「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

自己責任(じこせきにん)

日本人には自己責任を真っ先に考える風潮がある。

この根底にあるのが「武士道精神」で、つまりは責任の自己完結=切腹の精神の建前である。

日本的武士道の感性では一度失敗したら切腹物で、事業家が事業を潰したら二度と浮かび上がれないから、もはや手遅れ状態でも最後まで踏ん張って、手の施しようが無い酷い状態にまで引きずってしまう。

しかしその責任の自己完結=切腹の精神は、裏を返せばジョージ・ワシントンの桜木の逸話・「正直」とは正反対の、実は中々責任を認めない卑怯者を増産する事に繋がっている。

役人も、そして裁判官・検事・警察官も一緒で、「失敗は腹切り物」の風潮が世間で強いから、一度方針を決めると間違いは絶対に認めない。

つまり間違いの責任を認めた時点で世論の建前は再起不能が相場だから、一般的に不都合が生じると誤魔化したり隠したりを先にして情況を悪化させる。

そこで結論を先送りする事で責任の所在をうやむやにし、同時に戦艦大和症候群なる病を多発させている。

「武士道精神」と言う今時流行(いまどきはよら)ない男の美学など覚悟の無い者には只の妄想で、実状は「早期に対処すべき事柄を先送りする」と言う弊害の方が遥かに多いのである。

この「武士道精神(責任の自己完結=切腹)」を前提にすると、急な結論を出したい時にこそ間違いに慎重に成って結論が出せない会議を延々とし、前例の無い事には誰も責任を引き受けない。

面白い事に、建前が潔(いさぎよ)さを求めるほど本音の部分でそう簡単にお仕舞いは嫌だから、益々潔(いさぎよ)い者は減って行く事になる。

日本の恥じの文化は、当初は「生き方や行動に恥じない事」と解されていたが、武士道精神の「責任の取り方」から失敗は致命傷になる為、現実は「恥に蓋をする文化」になってしまった。

これら全ては、美徳とされる武士道の国の「建前」の弊害そのものである。

それにしても、国がこの「自己責任(じこせきにん)」を言うのは大いに問題があり、国が決めた法律・法令で必ず割を喰う国民が出るが、基本的には自己責任(じこせきにん)である。

例えば、バブル経済を崩壊させたのは大蔵省銀行局が金融機関宛に出した「土地関連融資の抑制について」による人為的な急ブレーキであるが、本来なら慎重に対処して軟着陸も可能だった処理を誤まっても、それで蒙る個々の損失は「自己責任(じこせきにん)」である。

詳しくは【日本人・その気質のルーツ】を参照して下さい。

関連参考文献
金と日本人】に飛ぶ。
家制度恥文化の規制的な行動制約】に飛ぶ。
良い加減・放棄と融合】に飛ぶ。
頑張る(がんばる)】に飛ぶ。
物造り大国・日本】に飛ぶ。
物造り大国・日本の矛盾】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-04-25 02:41 | Comments(0)  

小村寿太郎(こむらじゅたろう)

明治期の外交官を代表し、外務大臣、貴族院議員などを務めた政治家に、侯爵・小村寿太郎(こむらじゅたろう)がいる。

千八百五十五年(安政二年)九月十六日、小村寿太郎(こむらじゅたろう)は日向国・飫肥藩(おびはん/現在の宮崎県日南市のほぼ全域および宮崎市南部)の下級藩士・小村寛平と梅子の長男として生まれる。

飫肥藩(おびはん)は家格・外様大名で藩主・伊東氏藤原南家流・伊東(伊藤)系の鎌倉御家人で、鎌倉期に日向国の地頭に任じられ、室町期の千三百三十五年に伊東祐持が足利尊氏によって都於郡三百町を宛がわれて下向した事に始まる戦国大名である。

父・小村寛平が出仕していたのは、江戸期に現在の宮崎県日南市のほぼ全域および宮崎市南部に在って日向国那珂郡のある南部を支配した藩が飫肥藩(おびはん)で、知行は五万一千石、藩庁は飫肥城(おびじょう)に在った。

千八百三十年(明治三年)、寿太郎(じゅたろう)は大学南校(東京大学の前身)に入学、千八百七十五年(明治八年)第一回文部省海外留学生に選ばれてハーバード大学へ留学し、法律を学ぶ。

千八百七十八年(明治十年)ハーバード大学卒業後、ニューヨークの弁護士事務所で研修の後の千八百八十年(明治十三)寿太郎(じゅたろう)二十五歳の時に帰国する。

帰国後、寿太郎(じゅたろう)は司法省に入省し、大審院判事を経て外務省へ転出し、陸奥宗光に認められて清国代理公使を務め、日清戦争の後、駐韓弁理公使や外務次官、駐米・駐露公使を歴任する。

司法省に入省から二十年、四十五歳に成っていた寿太郎(じゅたろう)は、千九百年(明治三十三年)の義和団の乱では、講和会議全権として事後処理にあたり、翌千九百一年(明治三十四年)には第一次桂内閣の外務大臣に就任して千九百二年(明治三十五年)の日英同盟を積極的に主張して締結に持ち込み、功により男爵を授けられる。

