「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ヒンドゥー教シヴァ神の御神体・リンガ(男根神)

インドの国名にも成って居るヒンドゥー教の神々の王「インドラ」を迎える祭り、「インドラジャトラ」はネパール最大の祭りである。

ネパールとインドのヒンドゥー教徒の住む地域には 刑務所は在るけど墓地は無く、火葬後に聖なるナルマダ川(インダス川上流の支流)に流す事が人々にとっては当たり前の葬儀である。

日本人は、日本に於ける中国伝来の木造仏教建築様式を「仏教建築」として解釈しているが、ネパールなどに行って観るとその考えは覆(くつがえ)される。

実は大仏殿・五重塔などの木造建築様式のルーツは、神々を擁する多神教・ヒンドゥー教が起源であり、それが中国で合習されから日本にもたらされたものである。

ヒンドゥー教は、性典・カーマスートラを生み出した信仰である。

従って日本では一般的に「仏教」として受け取っているものに、ヒンドゥー教起源のものが多く、当初はその性に対しておおらかな教義が伝わっていても不思議は無い。

シヴァ神の寺院で安置されている御神体は、リンガとヨーニの二つの部分からなり、ヨーニは女性器の象徴、リンガは男性器の象徴で、性交した状態を示している。

シヴァ神はヒンドゥー教の三最高神の一柱で、人々は性交しているシヴァ神を女性器の内側から見ている形になっている。

これは、シヴァ神が女性と性交をして現われたのがこの世界で、それが我々の住んでいる世界と言う意味である。

そのシヴァ神が宿る石、シバリンガ(クリプトクリスタリンクォーツ)は、御神体とされ崇められてきた聖なる石で、ナルマダ川で採取される天然石である。

リンガは御神体を意味し、ヒンドゥー教に於ける男性器は神が賜(たまわ)れし「リンガ」である。

元々弘法大師(こうぼうだいし/空海)が中国から持ち帰った経典を現代の先入観に当て嵌めて真言密教を理解しようとする所に無理がある。

弘法大師(こうぼうだいし/空海)が中国から持ち帰った経典には、ヒンドゥー教の経典も多数含まれていた事から、真言密教が生まれた。

ヒンドゥー教は、シヴァ神の御神体・リンガ(男根神)を仰(あお)ぐ信仰で、人々は性交しているシヴァを女性器の内側から見ている形になっている。

性典・カーマスートラを生み出した性に対しておおらかな信仰の教義が、弘法大師(こうぼうだいし/空海)の手で伝わった。

この性に対しておおらかな信仰の教義が、陰陽修験道師の手によって全国に喧伝され、神道と集合して人身御供の儀式男根神を祀る神社が出た。

関連小論・【ヒマラヤ桜と染井吉野・桜と毛虫】を御参照下さい。

関連記事
遥か世界の屋根に見る「夜這いのルーツ」
「夜這いのルーツ」の国々
奇祭・男根型ご神体
フェール・エチル・アミン】に飛ぶ。
夜這い】に飛ぶ。
暗闇祭り(くらやみまつり)】に飛ぶ。
真言宗当山派/東密】に飛ぶ。
集団婚(群れ婚)】に飛ぶ。
共生村社会(きょうせいむらしゃかい)】に飛ぶ。
村落に於ける「分かち合いの精神」】に飛ぶ。
擬似生殖行為】に飛ぶ。
民族性・・「個の性規範」と「集団の性規範」の違い】に飛ぶ。
虚弱精子劣性遺伝と貧乏人の子沢山】に飛ぶ。
精子劣勢遺伝とⅩY染色体】に飛ぶ。
性欲本能と人類共生】に飛ぶ。
寝屋子宿(ねやこやど)・寝宿(ねやど)】に飛ぶ。
集団就職(しゅうだんしゅうしょく)】に飛ぶ。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-26 19:15 | Comments(0)  

