「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

徳川家定(とくがわいえさだ)

徳川家定(とくがわいえさだ)は、江戸幕府の第十三代征夷大将軍で、徳川宗家出身の最後の将軍である。

千八百二十四年(文政七年)四月八日、家定(とくがわいえさだ)は第十二代将軍・徳川家慶(とくがわいえよし)の四男として江戸城で生まれる。

家慶(いえよし)の男子は家定(いえさだ)・慶昌ら十四人の男がいたが、二十歳を超えて生きたのは家定(いえさだ)だけでほとんど早世し、生き残っていたのはこの家定(いえさだ)だけで在った。

しかしその家定(いえさだ)も幼少の頃から病弱で、「人前に出る事を極端に嫌う性格だった」と言われている。

その為に家定(いえさだ)は、乳母である歌橋(うたはし)にしか「心を開かなかった」と伝えられ、一説には「脳性麻痺で在った」とも言われる。

つまり「虚弱精子劣性遺伝」が顕著に出た形で、春日局(かすがのつぼね)の構築した「大奥のシステム」、「多くの女性に将軍一人」と言う血統の保存継続は、あくまでも氏族の血統重視論理で在る。

従って「大奥のシステム」は人類の「種の保存」と言う自然の法則とは真逆であり合致しないものだった。

千八百四十一年(天保十二年)に大御所・徳川家斉(第十一代将軍・家定の祖父)の死去後、家定(いえさだ)は(第十二代将軍・家慶/いえよし)の世嗣となる。

しかし家慶(いえよし)は、家定(いえさだ)の器量を心配して、一時は「一橋家の一橋慶喜(徳川慶喜/とくがわよしのぶ)を将軍継嗣にしよう」と考えたほどだが、老中・阿部正弘らが反対した為、結局は家定を将軍継嗣とした。千八百五十三年(嘉永六年)、家慶(いえよし)が黒船来航の後に六十一歳で病死した事を受け、家定(いえさだ)は将軍を後継し第十三代将軍となった。

家定(いえさだ)は正室として公家・鷹司政煕(たかつかさまさひろ)の娘・任子(天親院有君)や公家・一条忠良(いちじょう ただよし)の娘・秀子(澄心院寿明君)を迎えた。

だがいずれも早世し、島津斉彬(しまづなりあきら)が画策した近衛忠煕(このえただひろ)の養女・敬子(天璋院・篤姫)との間にも実子は生まれなかった。

家定(いえさだ)に男子が無かった為、将軍在位中から後継者争いはすでに起こっていたが、家定の病気が悪化した千八百五十七年(安政四年)頃からそれが激化する。

家定(いえさだ)の後継者候補として、井伊直弼ら南紀派が推薦する紀州藩主の徳川慶福(後の徳川家茂)と、島津斉彬や徳川斉昭ら一橋派が推す一橋慶喜(徳川慶喜)が挙がり、この両派が互いに将軍継嗣をめぐって争った。

家定(いえさだ)は、この将軍継嗣問題でも表舞台に出る事はほとんど無かったが、千八百五十八年(安政五年)陰暦六月二十五日、諸大名を招集して「慶福(よしとみ)を将軍継嗣にする」と言う意向を伝える。

その意向伝達から二ヵ月も経たない同年(安政五年)の陰暦七月五日に「一橋派の諸大名の処分を発表する」と言う異例の行動を見せるも、家定(いえさだ)が将軍らしい行動を見せたのはこれが最初で最後である。

翌日の千八百五十八年(安政五年)陰暦七月六日、家定(いえさだ)は薨去し、後を養子となった慶福(よしとみ)改め徳川家茂(とくがわいえもち)が第十四代征夷大将軍を継いだ。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-03-30 09:27 | Comments(0)  

切捨て御免のルーツ

別名を無礼討ち(ぶれいうち)とも言う「切捨て御免」は、苗字帯刀と並ぶ江戸時代武士(氏族)の特権である。

もっとも、「切捨御免」と言う言葉は江戸時代のリアルタイムのものではなく後の表現として広まった物で、当時の史料に於いては「手討」・「打捨」などと表現されていた。

「手討」・「打捨」などは、無礼な行為に拠って武士(氏族)の名誉が傷つけられる事を制止する為の特権的地位の正当な行為と認識されていた。

これは当時の江戸幕府の法律である「公事方御定書」の七十一条追加条に拠って明記され、武士(氏族)が平民(良民/町人・百姓)及び穢多(エタ)・非人から耐え難い「無礼」を受けた時は、「斬殺しても処罰されない」とされた。