寿太郎(じゅたろう)は日露戦争後の千九百五年(明治三十八年)、ポーツマス会議日本全権としてロシア側の全権ウィッテと交渉し、ポーツマス条約を調印する。

小村寿太郎(こむらじゅたろう)に関しては一貫して外交畑を歩き、千九百八年の第二次桂内閣でも外務大臣に再任され日露講和条約締結、幕末以来の不平等条約を解消する為の条約改正の交渉を行い、日米通商航海条約を調印し関税自主権の回復を果たす。

また寿太郎(じゅたろう)は日露協約の締結や韓国併合にも関わり、一貫して日本の大陸政策を進め韓国併合の功により侯爵授けられた。

満洲権益に関連してアメリカの鉄道王・ハリマンが満洲に於ける鉄道の共同経営を提案(桂・ハリマン協定)したのを首相や元老の反対を押し切って拒否するなど独自の意見も持っていて、その後の日本外交の大陸政策の流れを追うと軍事膨張主義の道筋をつけた一人で、その評価は分かれる所である。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-04-21 10:27 | Comments(0)  

新人類(しんじんるい)/傾く者(かぶく/歌舞伎者)

その時代の常識を超越して次代を創ろうとする若者を「新人類」と表現するものなら、そこに在った物は「その時代を見詰める若い感性」なのだから、「新人類」はどの時代にも存在した。

そして時の流れに逆らう勢力は彼等を「非常識」として弾圧したが、結局旧勢力の「常識」は過去のものとして時代に葬り去られて行った。

戦国期から安土桃山に掛けて登場した「傾く者(かぶく/歌舞伎者)」はその一つの表れで、旧武家社会の常識を否定して伸し上った織田信長こそ、その時代の「新人類武士」の代表格だった。

もっとも「常識」とは、コモンセンス(common sense)の訳語として明治時代頃に日本に普及し始めた言葉で、実はこの時代に常識(じょうしき)と言う概念も用語も存在はしなかった。

従ってこの時代に「常識」と言う言葉を明治維新以前に使うのは時代考証に触れるのだが、現代的には説明がし易いので「常識」と言う言葉を使わしてもらった。

江戸末期から維新政府の初期官僚に掛けて登場した「勤皇の志士達」は、正直武士道の根本原理である主君への滅私奉公とは違う道を選んで幕藩体制は崩壊した。

彼等倒幕派こそ、その時代の「新人類武士」ではなかったのか?

詰まり時代の常識とは移ろい易い一時のもので、不変的なものではけして無い。

所が、その不変的なものではけして無いその時代の常識を、唯一無二のものとして体勢の維持を図ろうとする守旧派勢力に限って思考を停止し、「常識で決まっている」と決めて掛る。

そうした守旧派から見れば、確かに新人類(しんじんるい)は傾(かぶ)いて見えた事だろう。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

関連記事
歌舞伎(かぶき)】に飛ぶ。
陰間(かげま)と野郎歌舞伎】に飛ぶ。
常識(じょうしき)と言う奇妙な言語】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-04-04 17:56 | Comments(0)  

土着・田系姓(どちゃく・でんけいせい)

氏族由来の氏姓としては線が細いが、稲作文化として歴史を刻んだ日本では、名字に田が着く姓が多い。

氏姓順位四位・蘇我氏族系の田中臣の田中氏、十二位・吉田連、卜部姓公家、吉田社社家の吉田氏、桓武平氏藤原氏橘氏などの諸流も伝えれられているが、由来不明も多いのが田系姓の特徴である。

氏姓順位十三位・山田姓(やまだせい)に関しては、山田臣、山田連、山田県主、平城天皇・山田皇子裔の山田氏などの他、氏族起源ではないと思われる庶民(良民)派または土着した百姓氏族で、日本の原風景である棚田に由来する農業従事者が山と田を合わせて自称した事が発祥とされる。

その他、氏姓順位七十五位の高田姓(たかだせい)も、山城国葛野郡高田郷発祥の高田首(たかだのおびと)や源平その他の氏系流を名乗る者あるが、平安期から江戸期に掛けて名族は出ていない。

氏姓順位六百三十五位の安倍氏系・今田(こんた)姓に関しては平安期に奥州(東北一帯)に住んでいた今一族(こんいちぞく)がルーツとされる。

氏姓順位八百五十八位の今氏・今一族(こんいちぞく)は、奥州気仙郡司・金為時(こんためとき/阿倍為時)の裔が後世に金(こん)から今(こん)を称す奥州阿倍氏の一支族である。

その今氏(こんうじ)が、前九年の役後三年の役の後奥州に覇を唱えた清原氏(奥州藤原氏)の下で帰農し、日本の原風景である棚田に由来する農業従事者として田を加えた今田(こんた)を称した。

今田(いまだ)氏に関しては、平安期に備後国御調郡今田邑(いまだむら)発祥の桓武平氏千葉氏流今田氏が主な所で、この場合の今(こん)は新しいの意味で、新田と同じ意味である。

詳しくは【名字のルーツと氏姓の歴史】に飛ぶ。

関連記事
名字(みょうじ)・苗字(みょうじ/なえあざ)と名前 その(一)】に飛ぶ。
名田経営(みょうでんけいえい)と武士の台頭】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-04-02 00:57 | Comments(0)