古事記・日本書紀の皇統神格化疑惑

古事記日本書紀の皇統神格化の為の内容捏造疑惑(ないようねつぞうぎわく)は、日本史研究者の間では大きな課題である。

明快に言ってしまえば、記紀神話(古事記・日本書紀)の伝説は「渡来氏族に依る日本列島経営の為の陰謀」である。

例えば元々聖徳太子(しょうとくたいし)が生きていたとされる時代は六百年前後(六百二十二年没)である。

その太子没後百年近い七百二十年に編纂された日本書紀に記述された太子生前(リアルタイム)の名は、厩戸皇子(うまやどのみこ)と言う名である。

だが、そもそもこの厩戸皇子(うまやどのみこ)生誕の下りがイエス・キリストの生誕伝承と余りにも似ている。

その事から、厩戸皇子(うまやどのみこ)が西洋からの伝聞を借用して「日本書紀に創造された人物」との指摘が大勢を占めている。

立太子した者は次期大王(おおきみ/天皇)であり、もし聖徳太子が実在の人物ならば聖徳太子が皇位に就いた事実が、理由も無しに無い事は説明が着かない。

聖徳太子に関しては、後の六百四十五年に蘇我入鹿(そがのいるか)が「乙巳の変(いっしのへん・おっしのへんの変)」で中大兄皇子(なかのおおえのおうじ/葛城皇子)に抹殺された。

中大兄皇子(後の天智天皇)らが蘇我入鹿を暗殺し蘇我氏本宗家を滅ぼした乙巳の変(いっしのへん)と、その変の後に行われた政治改革を総称して「大化の改新(たいかのかいしん)」と言う。

飛鳥時代の六百四十六年、孝徳天皇二年に改新の詔(かいしんのみことのり)が発布された事を称する豪族中心の政治から天皇中心に戻した政治的改革として知られる。

しかし近年では、この「大化の改新(たいかのかいしん)」と言われる一連の改革は、日本書紀編者による創作ないしは後世の過大評価であるとその存在が疑われている。


蘇我氏(そがうじ)は、乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)の変事に拠って討ち取られた。

その変事の理由を補完する為に、蘇我一族が聖徳太子一族を「一人残さず攻め滅ぼした」としている。

そして蘇我氏(そがうじ)に「一族ことごとく討ち取られた」とされる「聖徳太子とその一族」が、没後百年以上を経て成立した「日本書紀」などの史料に「初出」と言う形で出現する。

つまり聖徳太子の出現は、蘇我氏(そがうじ)を殊更悪しき存在としてその後に起こった乙巳の変(いっしのへん)の変事を正当化するものである。


中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)は後の天智天皇(てんちてんのう / 第三十八代)で、民に慕われるべきご神体である。

当然ながら「乙巳の変(いっしのへん・おっしのへんの変」での蘇我入鹿(そがのいるか)抹殺には、「蘇我一族は悪い連中」と言う民が納得する正統な理由が伝承されなければ成らない。

つまり日本書紀は、蘇我一族が「聖徳太子一族を滅ぼした」とする汚名を着せて「大化の改新(たいかのかいしん)」の正当性をでっち上げ、合わせて元々存在しなかった太子一族について日本書紀編纂時に太子一族の末裔が一人も居ない事の言い訳をした。

こうした伝聞借用や政治的捏造(ねつぞう)の疑惑に関しての事例は、古事記・日本書紀には沢山ある。

例えば古事記によると、神武大王(じんむおおきみ/初代天皇)に始まる皇室の五代前に、高天原から光臨したニニギノ命(みこと)が、「日向の高千穂のくしふる峰に降りた」と記されている。

これをもって、日向国・高千穂への天孫降臨とする解釈も多い。

しかしこの「高千穂のくしふる峰」の記述が、朝鮮半島の加耶(伽耶諸国/加羅)の建国神話である「加耶国」の始祖・首露王(スロワン/しゅろおう)が「亀旨峰(クジボン)に天降る話」・・・と似ているとの指摘が在る。

つまり、「記紀神話(古事記・日本書紀)」の一部は、中国大陸や朝鮮半島・加耶(伽耶諸国/加羅)から持ち込み輸入された伝承を採用し加工して記載した疑いが強いのである。


いずれにしても、「古事記・日本書紀編纂」の目的は皇統の神格化であるから、その目的の為に実史にアレンジを加えて成立させた物語である。

参考小論・【天孫降(光)臨伝説と木花咲耶姫(このはなさくやひめ)】を参照下さい。

陰陽師起源の詳しくは、小論【陰陽師=国家諜報機関説】を参照下さい。

関連記事
単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。

参考小論【聖徳太子は実在したか?その疑惑を追う】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-14 14:35 | Comments(0)  

