

原因は時の権力者足利将軍・義満に、飾り者にされ、皇后・妃三人を次々犯され、反撃も出来ず、「世を儚(はかな)んで命を絶った」と言う。

決果、皇后から生まれた後小松天皇は、将軍義満の種で、「皇統は途絶えた」と言う噂である。

もっとも足利家も、清和源氏河内流れの皇胤貴族の出であるから、厳密に言えば皇統が途絶えた訳ではない。

将軍・義満は、将軍職を第四代義持に譲ると、朝廷を差し置いて明の洪武帝から「日本国王」の称号を得ている。

これは明らかに明国からの冊封(さくふう・さくほう)であり、国際認知から言えば、天皇ではなく足利義満が国家元首である。

冊封(さくふう)とは、多分に建前の部分(形式的)ではあるが、ある種「国際秩序」の形成に欠かせないもので在ったのだ。

中国を中心にした「国際秩序」の形成は、当時無くてはなら無いもので、それが、冊封(さくふう・さくほう)朝貢(ちようけん)の制度である。

すなわち、多分に実効性は無いが、建前中国に臣下の礼(属国の体裁)をとる事で、ある種の国際関係の形式を成立させていたのだ。

つまり、近隣国の存在を国際的に認定する役目を、中国歴代帝国の皇帝は、長い事負っていた。

冊封(さくふう・さくほう)は、近隣国の権力者(小国の王)が中国皇帝から形式的に官位をもらう事で、その対外的地位を足利義満は使者を送る朝貢(ちようけん)により、獲得していた。

さらに、足利義満の死後ではあるが、朝廷より「太上天皇」の尊号を賜って、息子の四代将軍「義持」が慌てて辞退しているが、後小松天皇の実父の件が事実なら、ありえそうな話である。

後小松(ごこまつ)天皇と将軍・足利義満(あしかがよしみつ)の不可解】に続く。

詳しくは小論・【後小松天皇(ごこまつてんのう)出生疑惑】を参照下さい。

関連記事
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。
室町幕府体制・三管領・四職】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 02:51 | Comments(0)  

アンカリング効果と一貫性行動理論

織田信長のように、利巧な人間ほど好奇心が強く何か思い付けば「試そう」と努力する。

そうした人間が進歩するのだが、大概の人間には思考範囲に於いて錨(いかり)を降ろして既成概念化する「アンカリング効果(行動形態学上の基点)」と言う習性が存在し、中々既成概念(錨/いかりの範囲)から抜け出せないので進歩し無いのである。

人間には「意識と行動を一致させよう」と言う要求(一貫性行動理論)がある。

つまり何かを出来る出来ないは、意識と一致していないから「出来ない」と言う事で、裏を返せば織田信長のように意識を変えてしまえば今まで「出来ない」と思っている事が出来る様に成るのだ。

本来、価値観何てものは別に唯一絶対な訳ではない。

所が、何時の時代の人間もアンカリング効果(行動形態学上の基点)と一貫性行動理論(意識と行動を一致させよう)に縛られて、織田信長のように新たな発想をしようとしない。

それは、どう生きようと個人の勝手で、アンカリング効果(行動形態学上の基点)や一貫性行動理論(意識と行動を一致させよう)の範囲で判断した価値観の幸せも、自己満足では在るが本人は幸せを感じる。

しかしこの「アンカリング効果(行動形態学上の基点)」は、安全ではあるが別の側面から見れば「平凡で詰まらない人生」と言う淋しいものに成る。

社会の既成概念に従って平凡無難な人生を送り、「一生真面目に生きた」と思うのも本人がそれで良ければ自己満足の幸せではある。

このアンカリング効果(行動形態学上の基点)は、織田信長のように錨(いかり)を上げて自由な思考にしまえば価値判断の範囲も変わるもので、全く違う発想が持てるのである。

一貫性行動理論(意識と行動を一致させよう)においても頑固に既存意識を守ろうとせず、一貫して意識改革をし続ける事自体に行動の基点を置けば良い訳だ。

織田信長のように既成概念をぶち破って知略・戦略おいて「まさか?」と思う事が出現すれば、相手は戦略上対処が出来ない理屈である。

アンカリング効果と一貫性行動理論】の詳細はこちら。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 02:45 | Comments(0)  