勿論その「手討」・「打捨」が正等だったか審査は在り、実際に切捨御免を行い「正当な権利行使」と認められた事案はそれほど多くはないが、「切捨て御免」は特権階級の地位的象徴とされた。

それにしても、この随分不公平な法制度は何を根拠に成立したのだろうか?

この武士(氏族)の特権思想の原点は遠く弥生時代まで遡り、当時列島に渡来した部族が日本列島に現住する縄文人(蝦夷/エミシ)を武力制圧して隷属した事に始まる。

つまり征服部族(氏族)の被征服部族・ネイティブジャパニーズ・縄文人(蝦夷/エミシ)に対する優位性が、そのまま江戸時代の武士(氏族)の特権として制度に反映したのである。

この「切捨て御免」の制度を見ても、日本人が単一民族に成るのはズット時代が下がってからで、現住する縄文人(蝦夷/エミシ)を制圧して日本列島を乗っ取った歴史が存在する証拠である。

天武帝(てんむてい)桓武帝(かんむてい)に到る皇統が編纂した「古事記」と「日本書紀」は、皇統に拠る統治を補完する「虚(きょ/感性)」の部分を多く含み、同時にこの後ろ暗い列島乗っ取りの歴史を覆い隠す事に在った。

関連記事
ネイティブジャパニーズ・縄文人(蝦夷族)の秘密】に飛ぶ。
日本人の祖先は何処から来たのか?】に飛ぶ。
蝦夷族(えみしぞく/原住縄文人)は日本史から抹殺された】に飛ぶ。
広域倭国論】に飛ぶ。
日本語のルーツと安倍氏】に飛ぶ。
賤民(せんみん)奴婢(ぬひ)】に飛ぶ。
阿弖流為(アテルイ)】に飛ぶ。
坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)】に飛ぶ。
俘囚(ふじゅう/奴婢身分・ぬひみぶん)】に飛ぶ。
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
源頼光(みなもとのよりみつ/らいこう)と酒呑童子の物語】に飛ぶ。
豆まき・「鬼は内」に隠された歴史の真実】に飛ぶ。
奥州・藤原家(清原家)・(一)源氏と安倍氏】に飛ぶ。
安倍貞任(さだとう)】に飛ぶ。
安倍宗任(むねとう)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-03-22 02:52 | Comments(0)  

池禅尼(いけのぜんに)・平清盛の継母

池禅尼(いけのぜんに)は、平清盛(たいらのきよもり)の継母に当たる平安時代末期の女性である。

出家以前の名を藤原宗子(ふじわらのむねこ)と称し、父は藤原宗兼、母は藤原有信の娘にして中関白・藤原道隆の子・隆家の後裔に当たる待賢門院近臣家の出身だった。

義子に当たる平清盛(たいらのきよもり)については、「祇園女御(ぎおんのにょうご)の妹」とされる異腹の女性の子説や白河天皇(しらかわてんのう)の御落胤説が在る。

藤原宗子(ふじわらのむねこ)は伊勢平氏流棟梁・平忠盛と結婚し、忠盛との間に家盛、頼盛という清盛とは腹違いの男児を産んでいる。

宗子(むねこ)の従兄弟には鳥羽法皇第一の寵臣・藤原家成がいた事から美福門院ともつながりが在るなど、夫の平忠盛を支える強力な人脈を持っていた。
また、近衛天皇崩御の後、皇位継承の可能性も在った崇徳上皇の皇子・重仁親王の乳母にも任ぜられている。

千百五十三年(仁平三年)、夫・忠盛が死去すると宗子(むねこ)は出家し、六波羅の池殿で暮らした事から池禅尼と呼ばれた。
その三年後の千百五十六年(保元元年)鳥羽法皇崩御により「保元の乱」が勃発すると、忠盛夫妻が重仁親王を後見する立場に在った事から平氏一門は難しい立場に立たされた。