傅役(ふやく/お守り役)

傅役(ふやく)の傅(ふ)は傅(かしずき)と読み、皇室・貴族社会・武家社会での意味は世継ぎを大切に世話をし育てる事である。

傅役(ふやく)の始まりは律令制下の朝廷で、皇太子の指導を司(つかさ)どった役を「東宮傅(とうぐうふ)」と言う役職だったからである。

天皇の居所・皇宮から見て東方に位置する宮の御所を東宮と言う。

東は五行説で春に相当する為に春宮(とうぐう/はるのみや)とも記され、易では長子を意味する為、皇太子の居所・東宮御所(とうぐうごしょ)とされる。


従って傅役(ふやく)を簡単に言えば、高貴な立場の者の養育係の責任者で、戦国武将の大事な嫡男の傳役(ふやく/お守り役)は家臣の中でも最も信頼に足る者が選ばれた。

例えば、織田信長の傅役(ふやく)は平手政秀、豊家第二代・豊臣秀頼の傳役(ふやく)は五大老のひとり前田利家である。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-14 00:37 | Comments(0)  

殿(しんがり)と「金ヶ崎の戦い」

殿(しんがり)とは軍事用語で、撤退する部隊の中で最後尾の箇所を担当する部隊を指し、敵の追撃を阻止し本隊の後退を掩護する事を目的とする。

最後尾で行動する意味の「しりがり(後駆)」が変化した語で、同義語には「殿軍(でんぐん)」、「後備え(あとぞなえ)」、「尻払い」が変化した「しっぱらい」などが在る。

その撤退作戦で損害を最小限に止める目的の為に、殿(しんがり)は本隊から支援や援軍を受ける事もできない。

殿(しんがり)は、限られた戦力で敵の追撃を食い止めなければならない最も危険な任務であった為、古来より武芸・人格に優れた武将が務める大役とされて来た。

この殿(しんがり)作戦で今に残る有名な作戦が、織田信長が危機一髪と成った「金ヶ崎の戦い」の殿(しんがり)作戦である。

「金ヶ崎の戦い」は、若狭の朝倉義景(あさくらよしかげ)攻め出陣中の織田信長の軍勢が、江北・浅井長政(あざいながまさ)に挟み撃ちに在って形勢不利と判断し撤退した作戦である。

従来、「金ヶ崎の戦い」の殿(しんがり)は、「木下藤吉郎(羽柴秀吉)だった」と定説化されていた。

しかし実は、池田勝正が金ヶ崎で殿軍を率いて朝倉軍の追撃を撃退し、木下藤吉郎は殿軍の一武将として功をあげ織田信長から褒美を得た事が判っている。

織田武将を表現した「木綿藤吉(丈夫でよく働く/秀吉)、米五郎左(地味だけど無いと困る/丹羽長秀)懸かれ柴田(勇猛果敢/勝家)退き佐久間(退却戦が得意/信盛)」と言う「はやり歌(言葉)」がある。

その表現から、佐久間信盛は「殿(しんがり)を巧く熟(こ)なせる人物であった」と伝えられるが、信盛は結局、信長が退いて欲しく無い場面でも退いて信長を怒らせている。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-13 20:38 | Comments(0)  

極東の隣国同士

日本人には歪んだ「帰属意識(民族意識)」が既成概念的に植え付けられていて、日本の皇室は高貴だから「朝鮮人を皇族の嫁になどする訳がない」と言う実に感情的な発想で、歴史を考えてしまう。

「日本人は純粋な民族である」と、過剰な民族意識から日本人が「信じたがる物語」だが、それはとんでもない誤解である。

当初の倭人(わじん)の住域に朝鮮半島も日本列島の西半分も含まれ、皇室の祖先は「朝鮮半島からやって来た」と言うのが正解である。

その後朝鮮半島と日本列島の交流が疎遠になり、歴史を刻んで各々が別の「帰属意識(民族意識)」を育てた事は否定しないが、それは同じ「倭人(わじん)同士」としての交流が途絶えて以降の事である。

