<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

美濃国・斉藤家第二代国主・斉藤義龍(さいとうよしたつ)出生の謎

戦国期の美濃国々主・斉藤家第二代・斉藤義龍(さいとうよしたつ)は初代当主・斎藤道三の嫡男として生まれた事に成っているが、実父は斎藤道三が美濃を乗っ取る前の「美濃守護職・土岐頼芸」と言う噂が在り、「当時この噂は信憑性を帯びている」とされている。

その理由として、斎藤道三・正室の小見方は道三が土岐家々臣時代に土岐頼芸の側室だった小見方を弓の掛け試合で勝ち拝領した経緯が在り、道三が小見方を拝領した時には既に「頼芸の子を身篭っていた」と言うのである。

また、義龍の母は土岐頼芸の側室から道三の側室と成った深芳野とも言われているが同じく頼芸の実子説が在り、その噂が事実かは不明ながら道三と義龍の仲は「義龍幼少の頃より悪かった」とされる。

ただし道三は、この義龍実父・土岐頼芸の噂を巧みに逆用して旧土岐氏の家臣団を斎藤氏に組み込む事に成功したようである。

その疑いは当初、美濃を治める斉藤道三にとって次代を源頼国流美濃国守護職の土岐氏の血脈に帰す事で、土岐氏累代の家臣群を納得させるには好都合だった。

しかし千五百五十四年(天文二十三年)道三が隠居し、義龍が家督を継いで稲葉山城主になると道三と義龍の不仲が抜き差し成らないところまで発展する。

家督を譲ったものの道三は義龍を忌み嫌い、次第に弟の孫四郎や喜平次らを寵愛して義龍の廃嫡を試み、弟の孫四郎を嫡子にしようとした為に叔父とされる長井道利と共謀して道三を追放し、道三が寵愛する弟の孫四郎や喜平次らを殺害する謀反を起こした。

追放された道三は兵を起こし長良川にて義龍と対戦するが旧土岐氏の勢力のほとんどが義龍支持に回った為に、「美濃のマムシ」と異名を取った道三も流石に兵力差は如何ともし難く討ち果たされてしまう。

この道三・義龍親子の「長良川の戦い」の知らせを聞いた尾張の織田信長は道三の娘・帰蝶(濃姫)を正室としていた為に援軍を仕立てて道三の救援に向かったが、義龍軍は大軍で織田方の戦況不利のまま「道三が戦死した」との報を受け尾張に撤退した。

当然ながら信長の正室で道三と小見方の娘・帰蝶(濃姫)は、母・小見方の腹になる斉藤家世継ぎ・義龍の実父が土岐頼芸で在る事は承知していたから、帰蝶(濃姫)が父・道三を討った「実家の斉藤義龍の為に、織田家の情報を流していた」などと言うのは余りにも世俗的な解説である。

つまり美濃斉藤家には特殊な背景が在るにも拘らず、頭から帰蝶(濃姫)が「実家の為に動く」と世俗的に決めて掛る事は早計と言わざるを得まい。

父・斎藤道三を討ち美濃の支配者となった斉藤義龍は中々の武将だったらしく、室町幕府第十三代将軍・足利義輝にもその実力を認められて治部大輔に任官し、翌年には幕府相伴衆に任じられ、また家臣にも恵まれてその後何度かあった織田信長の美濃攻めを撃退している。

そこで問題なのだが美濃第二代国主・斉藤義龍を室町幕府が治部大輔に任官し、さらに「幕府相伴衆に任じたのか」と言う事である。

その背景に、やはり斉藤義龍(さいとうよしたつ)が「源氏の血を引く土岐頼芸の子」と言う前提を認めていたのではないだろうか?

しかし斉藤義龍は父・道三から美濃の実権を奪って僅か五年、享年三十五歳で急死してしまい、後を子の龍興が継いで斉藤家第三代国主となった。

美濃斉藤家・国取物語の真実】に戻る。
斉藤道三】に戻る。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
美濃国争奪戦と第三代国主・斉藤龍興(さいとうたつおき)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-30 19:00 | Comments(0)  

松平元康(徳川家康)・三河支配権の回復の謎

千五百六十年(永禄三年)桶狭間の戦い今川義元織田信長に討たれた際、松平元康(徳川家康)は一番割りの悪い先鋒別働隊として今川本隊とは別働で尾張攻略最前線の大高城(尾張国)に在った。

元康は桶狭間で「義元が討ち取られる」の報を聞くと、すぐさま攻略中の大高城から撤退して祖父・清康の代で確立した三河支配権の回復を志し、今川軍が放棄した三河の岡崎城に入ると今川家からの自立を宣言、西三河の諸城を攻略して三河を手中にする。

三河物語では、駿府の築山御前の元に帰ろうとした元康(家康)を家臣の本多達が止め、岡崎城に入った事に成っているが、岡崎に入城した時の元康(家康)はもう一人の方の竹千代だった。

今川義元の討ち死にを期に、三河松平独立を元康に進言したのは本多達三河(松平)家臣団とされている。

双子のもう一人が入れ替わるタイミングは攻略中であった大高城の本陣と推測され、岡崎城に入城する時は既にもう一人の元康(平手家康)だったのではないだろうか?