明智光秀=天海僧正説

明智光秀(あけちみつひで)天海僧正説には符合する数々の証拠らしきものが存在する。

それを追うと、「本能寺の変」の隠された真実がおぼろげながらに見えて来る。

明智光秀は謀反人ではなかった。
彼こそ「稀代の忠臣」と評価されるべき男だった。

葵の紋と桔梗紋の謎を追って、「本能寺の変」光秀決起の謎が明らかに・・・・・・・・・。

そのきっかけは、想像を超えた織田信長(おだのぶなが)の「とてつもない野望」だった。

明智光秀が引き起こした「本能寺の変」は、見るからに雑なヤッツケ仕事である。

常に諜報畑を歩き、外様でありながらほぼ織田家臣団の筆頭まで上り詰めて来た光秀には、織田軍団に在って余り人気が無い事は光秀本人も自覚していて、大名達の支持が集まらない天下取りは無謀である。

つまり明智光秀の「本能寺の変」には、天下取りの野心も無ければその支度も無かった。

しかし、僅かな供廻り(小姓近習衆二百数十名)のみで京の都・本能寺に織田信長は在り、一方明智光秀は、純粋に子飼いの軍勢一万三千騎を率いていた。

「この機を逃せば、お館様は天子様ごと朝廷を灰燼(かいじん)と化すだろう。」

信長に拠る皇位簒奪の野望阻止には千載一遇のチャンスが巡って来て、光秀は決断した。

人間、理屈に合わなくとも心情で決断する事があり、それを理屈で読み間違える者も多い。

織田信長殺害後、天下の秀才・明智光秀が天下を掌握する積もりで在ったなら、事前に相応の手を打ち、味方を集められる周到な体制を整える筈である。

それが・・・、「天下の知将」と言われた光秀ほどの男が、ずさんにも「本能寺の変後」の事はほとんど計画しては居なかった。

それもこれも、差し迫っていた織田信長の野望阻止が精一杯で、明智光秀には「変事後の事を思案する余裕など無かった」と考えるのが妥当な所である。

光秀にとって、己の名声など何の意味も無かった。
ただ、自身の能力を確認する為に、成し遂げたい事があった。

それとて、自身が納得したいだけで、人が知る必要は無かった。
彼は、全てをあっさりと捨て去り、隠遁生活に入った。

本編【第三巻】をお読み頂きたいのだが、恐るべき事に、明智光秀=天海僧正説の影には織田信長の計り知れない大陰謀と徳川家康の出生の秘密が存在していた。
ダイジェストなら【明智光秀=天海僧正説を検証する】に飛ぶ。
天海=光秀説・その一{天海僧正の千里眼}
天海=光秀説・その二{桔梗門(別名、内桜田門)と慈目寺}
天海=光秀説・その三{二人の天海僧正}
天海=光秀説・その四{明智平と桔梗紋}
天海=光秀説・その五{東叡山(とうえいざん)寛永寺と秩父神社}

明智光秀(あけちみつひで)天海僧正説については、ウエブログの短文では書き切れないほどの多くの推論材料があるので、出来れば皇統と鵺の影人・本編の第三巻をお読み頂きたい。

関連記事
春日局(お福)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 02:41 | Comments(0)  

明智光秀(あけちみつひで)