「倭人(わじん)同士」としての交流から別の民族・別の国家分かれても、隣国と言う地理的条件は変えられない。

日本語の一(いち)は、韓国語では「一(ハナ)」である。

これが定着した日本語が「しょっパナ(初パナ)」や「ハナから~だった」で、何故か強烈な韓国嫌いの日本人の方も平気で使って居る。

中国語(中文/ツゥンウェン)で、聞いて判らないは「ティンプトン/聴不a�」、見て判らないは「カンプトン/観不a�」、これが定着した日本語がチンプンカンプン(理解不能)である。

つまり日本人の大半は、民族や国家の「帰属意識」のイメージ優先だけで、相手の事を然(さ)して勉強もして居ない事が、聞いて居て少し恥ずかしくなる。

こう言う半端な国粋主義者の方に限って「もう日本語に成って居る」と強弁するかも知れないが、「ハナ」も「チンプンカンプン」もカタカナ表記が正式の外来語扱いである。

つまり隣国同士は影響を受け合って今日に至るのに、とかく歴史的背景からの感情優先に成り勝ちで、互いに「とにかく気に入らない」が先に立って譲らない。

同様に相手国の人々も、隣人である日本から多くの影響を受けているのに民族や国家の帰属意識優先のイメージを膨らませて敵対感情を醸成している。

個々に遭う相手国の方々と話してみれば、それほど敵意むき出しでは無いのに、これが民族や国家の「帰属意識」が絡むと豹変してしまう。

「帰属意識」や「国家観(政治思想)」に「信仰」まで加わると、民族や国家の対立はもうどう仕様も無い。

我輩が思うに、他民族乱立の地・日本列島に於いて日本民族を成立させた知恵の様に、本来は知恵を絞って隣国人と互いに共存共栄をはかるに越した事が無い。

だが、国家の統治を安定させる目的で政府当事者が、こうした「帰属意識」や「国家観(政治思想)」を自国民に事更教育し、対立感情を煽って不満の逃げ口にしている。

確かに相手がそう言う状態では片方が努力しても話しに成らず、相応の対抗をして行かなければ成らない。

只、ここで疑問だが、そうした国々の国民が、平和で平穏な生活よりも「帰属意識」や「国家観(政治思想)」、そして「信仰」の為に「本当に死にたい」のだろうか?

特に現在の中東では、指導者の意思のままに「民族と信仰と領土」が血で血を洗う痛ましい殺戮の連鎖を引き起こしている。

そう、「殉教する事が幸せ」と教育されて育つ人々はそれを疑わないかも知れないが、それは「思想教育」の結果であって、本来、生物の一種としては「生存本能」が自然である。

つまり「殉教」など、生物学的には在り得ない事であるが、人間には「理性」と「感性」が共存してい。

いつも心して居ないと、その内の「感性」が「帰属意識」や「国家観(政治思想)」、或いは「信仰」で共鳴すると「理性」が利かない暴走をしてしまう。

隣国故の相反する歴史認識を持ち、中国も韓国も今は問答無用で「帰属意識」や「国家観(政治思想)」を日本に押し付けて来る。

哀しい事に、極東の隣国同士が本当に手を取り合わなければ、互いに良い顔をして暮らせないでは無いか?

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-10 03:13 | Comments(0)  

毘沙門天(びしゃもんてん/ヴァイシュラヴァナ・多聞天/たもんてん)

インド・ヒンドゥー教由来の毘沙門天(びしゃもんてん/ヴァイシュラヴァナ)は仏教に於ける天部の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神である。

密教に於いて毘沙門天(びしゃもんてん)は、十二天の一尊で北方を守護するとされている。

武神ではあるが、「毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)」は、インド神話の財宝神・クベーラを前身とする為、財運信仰の象徴として七福神の一神に数えられる。

インドの財宝神・クベーラはシヴァ神と親しく、ヤクシャ族(薬叉、夜叉)の王とされ、ラークシャサ族の王であるラーヴァナとは異母兄弟に当たる。

尚、毘沙門(びしゃもん)と言う表記は、ヴァイシュラヴァナを中国語(中文)で音写したものである。

弘法大師(こうぼうだいし/空海)が中国から持ち帰った多くの経典はヒンドゥー教の訳書であり、密教の教えにはその教義が採用されていた。

ヴァイシュラヴァナと言う称号は本来「ヴィシュラヴァス (神の息子)」と言う意味で、彼の父親の名に由来するが、「良く聞く所の者」と言う意味にも解釈できる為、多聞天(たもんてん)とも訳された。