元々人間の運命など、確かに先の事は判ったものではない。

人生、これだから占いやら信仰が流行(はよる)のかも知れない。

この時の松平元康(徳川家康)の行動手順が問題なのである。

計算すると、千五百六十年(永禄三年)、桶狭間の合戦で今川義元を破った時点で織田信長は二十六歳、徳川家康は十八歳と言う事に成る。

つまり若干十八歳の若武者が即断で「松平家の行く末を賭けた」と言う事で、家臣達の織田方との内応デキレースで無い限り、松平家臣団がまとまる決断とは思えないのである。

如何に心はやって三河支配権の回復を志そうが、形としては今川から離れた松平元康は下手をすれば織田と今川に挟まれて危険な賭けに出た事に成る。

これは織田信長にして見れば三河一ヵ国手に入れる絶好の機会で、本来なら武将である松平元康に何らかの確信がなければ、この危険な賭けは「余りに無謀な行動」と言える。

しかしながら直前まで今川方の武将として戦っていた織田方の出方を元康はまったく配慮の他で、まるで織田信長と密約でも在ったような疑惑を感じるのは我輩だけだろうか?

現に織田信長は三河に攻め込む事も無く、いずれ厄介な存在になるかも知れない松平元康(徳川家康)の三河再平定を悠然と見守っている。

二年後の千五百六十二年(永禄五年)、松平元康(徳川家康)は義元の後を継いだ今川氏真と断交し信長と同盟(清洲同盟)を結び、翌年には義元からの偏諱である「元」の字を返上して元康から家康と名を改めている。

関連記事
松平竹千代(まつだいらたけちよ)徳川家康双子説を追う】に飛ぶ。
清洲同盟の謎と竹千代双子説】に飛ぶ。
徳川家康と浄土宗】に飛ぶ。
鈴木(一蔵)重康(すずき(いちぞう)しげやす)】に飛ぶ。
松平頼重(まつだいらよりしげ)・生い立ちの謎】に飛ぶ。
水戸藩重臣・雑賀(鈴木)家の謎】に飛ぶ。
結城秀康(ゆうきひでやす)】に飛ぶ。
越前・松平藩と結城秀康(ゆうきひでやす)】に飛ぶ。
築山御前(つきやまごぜん)・松平信康親子の処断】に飛ぶ。
本多忠勝(ほんだただかつ)】に飛ぶ。
酒井忠次(さかいただつぐ)】に飛ぶ。
榊原康政(さかきばらやすまさ)】に飛ぶ。
井伊直政(いいなおまさ)】に飛ぶ。
徳川家・世良田系図の謎】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-24 18:40 | Comments(0)  

春日局(かすがのつぼね)と三代将軍・家光誕生

明智家の家老職・斉藤利三の娘に「お福」と言う名の者が居た。

利三が明智光秀と腹違いの兄弟なら、「お福」は明智光秀の姪に当たる。

そう、光秀が織田信長の命をうけて家康に献上したあの「お福」である。

この「お福/(斉藤福)」が、何時の間にか、お世継ぎである「家光」の乳母に納まっていた。

偶然はありえない。隠された強力な縁故が、有ったに違いない。

そう勘繰られても、仕方がない歴史的事実である。

このお福が、後に大奥で権勢をふるった春日局(かすがのつぼね)である。

こうした筋書きからすると、二代将軍・秀忠(光忠)、天海(光春)僧正、春日局(お福)は、従弟(従妹)同士と言う事になる。

それならば、三人が上手く行くのは当たり前である。

お福は、家康の命により美濃の稲葉重通の養女と成り、林 正成(はやしまさなり)を稲葉家の婿に迎え二人の男子を設けていたが、一族再興と子供の出世を願って、夫の稲葉正成と離婚までして家光の乳母「春日の局」になった。

全てを現代風に勘違いして貰っては困るが、稲葉正成(いなばまさなり)と離縁したから姓が戻ったのではなく、この時代は夫婦別姓で、正式には実家の姓を名乗るから、春日局(お福)の名乗りは婚姻関係に在っても斉藤福である。

江戸幕府・二代征夷大将軍徳川秀忠は、当初長男・徳川家光ではなく・二男・徳川忠長を三代将軍に据えようとしたが、春日局(お福)と天海僧正の尽力により、駿河に隠居していた大御所・初代徳川家康に春日局(お福)が直訴、家康は早速二代将軍・徳川秀忠を駿府に呼び、「世襲は嫡男からが順である。」と宣言する。

家光を「将軍」に押し立てたとして、春日局は大奥にあって絶大な権勢を誇るようになる。

息子の稲葉正勝は家光の小姓に登用され、長じて老中に昇進、千六百三十三年に加増を得て小田原八万五千石を所領し、小田原城主となっている。

それだけではない。

次章「維新の大業」で詳しく記述するが、この春日の局(つぼね)の実の息子・稲葉正勝の歴代の子孫が幕府老中などを務めるほど優遇されて後、下総国佐倉藩主などを経て山城国(十万二千石)に移封、山城国淀藩・稲葉家は、幕府内では代々京都所司代や大阪城代、老中職と言った要職を歴任して幕末まで続いている。

言わばこの淀藩・稲葉家は、「山城国(現在の京都府南部にあたる)」と言う日本の政治的に最も重要な地域の幕府の押さえである。

そうした稲葉家の封領配置からして、単に春日の局(つぼね)の息子と言うだけではなく、非公式ながら「徳川家当主と血縁関係にある」と考えられ、これこそ、実は徳川政権内部が「明智の血縁に乗っ取られた」と言う一連の証拠である。

そして大きな謎なのだが、三代将軍・徳川家光の古文書には何故か二世権現や二世様などと記された文章が多数存在し、故に徳川家光が「家康春日局の子で在る」と言う説が散見される。

いずれにしても三代将軍・徳川家光を二世と数え書き記すは、いったい何を意味しているのだろうか?