しかし池禅尼(いけのぜんに)は崇徳方の敗北を予測して、息子・頼盛に義兄・清盛に確り付いて協力する事を命じた。
この決断により平氏は一族の分裂を回避し、今まで築き上げてきた勢力を保持する事に成功した。

更に三年後の千百五十九年(平治元年)の「平治の乱」に於いては複雑な政争を勝ち抜いた清盛が勝利し、その結果、源義朝ら他の有力武門が駆逐された。

その翌年、千百六十年(永暦元年)二月、敵将・源義朝の嫡子で十四歳の頼朝が池禅尼ならびに頼盛の郎党である平宗清に捕えられた。

この際、池禅尼は清盛に対して「頼朝の助命を強力に嘆願した」と言われている。
また頼朝の助命の為に池禅尼が断食をし始めた為、遂に清盛が折れて伊豆国への流罪へと減刑したとも言われている。

この減刑、「平治物語」では、頼朝が早世した我が子家盛に生き写しだった事から池禅尼が助命に奔走したとドラマチックに表現されている。

しかし実際には、頼朝が仕えていた上西門院(待賢門院の娘、後白河の同母姉)や同じ待賢門院近臣家の熱田宮司家(頼朝の母方の親族)の働きかけによるものと推測される。

その頼朝助命成功後、池禅尼は死去したと言われているが、正確な没年は不明である。

頼朝は池禅尼の恩を忘れず、伊豆国で挙兵した後も彼女の息子である平頼盛を優遇し、平氏滅亡後も頼盛の一族は朝廷堂上人及び幕府御家人として存続させている。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-03-16 15:48 | Comments(0)  

法隆寺(ほうりゅうじ)

聖徳宗の総本山・法隆寺(ほうりゅうじ)が奈良県・生駒郡斑鳩町(いこまぐんいかるがちょう)に在り、創建は六百七年(推古十五年)とされている。

通説によれば、六百一年(推古天皇九年)、聖徳太子(しょうとくたいし)は斑鳩の地に斑鳩宮(いかるがのみや)を建て、この近くに建てられたのが「法隆寺である」とされ今に伝わっている。

とは言え、法隆寺(ほうりゅうじ)について「日本書紀」には六百七十年の火災の記事があるが、それは創建とされる六百七年からおよそ七十年後に当たる年の出来事で、創建そのものについては何も書かれていない。

その存在に疑惑が在る聖徳太子(しょうとくたいし)とゆかりが在るとされる法隆寺(ほうりゅうじ)が、太子がリアルタイムで創建に拘(かか)わったかどうかで、実在は証明される所だが今の所確たる物は無い。

ならば可能性としてだが、後世の聖徳太子(しょうとくたいし)捏造者が法隆寺(ほうりゅうじ)に目を着けて、または法隆寺(ほうりゅうじ)その物が太子創建を名乗り出た可能性も否定出来ない。

勿論、千四百年から経た世界最古の木造建築とされる西院伽藍を含むなど、法隆寺(ほうりゅうじ)は聖徳太子(しょうとくたいし)存在の真贋に関わり無く、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された文化遺産である。

「辻褄(つじつま)が合わない事を信じるのが信仰だ」と言ってしまえばそれまでだが、信仰の対象に成って居る「聖徳太子(しょうとくたいし)の超人的カリスマ性」は、後世の知恵である可能性が強い。

「超人的能力が在った」とカリスマ性が伝えられ信仰の対象となっている「聖徳太子は架空の存在だ」としながらも、「聖徳太子」のモデルとなった厩戸皇子(うまやどのみこ)と言う人物の存在と、その人物が斑鳩宮及び斑鳩寺を建てた事は史実と主張する歴史学者も居る。

但し厩戸皇子(うまやどのみこ)としては、当時「目立った働きが在った」と言う伝承も無く、推古天皇を太子として補佐した痕跡も無い。

益してや、厩戸皇子(うまやどのみこ)誕生の経緯が、イエスキリストの誕生シーンに如何にも酷似している所から、厩戸皇子(うまやどのみこ)の存在その物が後世の捏造である疑いもある。

詳しくは、小論【聖徳太子は実在したか?その疑惑を追う】を参照ください。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-03-14 20:09 | Comments(0)  