日本では四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例である。

そしてこの「良く聞く所の者」と言う意味のヴァイシュラヴァナのインド神話の伝承が、「一度に多くの者の発言を聞き分ける」と言う超能力、聖徳太子の多聞伝承に組み込まれて、豊聡耳(とよとみみ、とよさとみみ)とも称号され、太子の神格化に使われた。

関連記事
真言宗当山派/東密】に飛ぶ。
真言(密教)立川流】に飛ぶ。
真言(密教)立川流の謎】に飛ぶ。
真言密教立川流と金沢文庫(かねさわぶんこ)文献の怪】に飛ぶ。
ヒンドゥー教と日本の信仰】に飛ぶ。
梵語(ぼんご/サンスクリット語)】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
吉祥天(きっしょうてん)=女神・シュリー.ラクシュミー】に飛ぶ。
弁財天と観世音菩薩と女神・サラスヴァティー】に飛ぶ。
七福神信仰(しちふくじんしんこう)】に飛ぶ。
カーマ・スートラ(インド三大性典のひとつ)】に飛ぶ。


第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-03 00:37 | Comments(0)  

七福神信仰(しちふくじんしんこう)

弘法大師(こうぼうだいし/空海)が中国(唐時代)の長安に渡り、青龍寺で恵果から学んだ密教を、帰国後東寺を基盤として布教したので「東密」と呼ばれた。
その大師(だいし/空海)が日本にもたらした「東密」に、福をもたらす神達の「七福神信仰」の元となる神々が伝えられている。

「七福神信仰」は室町時代後期に成立し、神仏習合に拠って日本中の神社・仏閣に御神体として祀られている。

弘法大師(こうぼうだいし/空海)は、真言密教に日本の恵比寿信仰から取り上げた外は、これらの神々を大師が中国から持ち帰ったものだが、その由来は中国に止まらずインドのヒンドゥー教の神をも合習している。

そうして弘法大師(こうぼうだいし/空海)が日本に伝えた神仏を、庶民が自然発生的に「福を授かる縁起が良い神仏」として集合させたのが、「七福神信仰」だった。


その一、「恵比寿恵(比寿尊・夷・蛭子/真言・おんいんだらやそわか) 」は、唯一日本由来の神様で、古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となった。

その二、「大黒天(真言・おんまかきゃらやそわか)」は、 インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神と日本古来の大国主命が習合し、大黒柱と現される様に食物・財福を司る神となった。

その三、「毘沙門天(真言・おんべいしらまんだやそわか)」は、 元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神で、これが仏教に取り入れられ日本では毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)と呼ばれる。

毘沙門天は仏教に於ける天部の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神である。

武神ではあるが、「毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)」は、インド神話の財宝神・クベーラを前身とする為、財運信仰の象徴として七福神の一神に数えられる。

その四、「弁才天 (弁財天/真言・おんそらそばていえいそわか)」は、 七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神で、七福神の一柱としては「弁財天」と表記される事が多い。

その五、「福禄寿(真言・うんぬんしきそわか)」は、寿老人と同一神ともされ、道教の宋の道士天南星、または、道教の神で南極星の化身の南極老人を言う。

その六、「寿老人(寿老尊 /真言・うんぬんしきそわか) 」は、道教の神で南極星の化身の南極老人(なんきょくろうじん/カノープス・りゅうこつ座α星)を言う。

その七、「布袋(布袋尊 /真言・ おんまいたれいやそわか)」は、唐の末期の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在し、常に袋を背負っていた事から「布袋」と言う俗称が付いた仏教の僧・釈契此(しゃくかいし)を神格化したと伝えられている。

関連記事
真言宗当山派/東密】に飛ぶ。
真言(密教)立川流】に飛ぶ。
真言(密教)立川流の謎】に飛ぶ。
ヒンドゥー教と日本の信仰】に飛ぶ。
梵語(ぼんご/サンスクリット語)】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
吉祥天(きっしょうてん)=女神・シュリー.ラクシュミー】に飛ぶ。
弁財天と観世音菩薩と女神・サラスヴァティー】に飛ぶ。
毘沙門天(びしゃもんてん/ヴァイシュラヴァナ)】に飛ぶ。
カーマ・スートラ(インド三大性典のひとつ)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-02 05:56 | Comments(0)