そこで問題なのは、三代将軍・家光が二世と数えるのであれば二代将軍・徳川秀忠の存在は飛ばされている事になり、つまり秀忠が養子で正体が「明智光忠である」と言う話にも信憑性が出て来る。

そしてこの事が事実であれば、春日局が駿府まで出向いて家康に家光を将軍に推させた事に納得が行き、徳川家光と徳川忠長(とくがわただなが)は将軍世襲で微妙な状態にあり、保科正之(ほしなまさゆき)だけが二代将軍・秀忠の実子と言う事かも知れない。

春日局(かすがのつぼね/お福/斉藤福)】に戻る。

春日局(お福)とその子孫については第三巻~第四巻の主要登場人物です。記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第三巻~第四巻をお読み下さい。

徳川家光関連記事
徳川家光(とくがわいえみつ)
二世権現・三代将軍・徳川家光の謎

徳川秀忠関連記事
織田信長(おだのぶなが)の奇策・徳川秀忠】に飛ぶ。
明智光忠(あけちみつただ)】に飛ぶ。
徳川秀忠(とくがわひでただ)】に飛ぶ。
保科正之(ほしなまさゆき)と徳川忠長(とくがわただなが)】に飛ぶ。に飛ぶ。

春日局関連記事
稲葉氏(いなばうじ)と稲葉良通(いなばよしみち)】に飛ぶ。
稲葉(林) 正成】に飛ぶ。
山城・稲葉藩(淀藩)】に飛ぶ。
江戸城大奥女中(えどじょうおおおくじょちゅう)】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-22 21:00 | Comments(0)  

靖国神社と松平永芳(まつだいらながよし)

それでは、靖国神社の問題を考えて欲しい。

国の為に戦った尊い戦争犠牲者を「大切に祭って何が悪い」と言う論調で、事の本質、つまり「権力者の邪(よこしま)な欲望の犠牲者に成った」と言う事を上手く摩り替えていまいか?

皆、自爆テロと戦争犠牲者を「別のもの」と勘違いさせられているようだが、我輩には「本質は同じ」と思われるのである。

確かに角度を変えて見れば、国と家族を守る為の立派な犠牲行為であるが、そこばかりを強調して「美談に摩り替える」のはいかがなものであろうか?

ここで問題なのは、戦争犠牲者を「立派な行為」と祭り上げる事が、自爆テロのジハード(聖戦)を奨励する宗教指導者と同じ影響をもたらす事である。

つまり、この手の美談は「権力者に利用され易い」と言う事で、靖国神社は歴史的に元々その為の施設である。

申し添えて置くが、庶民の戦争犠牲者を弔い祭る方法は別に幾らでもある。

それを敢えて靖国神社に祭り、「神に成った」と言う事に「権力者の政治的意図がある」と解釈すると、ジハード(聖戦)と「どれだけの差がある」と言うのであろうか?

それにしても、靖国神社は利用され多くの戦死者が祭られている。

官僚化した維新の英雄達の、民意誘導の陰謀で有る。

まったく、頭の良い官僚は自分だけは特別だと思っているから、他人の痛みに心が無い。

この発想、英霊には申し訳ないが、腹の中はそんな純粋なものでは無い輩が靖国を利用している気がして成らない。

A級戦犯の合祀に疑問を挟まず、「国の為に亡くなった尊い御霊」と美化する輩は多いが、そう言う人間に限って、自分は安全圏に居て、今後も「国の為に」と、国民に犠牲を強いる目論見が、発想の中に在る指導者である。

敗戦の折、切腹にて自決した阿南陸軍大臣の潔さに比べ、逮捕にやって来た進駐軍の目前で短銃自殺に失敗、女々しく法廷に立った東条英機に靖国合祀の資格ありや?

切腹も出来ず拳銃で死に切れない彼は、まさしく陸軍の官僚だった。

そんな情けない者が、「国の為に死んで来い。」なんて演説していた。

例え米国に追い込まれた結果の開戦とは言え、戦陣訓を想起し、「生きて俘虜の辱めを・・・」と退路を断ち、九割が戦闘ではなく「病死、餓死、自刃、特攻」と言う過酷な死を兵に課した責任を、そして敗戦責任を、何故「靖国A級戦犯合祀問題」の論議から外す。

圧倒的に劣る軍装備、補給体勢、前線に届くのは「精神論ばかり」で、戦わされたのが過酷な前線だった。

それを今更、奇麗事で、「靖国が戦死者の魂の拠り所だ」と言う。

死者は語らないが、その靖国にA級戦犯たる戦争指導者と、「合祀されるのは無念」と思う英霊は多い筈である。

果たして英霊が、この事実を美談の影に隠されて本当にA級戦犯合祀の状態で安らかに眠れるのだろうか?