千五百二十八年(享禄元年)、父は明智光隆、母はお牧の方の間に、幼名を桃丸(明智光秀)と言う運命の男が、この世に生を授かる。

もう一方の主役は、その桃丸(明智日向守光秀)である。

若い頃は、明智十兵衛光秀と名乗った。

明智光秀(あけちみつひで)は、主筋にあった織田信長を、本能寺の変で倒した男である。

光秀の人生最大の決断は、本能寺に信長を討った事である。

天下の秀才、明智光秀(あけちみつひで)がなぜ謀反を抱き、何故あの時期に「本能寺」に攻め入ったのか、疑問は多い。

諸説あるが、いずれも決め手に欠ける。

何故なら、光秀ほどの秀才に「全体の状況把握が出来ていない」とは思えないからだ。

それでも光秀は、後の事に目を瞑(つむ)ってまでも信長を討つ決意を固めた。

そこに、許容出来ない「何かが在った」からに違いない。


明智光秀の出自(しゅつじ)を紹介しておこう。

明智家も源氏の出である。

光秀の方が、同じ源氏藤原氏でも血筋的には信長より確かで、少し上だ。

美濃の国(今の岐阜県の南部)に、土岐と言う町(市)がある。

土岐と言う名は、清和源氏(摂津源氏)の流れを汲む守護大名土岐氏の名である。

言うまでも無いが、源氏は皇統守護の血筋で有る。

源頼国が美濃守として赴任し、居住した土地の名、「土岐」を取って名乗った源氏が、守護大名・土岐氏の始まりである。

この土岐一族の本流の別れが、美濃の国・明智郡に居を構え、小城を築いて明智姓を名乗った。


明智光秀(あけちみつひで)は謀反人ではなかった。

彼こそ「稀代の忠臣」と評価されるべき男だった。

葵の紋と桔梗紋の謎を追って、「本能寺の変・光秀決起」の謎が明らかに・・・・・・・

そのきっかけは、織田信長の「とてつもない野望」だった。

明智光秀が引き起こした「本能寺の変」は、見るからに雑なヤッツケ仕事である。

常に諜報畑を歩き、外様でありながらほぼ家臣団の筆頭まで上り詰めて来た光秀には、織田軍団に在って余り人気が無い事は光秀本人も自覚していて、大名達の支持が集まらない天下取りは無謀である。

つまり明智光秀(あけちみつひで)の「本能寺の変」には、天下取りの野心も無ければその支度も無かった。

しかし、僅かな供廻り(小姓近習衆二百数十名)のみで京の都・本能寺に織田信長は在り、一方明智光秀は、純粋に子飼いの軍勢一万三千騎を率いていた。

「この機を逃せば、お館様は天子様ごと朝廷を灰燼(かいじん)と化すだろう。」

信長に拠る皇位簒奪の野望阻止には千載一遇のチャンスが巡って来て、光秀は決断した。

人間、理屈に合わなくとも心情で決断する事があり、それを理屈で読み間違える者も多い。

織田信長殺害後、天下の秀才・明智光秀が天下を掌握する積もりで在ったなら、事前に相応の手を打ち、味方を集められる周到な体制を整える筈である。

それが・・・、「天下の知将」と言われた光秀ほどの男が、ずさんにも「本能寺の変後」の事はほとんど計画しては居なかった。

それもこれも、差し迫っていた織田信長の野望阻止が精一杯で明智光秀(あけちみつひで)には「変事後の事を思案する余裕など無かった」と考えるのが妥当な所である。

光秀にとって、己の名声など何の意味も無かった。

ただ、自身の能力を確認する為に、成し遂げたい事があった。

それとて、自身が納得したいだけで、人が知る必要は無かった。

明智光秀(あけちみつひで)は、全てをあっさりと捨て去り、隠遁生活に入った。

明智光秀(あけちみつひで)については第三巻の主要登場人物です。

記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第三巻をお読み下さい。

また、明智光秀(あけちみつひで)天海僧正説についても、ウエブログの短文では書き切れないほどの多くの推論材料がありますので、出来れば皇統と鵺の影人・本編の第三巻をお読み下さい。

ダイジェストなら【明智光秀=天海僧正説を検証する】に飛ぶ。

明智光秀は裏切り者ではありません。
小論・【本能寺の変(ほんのうじのへん)、なぜ起こったか】 を参照下さい。

関連記事
織田信長の家臣・武将軍団】に飛ぶ。
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
安土桃山時代(あづちももやまじだい)】に飛ぶ。