創られた歴史のミステリー

まだ混同している方が多いのだが、古事記日本書紀は編纂目的に「統治に利用する」と言う意図があり、実質現代では正史ではなくあくまでも参考書の位置付けである。

近頃ネット上に氾濫している由々しい事だが、歴史解説で重要な事は、所謂(いわゆる)側坐核(そくざかく/脳部位)に起因する「虚の伝承」を基にして、平気で正史とする事は止めて貰いたい。

例えばそれは、「誓約(うけい)解釈」をあくまでも文化としての歴史である神話のままに「アマテラスとスサノオが行った誓約(占い)の事」などと解説する事である。

益してや誓約(うけい)について、姉・アマテラス(天照大神)が、「弟・スサノオ(須佐之男/須佐王)に邪心があるかどうかを占う」なんて解釈は、まったく真実の確信に触れては居ない。

何故なら、スサノオ(須佐之男/須佐王)とアマテラスオオミカミ(天照大神)は姉弟神ではなく、別の出自の渡来部族だからである。
だからこそ両部族は天岩戸の前で宴を開き、誓約(うけい)の性交儀式によって身内に成り、両部族は血流的に混血して一体化する知恵を働かせた。

加羅族(からぞく/農耕山岳民族)系・「アマテラスオオミカミ(天照大神)」は邪馬台国卑弥呼であり、呉族(ごぞく/海洋民族)系・「スサノウ(須佐王)」とは本来異部族なのだが、誓約(うけい)で大和合=「大和国(やまとのくに)」した証である。

それらは、混在している「現実の歴史」と「文化としての歴史」の二つの内、文化として観念を基とする幻想を「正史」として後世に「虚の伝承」を伝える事である。

そもそも古事記・日本書紀には、天皇の統治に正当性を補完する為にカリスマ(超人)性を積み重ねる目的があり、同時に征服氏族が原住縄文人・蝦夷族の土地を取り挙げ隷属化した事への後ろめたさを消す目的が在って、征服氏族は神々に成った。

実は天武大王(てんむおおきみ/第四十代天皇)が「天皇」を名乗る以前は、皇統が途絶えた可能性は無数に在る。

しかし明治維新後に隆盛した「皇国史観(こうこくしかん)」に拠って「万世一系」が強調され、それらの研究はタブー視され、結果古事記・日本書紀の記述がそのまま日本史解釈の根幹を為す考え方で一般的に広まり定着している。

現在のネット上でも、「虚」である「文化としての歴史」が歴史関係の解説として並んでいるが、その疑惑を充分承知していて無責任にも、「古事記・日本書紀に拠ると」などと逃げを打って記述している。

これをやってしまうと、虚像である聖徳太子も実在する事に成って「太子がああ言った、こう遣った」として、後の人の知恵を「太子の教え」と言い出す。

古事記・日本書紀もそんな所だが、もっと酷いのは「他国の文書卑弥呼の名前の記載が在るから」と言って、実はまだ国内では誰とも特定もされていない卑弥呼を、無条件で「卑弥呼の墓が見つかった」と言って良いのだろうか?

「虚(きょ/感性)」の現象の原因として、江戸期に始まった娯楽、草紙(小説)、芝居の舞台本(脚本)のヒーローは、本人及び身内の自画自賛や後世の人々がかなり膨らましてデッチ挙げた物が多い。

読み物や映像は、創作エピソードが豊富なほど感性を満足させ、「娯楽読み物」としては読み応えが、「娯楽映像」としては鑑応えがある。

しかしこうした創作エピソードの多い読み物や映像は、歴史の混乱を避ける為に、読者や映像鑑賞者が「歴史」ではなく「時代物」として分けて受け取るべきである。

テレビ局の安易な番組製作も困ったもので、まだ真贋を論争中の事項にも「文化としての歴史」を定説として「歴史クイズ番組」を成立させ、また「歴史検証番組」にも「文化としての歴史」をそのままに放映している。