つまり合祀問題は、外圧論議や条約論議などと言う次元の話ではなく、純粋に日本国内問題である。

現在靖国神社のA級戦犯合祀問題で、国の内外から疑問の声が上がっている。

合祀当時の第六代靖国社宮司・松平永芳氏は元福井藩主・松平春嶽の子、宮内大臣・松平慶民(まつだいらよしたみ)子爵の長男で終戦時海軍少佐だった。

松平永芳・元少佐は、戦後は陸上自衛隊に入隊。

昭和四十三年、一等陸佐で自衛隊を定年退官、福井市立郷土歴史博物館長を務めた後、昭和五十三年に第六代靖国社宮司に就任、同年十月、A級戦犯十四柱の合祀に踏み切る。

松平永芳氏が、元福井藩主松平春嶽(明治維新時の幕府側主役の一人)の孫にあたる所から、遡れば徳川家康の次男で福井藩々祖・結城(ゆうき)秀康の子孫にあたり徳川家康の子孫でもある。

何故、神職の経験のない元軍人の松平永芳氏が、社格の高い靖国社宮司に成れたのか、それは靖国社が神社本庁に属していない特別な存在で、戦前は軍の管轄にあった事による。

我輩が「本書」で記述している通り、神社の歴史的本質が信仰では無く、「氏の支配」の発想である事が如実に反映されたもので、つまり血統が良ければ、「神職の経験或いは僧の修行が無くても高位の神官、高位の僧侶に成れる」と言う日本の古来からの独自の氏文化、「氏と信仰の関わり」が未だに続いているのである。

信仰の奥深い所を知らなくても血統が良ければ人を導く事が出来るのは、過去、信仰が統治の具、馬鹿げた虚構であった証拠である。

靖国社は、その成り立ちからして特殊な運命を背負っており、当然ながら、今後も軍や当時の指導者の立場を代弁し続けるであろう。

しかしながら、お国の為に散って行った「尊い英霊の御霊(みたま)」をやすんじる為の宮司が「神職末経験の素人」とは、英霊遺族の思いをも踏みにじる「笑止噴飯物」と思うのは我輩だけだろうか?


昭和天皇・裕仁(ひろひと)陛下と、今上天皇(きんじょうてんのう/平成天皇)であられる継宮(つぐのみや)・明仁(あきひと)陛下の東条英機(とうじょうひでき)氏への想いは、戦犯合祀後の靖国神社参拝に対する御意志で推測がつく。

昭和天皇・裕仁陛下も、現在の今上天皇・明仁陛下も、「A級戦犯合祀」が公に成って以来「靖国神社」には参拝しては居ない。

東条英機(とうじょうひでき)】に続く。

参考文章・小論【太平洋戦争の遠因・・張作霖爆殺事件・柳条湖事件の陰謀】を参照下さい。
小論【真珠湾攻撃(日米開戦)】を参照下さい。
小論【安倍晋三首相・靖国神社に参拝する】を参照下さい。
小論【広島・長崎 原爆被爆概略史】を参照下さい。


関連記事
軍事組織(ぐんじそしき)】に飛ぶ。
軍閥・財閥と二・二六事件】に飛ぶ。
富国強兵と財閥・軍閥】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-22 03:04 | Comments(6)  

南朝方忠臣・明治復権の怪

千八百七十一年(明治四年)条約改正の為に、明治新政府の要人(岩倉具視大久保利通木戸孝允伊藤博文ら)から成る「外交使節」を欧米各国へ派遣する。

その留守の間は留守政府(三条実美西郷隆盛井上馨、大隈重信、板垣退助、江藤新平ら)が新政府の運営を担い、主なものとしては府県の統廃合(三府七十二県)、陸軍省・海軍省の設置 、学制の制定 、国立銀行条例公布 、太陽暦の採用 、徴兵令の布告 、キリスト教禁制の高札の撤廃 、地租改正条例の布告 などの政策が施行されている。

この頃、南朝方(後醍醐帝方)に与力した楠木正成新田義貞北畠顕家名和長年(なわながとし)らが忠臣として復権され、明治五年の楠木正成(湊川神社)、明治九年新田義貞(藤島神社)、明治十五年北畠顕家(阿倍野神社)と次々に神社が建てられて祀られている。

更に明治天皇の特旨により新田家(新田義貞の子孫、男爵)、名和家(名和長年の子孫、男爵)、菊池家(菊池武光の子孫、男爵)など、南北朝時代に南朝方忠臣であった子孫が、特別の計らいで華族に叙せられている。

維新政府成立直後の未だ新政府の足元も固まらない時に、この力の入れようは何だったのか?

つまり明治維新政府は、南朝方(後醍醐帝方)の復権をかなりの優先事項として取り組んでいた。

この謎は大きい・・・・。

そこで熊毛郡・田布施町(たぶせちょう)に伝わる良光親王(ながみつしんのう)の末裔を名乗る人物の存在に想い到るのである。

明治維新成立と同時に突然浮上した、江戸期の北朝系天皇の下では賊軍だった南北朝期の南朝方忠義の臣達の物語に、いったい何が込められていたのか?

この事は、明治帝入れ替わり説の一つの検証になるのかも知れないこの疑い、果たして世間が言うように「有り得ない事」なのだろうか?