光秀関連記事
明智氏(あけちうじ)】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。
源頼国(みなもとよりくに)流美濃源氏・土岐氏(ときうじ)】に飛ぶ。
信長が明智光秀と羽柴秀吉を重用した訳】に飛ぶ。
坂本龍馬(さかもとりょうま)の明智氏末裔説】に飛ぶ。

親族関連記事
妻木煕子(つまきひろこ/明智煕子)】に飛ぶ。
明智光忠(あけちみつただ)】に飛ぶ。
明智光春(あけちみつはる)】に飛ぶ。
春日局(かすがのつぼね/お福/斉藤福)】に飛ぶ。
妻木氏(つまきうじ・勘解由/かでの・妻木氏)】に飛ぶ。
遠山氏(とおやまうじ)】に飛ぶ。
天海僧正(てんかいそうじょう)】に飛ぶ。
天海=光秀説】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 01:30 | Comments(0)  

妻木・明智煕子(あけちひろこ)

明智光秀(あけちみつひで)の妻は煕子(ひろこ)と言い、美濃国の「妻木(勘解由)範煕(のりひろ)の長女」と言われている。

正確には当時の夫婦は別姓であるから、妻木煕子(つまきひろこ)が正しい名乗りである。

あの有名な細川ガラシャなど光秀の子は、全て煕子(ひろこ)との子である。

彼は「生涯妾を持たなかった」と言われる愛妻家だった。

この物語の読者なら、妻・煕子(ひろこ)の旧姓を聞いてピンと来る筈である。

そう、明智光秀の妻の旧姓名は、妻木(勘解由)煕子(ひろこ)である。

縁談がまとまった後、煕子(ひろこ)は疱瘡に患り、婚礼前に顔にアバタが出来たのであるが、「それでも光秀は嫁にした」と伝えられている。

当然の事ながら、煕子(ひろこ)の実家・妻木家の婿・光秀への評価は高いものになる。

光秀の男気に惚れて、一族を挙げ光秀を支援しても不思議はない。

事実、明智熙子(ひろこ)の実父・妻木範熈の長子(継子)・妻木範賢、次子・妻木範武、三子・妻木範之などの熙子(ひろこ)の実弟達は一族を率いて義兄・明智光秀に合力、光秀の出世と伴に次第に臣従して光秀の戦略や合戦に参加し役目を果たしている。

表立っての戦闘はそう多くは無いが、妻木家が勘解由(かでの)小路党であれば、得意の諜報工作では大いに力を発揮した筈である。

名前の通り、妻木家の本姓は「勘解由(かでの)」で、名門・勘解由党の、それもかなり正統な枝である。

言わば草の世界の人脈は計り知れない。

この辺りに、愛妻家・明智光秀の秘密があるのかも知れない。

明智光秀の正妻・明智煕子(ひろこ)の実家・妻木家は、関が原で東軍(家康方)に属して戦国の世を生き残る。

妻木家は、名門の外様領主として所領の禄高が大名(一万石以上)ではない為に、特例の外様旗本の格式家「交代寄合(大名待遇格)・参勤交代を課せられた家」として旗本格内に置かれ、明治維新まで美濃国・妻木郷七千石の徳川幕府・旗本として永らえている。

この妻木家、実は源氏土岐氏庶流・明智家の枝とされているが、本姓を名門の勘解由(かでの)と名乗り、朝臣(あそみ)は三河松平家(徳川家)と同じ賀茂朝臣(かもあそみ)である事を見逃している研究者が多い。

すなわち妻木家が土岐氏庶流であれば本姓は源(みなもと)と名乗り、朝臣(あそみ)も源朝臣(みなもとあそみ)の筈である。

ここが肝心のところで、勘解由(かでの)賀茂朝臣(かもあそみ)をまともに理解しているかこの物語を最初から読んでいなければ、江戸期以後の体制の為に創作された文書(もんじょ)に踊らされて大きな間違いを起こす事になる。

関連記事
妻木氏(勘解由/かでの・妻木氏)】に飛ぶ。
明智氏(あけちうじ)】に飛ぶ。
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 01:25 | Comments(0)  

浅井長政(あざいながまさ)