そしてそれらが繰り返し演じられると、あたかもそれが今を生きる一部の人々に「事実としての正史」と誤解されて現代に到っている。

有名な脚色・創作例は、牛若丸(源義経)と弁慶の「京の五条橋に於ける出会い」の下り、日吉丸(豊臣秀吉)と蜂須賀小六(正勝)の「矢作橋の出会い」、宮本武蔵と岩流(佐々木小次郎)の「舟島(巌流島)の決闘の詳細」などが挙げられる。

此処まで行くと極端だが、もっと酷い創り話しに、「水戸黄門漫遊記」や「暴れん坊将軍」などの時代劇が在る。

勿論ここまで極端だと信じる者は少なく、完全に娯楽作と解されてはいる。

また、歴史には連続性が在るにも拘わらず、その検証をせずして突如その時代だけを切り取って勝手に解説するのも間違いの基と心得て欲しい。

つまり古事記・日本書紀の天孫降臨伝説以前から、日本列島には原住縄文人が居たのである。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-03-13 18:39 | Comments(0)  

厳島神社(いつくしまじんじゃ)・宮島(みやじま)

俗に「安芸の宮島」と呼ばれる厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、日本全国に約五百社ある厳島神社の総本社とされ、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社である。

厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、式内社(名神大社)・安芸国一宮で、旧社格は官幣中社、現在は神社本庁の別表神社に指定されていて「平家納経(平安時代に平家一門がその繁栄を願い、厳島神社に奉納した経典類の総称。)」でも有名である。

厳島神社のある厳島(宮島)は「日本三景」の一となっていて、高さ十六メートルの大鳥居(重要文化財)も春日大社(奈良県)と気比神宮(福井県)の大鳥居に並ぶ「日本三大鳥居」の一とされ、ユネスコの世界遺産(文化遺産)となっている。

厳島神社の平舞台は、四天王寺(大阪市天王寺区)の石舞台、住吉大社(大阪市住吉区)の石舞台と共に「日本三舞台」の一である。

祭神は、朝鮮への海上交通の平安を守護する玄界灘の神として、宗像大社(福岡県宗像市)に祀られている宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)である。

三柱(みはしら)の女神「宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)」は、大和朝廷によって古くから重視され祀られていた。

その厳島神社(いつくしまじんじゃ)三柱の女神の一神・市杵島姫命は神仏習合時代に弁才天と習合し大願寺として、大願寺は・江島神社(神奈川県江の島)・都久夫須麻神社(滋賀県竹生島)と共に「日本三弁天の一」ともされている。

厳島神社のある宮島は、古代より島そのものが神として信仰の対象とされて来たとされている。

五百九十三年(推古天皇元年)、土地の有力豪族で在った佐伯氏・佐伯鞍職が社殿造営の神託を受け、勅許を得て御笠浜に社殿を創建したのに始まると伝わる。

文献での初出は八百十一年(弘仁二年)で、「延喜式神名帳」では「安芸国佐伯郡 伊都伎嶋神社」と記載され、名神大社に列している。

厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、平安時代末期に平家一族の崇敬を受け、千百六十八年(仁安三年)頃に平清盛が社殿を造営したが、千二百七年(建永二年)と千二百二十三年(貞応二年)の二度の火災で全てを焼失した。

厳島神社は平家の守り神で、平家一門の隆盛とともに当社も盛え、平家滅亡後も源氏をはじめとして時の権力者の崇敬を受けた。

現在残る神社の社殿は、千二百四十年~千二百四十三年の仁治年間(鎌倉幕府北条執権(得宗家)時代)以降に造営されたものである。

戦国時代に入り世の中が不安定になると社勢が徐々に衰退するが、毛利元就が千五百五十五年(弘治元年)の「厳島の戦い」で勝利を収め、厳島を含む一帯を支配下に置き、元就が当社を崇敬するようになってから再び隆盛した。

中国地方の覇者となった毛利元就は大掛かりな社殿修復を行い、また日本全国を制覇した豊臣秀吉も九州遠征の途上で当社に参拝し、大経堂を建立している。

江戸時代には、庶民の娯楽の一つとして厳島詣が民衆に広まり、門前町や周囲は多くの参拝者で賑わった。

明治維新が落ち着いた千八百七十一年(明治四年)に厳島神社は国幣中社に列格し、千九百十一年(明治四十四年)に官幣中社に昇格した。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-03-10 00:47 | Comments(0)