歴史と言うものは都合良く脚色されるもので、もし明治新政府の勤皇の志士達が国家単位でトリックを構成されれば、例え創り事でもそれを解く事はほとんど出来ない。

事の真贋は定かではないが、明治維新以後急に南朝の正当性も認められ、楠正成や新田義貞が天皇を助けた英雄として祭られたのは、動かす事の出来無い事実である。

この二人は神社になり、戦前、戦中は忠義の臣として、学校で「歌」も歌われていた。

楠木正成(湊川神社・明治五年)、新田義貞(藤島神社・明治九年)、北畠顕家(阿倍野神社・明治十五年)・・・・・・後醍醐天皇(吉野神宮)を始め護良親王(鎌倉宮)、尊良親王(金崎宮)など後醍醐天皇・皇子の神社は四社を数える。

つまり、維新以後南朝方の神社は急激に建立され十四社に及ぶのである。

室町期から江戸期を通じて、皇統は北朝・光明天皇系である。

もし、南朝・大室氏の入れ替わりが無いならば、この明治初期に於ける南朝方旧臣の名誉回復は到底説明が着かない事に留意しなければ成らない。

関連記事
江戸(東京)遷都(えどせんと)】に続く。
七卿落ち(八月十八日の政変)】に戻る。
熊毛郡・田布施町(たぶせちょう)】に戻る。
隠された明治維新】に戻る。
伊藤博文(いとうひろぶみ)】に飛ぶ。
明治帝入れ替わり説については内容が微妙な上、記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第五巻をお読み下さい。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-19 13:35 | Comments(0)  

阿曇氏(あづみし/安曇族)と安曇比羅夫(あずみのひらふ)

この白村江(はくすきのえ)の戦いに顔を出すのが、古代日本の氏族で海神(海人族)である綿津見命(わたつみのみこと)を祖とする阿曇氏(あづみし/安曇族)・安曇比羅夫(あずみのひらふ)である。

海部(あまべ)の民長・安曇連(あづみのむらじ)は古事記では綿津見(わたつみ/渡っ海)神の子・宇都志日金柝命の子孫とされ、海積(あまづみ)より生じ連(むらじ)を名乗るが後に宿禰(すくね)を賜る。

後世は安住(あずみ)氏、安積(あずみ)氏、阿曇(あずみ)氏、阿積氏(あずみ)、また、厚見(あつみ)氏、厚海(あつみ)氏、渥美(あつみ)氏、英積(あつみ)氏など多様の表記の氏が起こって夫々に分かれている。

阿曇氏(あづみし/安曇族)は、筑前国糟屋郡阿曇郷(現在の福岡市東部)を発祥地とする海人族として知られ、阿曇(安曇/あずみ)を古くは海人津見(あまつみ)と書き、その海人津見(あまつみ)が訛って阿曇(安曇/あずみ)になった。

阿曇氏(あづみし/安曇族)は古代日本を代表する神格化された有力氏族として「日本書紀」の応神天皇の項に「海人の宗に任じられた」と記され、「古事記」では「阿曇連(あづみのむらじ)はその綿津見神の子、宇都志日金柝命の子孫なり」と記されている。

北九州の志賀島一帯から全国に移住し、安曇(海人津見/あまつみ)が語源とされる地名は九州から瀬戸内海を経由し近畿に達し、更に三河国の渥美郡(渥美半島、古名は飽海郡)や飽海川(あくみがわ、豊川の古名)、伊豆半島の熱海、最北端となる飽海郡(あくみぐん)は出羽国北部(山形県)に達し、さらに内陸部の信濃国安曇郡(長野県安曇野市)にも名を残している。

安曇比羅夫(あずみのひらふ)は七世紀中頃の外交官兼武将で、山城国(やましろのくに/大阪府南河内郡)を本拠地として姓(かばね)を山背連(やましろむらじ)と名乗る。

比羅夫(ひらふ)は百済(くだら・ペクチェ)に使者として派遣されていた縁で百済(くだら・ペクチェ)の王子・翹岐(ぎょうき)を自分の家に迎え、高句麗(こうくり・コグリョ)が唐帝国と新羅(しらぎ・シルラ)の連合軍の攻撃を受けると百済(くだら・ペクチェ)を救援する為の将軍となって百済に渡り援軍として戦っている。

百済(くだら・ペクチェ)が唐と新羅(しらぎ・シルラ)の連合軍に追い詰められ、百済(くだら・ペクチェ)の王子・豊璋が救済を求めて日本へ渡来すると、王子を王位に就けようと水軍百七十隻を率いて百済(くだら・ペクチェ)に渡り、白村江(はくすきのえ)の戦いで戦死した。

まだ阿曇氏(あづみし/安曇族)には多くの謎があるが、この辺りの安曇比羅夫(あずみのひらふ)の行動から、阿曇氏(あづみし/安曇族)の列島渡来以前の祖国が百済であっても不思議はない。

信濃国安曇郡(長野県安曇野市)は阿曇氏(あづみし/安曇族)の有力な本拠地の一つで、安曇比羅夫(あずみのひらふ)は安曇連比羅夫命(あづみのむらじひらふのみこと)として祀られている。