浅井長政(あざいながまさ)は、織田信長(おだのぶなが)の妹・市(おいちの方)との婚儀により、縁戚を結んだ戦国大名である。

弱小領主の悲哀で幼少の頃より人質に出るなど、その境遇は徳川家康(とくがわいえやす)に良く似ている。

近江・浅井家は琵琶湖の東側に位置した戦国大名であるが、元を正すと他の多くの戦国大名と同様に下克上の成り上がりである。

織田信長の守護代家・家老職・織田家と同じ様に近江を支配する守護職京極家の配下にあった小領主、長政の祖父・浅井亮政が、京極家の跡継ぎ争いに乗じて独立し、勢力を広げて北近江一帯を支配するに至る。

それは、南近江を支配する六角氏との支配地争奪の争いを意味していた。

弱小勢力の浅井家は、六角家に対抗する為に越前・朝倉家を頼り、その支援を受けて六角家との対抗を続けた。

この越前・朝倉家を頼って居た事が、後の近江・浅井家の命運を決める結果になっている。

浅井氏は、初代当主・浅井亮政の下克上に拠って直接の主筋で北近江の守護で在った京極氏を追い落とした。

しかし浅井家の当主が長政の父・久政の代になると、盛り返してきた京極家と六角家の挟み撃ちに合い、久政は滅亡を恐れて六角家に投降し、その支配下に甘んじる。

つまり当代・浅井久政は当時は南近江の守護である六角氏との合戦に敗れ、初代当主・浅井亮政の代に手に入れた領地も失い、六角氏に臣従していた。

この浅井家屈辱の時期に長政は生まれ、六角家支配の下で育った。

長政のこの経緯は、三河の徳川家康(当時、松平元康)が、今川家の支配下で育ったのに、余りにも似ている。

為に継嗣である浅井長政は、父である当代・浅井久政の六角氏との外交に従い生母・小野殿と共に人質になって、浅井家はかろうじて北近江を維持していた。

十五歳で長政が元服した時、六角氏は浅井と臣従関係にある事を明確にさせる為、長政に当主・六角義賢の一字をとって「賢政」と名乗らせ、また六角氏の家臣・平井定武の娘との婚姻も強いた。

成長した浅井長政は六角家の配下である事を嫌い独立戦を始める。

こうした状況下この独立戦で、戦力で倍する六角軍を破り独立を勝ち取ると、当代・浅井久政に不満を持つ家臣達は知勇に優れた継嗣・長政に期待を寄せ、父・久政を隠居させ、正式に浅井家の当主となった。

久政を琵琶湖の北部に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)に追放して隠居を強要した。

長政は家督を強奪に近い形で相続し、いよいよ六角氏から離反する意思を明確にする為「賢政」の名と「平井定武の娘」を六角氏に返上し、名を新九郎に戻した。

その後、京極、六角を攻め立て支配地を広げて、長政は有力戦国大名に伸し上がって行く。

妻お市の実家・織田家の義兄・信長が、朝倉家・朝倉義景(あさくらよしかげ)攻めるに到って、朝倉方に付くを決意する。

つまり浅井長政(あざいながまさ)は、永年の越前・朝倉家との「義」をもって朝倉側に立ち、一旦は織田信長(おだのぶなが)を窮地に陥(おとしい)れたが及ばず、信長に攻め滅ぼされている。

ただ、浅井長政(あざいながまさ)の血脈は、妻・市(おいちの方)との間に為した浅井三姉妹(茶々、初、於江与)を通して、その後の日本史に脈々と生き続けて行く。

浅井長政・市(おいちの方)の三姉妹(茶々、初、於江与)】に続く。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
六角氏(ろっかくうじ)】に飛ぶ。
越前・朝倉攻め】に飛ぶ。
浅井長政・朝倉に与力す】に飛ぶ。
姉川合戦(あねがわのかっせん)】に飛ぶ。
浅井茶々(あざいちゃちゃ/淀君)
浅井初(あざいはつ/常高院・じょうこういん)
浅井江(あざいごう/崇源院・すうげんいん)

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2008-04-30 01:21 | Comments(0)