安曇比羅夫(あずみのひらふ)が山背国(山城国)ではなく信濃国安曇郡(長野県安曇野市)に祀られて居る訳は、我輩の推測によると白村江(はくすきのえ)の戦いの敗戦処理でやって来た占領軍に山背国(山城国)を追われた為、本拠地を信濃国に移さざるを得なかったのではないかと考えている。

つまり正史に書き残されていない新羅(しらぎ・シルラ)の占領軍の存在が、阿曇氏(あづみし/安曇族)を一族諸共に山背国(山城国)から追ったのであれば判り易いのである。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-16 18:44 | Comments(0)  

松平竹千代(まつだいらたけちよ/徳川家康)双子説を追う

江戸幕府を開いて「天下人」と成った実力者・徳川家康の幼少期、松平竹千代(まつだいらたけちよ/徳川家康)には、大久保(彦左衛門)忠教によって書かれた「三河物語」ではまるで説明が着かない不可解な史実が随所に存在する。

大久保忠教の「三河物語」は、「他の文献の事実と食い違った記述も多い」と評価されているが、それを単なる「手前味噌の脚色」として安易にかたずけて良い物だろうか?

家康の生い立ちから「天下人」に成るまでの過程が余りにも「奇想天外であった」とすれば、それを表ざたには出来ない「三河物語」が他の文書との辻褄が合わなくて当たり前ではないだろうか?

採用されている正史に拠ると、松平竹千代(まつだいらたけちよ/徳川家康)は今川家に人質に出された折に戸田康光(とだやすみつ)の裏切りに合って織田家の人質に成り、その後の人質交換で今川家の人質に納まっている。

しかし人質とは言え竹千代(たけちよ/松平元康)は三河国主の継子として今川家では大切に育てられ、今川家・軍師の臨済寺・雪斉和尚(臨済宗妙心寺派)から手習いなどの勉学指導を受け、今川義元の妹の子・関口瀬名(せきぐちせな/築山御前)を正妻に向えて子(松平信康)まで為しているので、大事に扱われた育てられている筈である。

所が不思議な事に、この今川家人質時代の竹千代(たけちよ)に「庶長子」と言われる「一蔵」と申す者が出現している。

何故か人質・竹千代(たけちよ/松平元康)は、落胤を残すほどかなり自由奔放に駿河・遠近江・三河の各所に出没しているのだ。

そして織田信長桶狭間の合戦今川義元を破ると、今川家を見限り一旦は途切れた筈の織田信長と「清洲同盟」を結んで遠近江国の攻略を始めている。

また今川から独立すると、今川家に於ける勉学の師・雪斉和尚(臨済宗妙心寺派)の事はコロリと忘れ、浄土宗を信仰している。

そして正妻・築山御前(つきやまごぜん)と継長子・松平信康の親子処断の経緯や二男・結城秀康(ゆうきひでやす)の扱いにも、松平竹千代(まつだいらたけちよ/徳川家康)双子説を疑わせるものが存在する。

何故双子の疑いが有るのかの条件をここで検証すると、その第一がおよそ家臣思いの家康とは思えない三河譜代の家臣への扱いが有るからである。

例えば幼少のころより家康に仕え、駿府今川家の人質時代には傍近くで苦労を共にした安部正勝(あべまさかつ)と言う家臣が居て、天下を取った家康が、その安部正勝(あべまさかつ)に与えた褒美が武蔵の国・市原の、たったの五千石の領地だった。

同じく三宅康貞(みやけやすさだ)は関東入国時、武蔵瓶尻(熊谷市)に五千石、大久保忠世(おおくぼただよ)は 関東入国時に小田原城四千石を与えられているが、いずれももっと厚遇されてしかるべき三河松平時代からの旧臣達をその程度に処置した事である。

考えられる事は、今川義元桶狭間討ち死に後に岡崎城へ入場した松平元康が、安部正勝(あべまさかつ)に「大して世話に成っては居なかった」と言う事で、つまり駿府今川家の人質時代の松平元康が、今川義元桶狭間討ち死に後に岡崎城へ入場した松平元康と別人ならば、そこら辺りの説明がつく話である。

実は鉄壁を誇った三河家臣団に、松平元康が徳川家康に名を改めた頃から微妙な動きが始まっていた。

それは三河安城・古参家臣団の一部が、生き残りを賭け必死の戦働(いくさばたら)きに走った事である。

何よりも不思議な事に、今川人質時代に行動を共にして竹千代(たけちよ/松平元康)を支えた三河安祥(城)譜代の家臣・本多忠勝(ほんだただかつ)
酒井忠次(さかいただつぐ)、そして榊原康政(さかきばらやすまさ)などを徐々に遠避けて、今川から独立以後に召抱えた井伊直政(いいなおまさ)を重用している。

これらは、松平元康(徳川家康)の双子入れ替わり説の重要な要件として一つの検証になるのかも知れない。

家康別人説については、この双子説以外に影武者説なども在るが、血統が繋がらないまったくの他人であれば一度は父・松平広忠(まつだいらひろただ)に離縁された家康生母・於大の方(おだいのかた・水野太方/みずのたいほう)の実家・水野氏を家康が重用する筈が無い。

つまり影武者入れ替わり説では、水野氏重用の説明が着かないのだ。

水野氏については、桶狭間の戦い今川義元織田信長に討たれると徳川家康・生母の実家として嫡男・水野信元(於大の方の兄弟)は家康の今川家からの独立を支援し、信長と家康の同盟(清洲同盟)を仲介するなど身内らしい動きをして居る。

豊臣秀吉の死後家督を継いだ水野信元の嫡男・水野勝成と四男・水野忠清は共に家康に仕え、勝成は備後福山藩・下総結城藩水野家の祖となり、忠清は駿河沼津藩水野家および上総鶴牧藩水野家の祖となり、徳川政権の幕閣に要職を得ている。

また水野忠政四男・水野忠守(水野信元の兄弟)は出羽山形藩水野家の祖であり、さらに水野忠政八男・水野忠分の子・水野分長と水野重央は、それぞれ安中藩水野家と紀伊新宮藩水野家の祖である。

そこが歴史の面白い所だが、竹千代双子説の全ては状況証拠の積み重ねでその場に臨場した訳では無いから確証は無い。

しかし「その場に臨場した訳では無い」となれば、否定する事もまた確証は無いのである。

詳しくは小説・「徳川家康二人説を追う」を参照下さい。

関連記事
松平元康(徳川家康)・三河支配権の回復の謎】に飛ぶ。
清洲同盟の謎と竹千代双子説】に飛ぶ。
徳川家康と浄土宗】に飛ぶ。
鈴木(一蔵)重康(すずき(いちぞう)しげやす)】に飛ぶ。
松平頼重(まつだいらよりしげ)・生い立ちの謎】に飛ぶ。
水戸藩重臣・雑賀(鈴木)家の謎】に飛ぶ。
結城秀康(ゆうきひでやす)】に飛ぶ。
越前・松平藩と結城秀康(ゆうきひでやす)】に飛ぶ。
築山御前(つきやまごぜん)・松平信康親子の処断】に飛ぶ。
本多忠勝(ほんだただかつ)】に飛ぶ。
酒井忠次(さかいただつぐ)】に飛ぶ。
榊原康政(さかきばらやすまさ)】に飛ぶ。
井伊直政(いいなおまさ)】に飛ぶ。
鳥居元忠(とりいもとただ)】に飛ぶ。
徳川家・世良田系図の謎】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-14 13:35 | Comments(0)  

精子劣勢遺伝とXY染色体

人間の遺伝情報を伝える染色体にはXとYがあり、女性のX染色体は二本在って片側一本のX染色体でも障害に対するスペアー機能が利き、新しい卵子に拠って生まれ変われる。

だが、男性を形成する染色体はX染色体とY染色体の各一本で構成される為にY染色体は一本限りで、生殖の過程でY染色体に遺伝情報的な欠陥が生じても修復される事なく男性に限り延々と子孫に受け継がれるものである。

人間の性染色体の形式はXY型であり、これ以外の性別決定機構もない為にY染色体の有無に拠って男女の性別が決定する。

つまり男性の場合は「X染色体とY染色体の二本」で構成され、女性は通常「X染色体のみが二本」で構成されるのだが、遺伝子異常などで一本になっても(ターナー症候群)女性として生まれる。

同様に、X染色体とY染色体を一つずつ持つ筈の男性がX染色体二本とY染色体を一本持っていても(クラインフェルター症候群)男性として生まれる事が判っている。

ここで問題なのが、男性に限り延々として子孫に受け継がれるY染色体である。

女性の場合はX染色体のみが二本受け継がれるので、染色体の内一本に損傷が出ても他の一本が正常に機能して正常な遺伝が子孫に受け継がれて行く。

所が、延々として男系子孫に受け継がれるY染色体は、何らかの欠陥が生まれても代替の染色体を持たないから欠陥を抱えたままのY染色体を持つ精子が延々と子孫に引き継がれる為、基本的にY染色体は劣化の道を歩んでいる。

Y染色体を持つ男性でなければ精子は造れない。

そこに現在の社会基盤である「一夫一婦制」に拠り、自然淘汰に拠る強い精子の選別(競争原理)が出来なくなって、殊更に劣化した精子に拠るY染色体が延々と引き継がれる事になる。

こう言う事を書くと現代の貞操観念で「大勢の男を性交相手に持つなどとんでもない」と言うだろうが、卑弥呼の女王国(邪馬台国)では多くの男性が取り巻く女王蜂状態だった。

時代が下がった平安期までは「妻間婚(呼ばう婚)」で、言わば女性がその気に成れば何人でも寝屋に引き入れた。

Y染色体が正常再生が不可能なものなら、せめて自然淘汰に拠る強い精子の選別(競争原理)が可能となる群れ婚(乱交)状態が子孫の継承には理想的だが、人間は「生活基盤の安定」と言う社会性(男性のエゴかも知れない)を採って、女性にそうした機会を与えてはいない。

また近親婚に拠る劣勢遺伝も、或いは同一染色体の欠陥が増幅されて劣勢遺伝の確立が高まる事も一因かも知れない。

古代は群れ婚に拠る乱交が優秀な男性精子を競争の中で選択させる環境が守られていた。

これはあくまでも生物としての自然の法則だけで捉えた見解であるが、如何なる社会性を鑑みても「滅亡してから気が付いた」では遅いのではないか?

虚弱精子劣性遺伝と貧乏人の子沢山】に戻る。

遺伝子関係の詳しくは・小論【ホモサピエンス(知性人)の「種の保存と遺伝子」】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

関連記事
人類の生殖行動】に飛ぶ。
近親交配(きんしんこうはい)と女性の臭覚】に飛ぶ。
遺伝資源(いでんしげん)】に飛ぶ。
血統至上主義(けっとうしじょうしゅぎ)】に飛ぶ。
フェール・エチル・アミン】に飛ぶ。
「卵子の老化(らんしのろうか)」】に飛ぶ。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-14 11:44 | Comments(0)  

徳川家康と浄土宗

徳川家康が、駿河・今川家の人質時代の松平竹千代(松平元康)とは「別人では無いか」と推測される理由の一つに家康が門徒となった「仏教の宗派が予測と違う」と言う疑問がある。

松平竹千代(松平元康)は今川人質時代に今川家・軍師の臨済寺・雪斉和尚(臨済宗妙心寺派)から手習いなどの勉学指導を受けている。

雪斉和尚(太原雪斉)の本拠・駿府(静岡)の臨済寺は、臨済宗の宗祖臨済義玄(中国唐の僧)の名に由来する今川氏の菩提寺で、静岡浅間神社の境内から連なる賤機(しずはた)山麓に在って今川館(現在の駿府城)の北西に位置する現在の静岡市葵区大岩にある。

当然ながら、松平竹千代(松平元康)は幼少期に教えを授かった臨済宗妙心寺派の門徒となる筈である。

所が、成人して三河国主になった徳川家康が突然熱心な門徒となったのは、幼少時から慣れ親しんだ臨済宗ではなく法然上人を開祖とする浄土宗で、江戸・芝の増上寺が菩提寺になっている。

確かに三河安祥(安城)以来松平家は浄土宗ではあるが、松平竹千代(松平元康)は幼少期を臨済宗の中で過ごし、雪斉和尚から教えを受けている。

松平家は「先祖からの浄土宗門徒だ」と言ってしまえばそれまでだが、三河国愛知郡の地元で浄土宗に親しんだ別の人物の存在もその可能性を否定出来ない。

存在を「只存在」と記憶する学問には限界が有り、何故それが存在するのか疑問を持たなければ真実は見えて来ない。

これはもしかして、松平元康(徳川家康)の双子入れ替わり説の一つの検証になるのかも知れない重要な要件ではないだろうか。

家康は、徳川家の隆盛に伴い浄土宗総本山・智恩院(ちおいん)に様々な寄進などする一方、智恩院(ちおいん)を京での政治工作の足場(投宿場所)にした位の関係を築いている。

また、家康が晩年駿府に隠居すると、上清水村(現静岡市清水区)に在った引接院・善然寺(浄土宗)を駿府に移転させて手元に置き、そこが城の拡張で敷地内になったので現在の静岡市葵区新通に移設、特に徳川家から朱塗りの門を許されて引接院・善然寺は現在でも「赤門の寺」として有名である。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-12 00:37 | Comments(0)  

浄土宗総本山・智恩院(ちおいん)

浄土宗総本山・智恩院(ちおいん)の宗祖は法然(ほうねん)上人である。

平安時代末期から鎌倉時代初期、この政情不安定な歴史の変革期に、宗教界では新しい仏教の一派が天台宗から分かれて芽吹いていた。

浄土宗の法然(ほうねん)が現れ、精力的に布教を始めている。

法然(ほうねん)は、美作国久米南条稲岡庄に生まれる。

父親は漆間時国(うるまのときくに)と言う久米郡の押領使(おうりょうし・任命された土地の治安維持権限者)だったが、法然(ほうねん)九歳の時に稲岡荘の領所・明石定明の夜襲を受け深手を負い、その時の傷がもとで落命する。

漆間時国(うるまのときくに)はその臨終に際して子・勢至丸(法然/ほうねん)に復讐の無益である事を聡し出家するように遺言した。

九歳の法然(ほうねん)は父の遺言に拠り出家し、十三歳で最澄(さいちょう/伝教大師)が興した天台宗総本山・比叡山延暦寺に登る。

法然(ほうねん)は比叡山で多くの先達の教えを請い、修行の末四十三歳の時に阿弥陀仏の本願の真意感得し、浄土宗を開く。

阿弥陀仏の本願「全ての者を等しく救おうとする仏の慈悲」を信じて、「南無阿弥陀仏」と唱える事により救われる事を教えている大乗仏教(だいじょうぶっきょう)を教えとした浄土宗(じょうどしゅう)は、千百七十五年(承安五年)に開祖・法然上人によって開かれた。

南無とは「おすがりします」の意味で、「阿弥陀仏におすがりします」と解されている。

阿弥陀仏(阿弥陀如来)は、大乗仏教(だいじょうぶっきょう)では釈迦の別名で、仏陀も同じ意味である。

浄土宗の総本山は宗祖・法然上人が草庵を営んで後半生を過ごし没した縁(ゆかり)の地東山吉水(よしみず)を起源として建てられた寺院が、京都市東山区林下町に在り、智恩院(ちおいん/華頂山智恩教院大谷寺)と呼ばれている。

関連記事
信仰の奇跡と脳科学】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-11 17:22 | Comments(0)