<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

秀吉の小田原平定

九州征伐から四年、千五百九十年(天正十八年)に天下統一に避けては通れ無い秀吉の最後の決戦・勝ち残り組みの一家・関東の覇者・後北条氏に対する小田原平定が始まる。

秀吉方の主力十七万の大軍は、東海道から山中、韮山、足柄の三城を突破し、同時に水軍一万で伊豆半島をめぐって下田城を陥落させ、小田原に迫らせる。

東山道を進む秀吉方北国勢・三万五千も関東の支城を攻略しつつ、小田原城の孤立を図って行く。

対する後北条氏は、精鋭部隊五万を小田原城に集め篭城を挑むも、秀吉方の石垣山一夜城が完成した事で後北条側に決定的な打撃をもたらした。

この時、北条氏の一族・重臣が豊臣軍と徹底抗戦するか降伏するかで長く紛糾した。

為に、本来は月二回ほど行われていた後北条家に於ける定例重役会議であった「小田原評定」と言う言葉が、「一向に結論がでない会議や評議」という意味合いの故事として使われるようになった。

なお、この小田原平定戦の支戦・忍城(おしじょう/埼玉県行田市/城代・成田長親)の戦いで、石田三成を大将する秀吉方は攻めあぐみ、三成の武将としての才の無さを露呈する。

この忍城(おしじょう)篭城戦が、映画「のぼうの城」のモデルになった。

秀吉は後北条氏の五万の兵が篭城する居城・小田原城を総計二十一万に上る大軍勢で包囲し、北条氏政・北条氏直父子を投降させる小田原攻め(小田原平定)を敢行する。

氏直はネゴシェーター(交渉人)として小田原城に単身命がけで乗り込んで来た黒田官兵衛の説得を聞き入れる。

氏直は徳川勢の陣に向かい、己の切腹と引き換えに城兵を助けるよう申し出、小田原城は陥落する。

戦後処理では、後北条の旧領はほぼそのまま徳川家康に充てがわれる事と成る。

この小田原攻めの時点で東北に覇を唱えた伊達政宗は羽柴秀吉に臣従し、小田原攻めに加わって領地は減封されたが伊達家は大名として生き残っている。

この羽柴秀吉の天下人を確実にさせた一連の四国攻め・九州征伐・小田原平定、実は作戦参謀役の弟・羽柴秀長が「軍師として発揮した力は大きい」と言われている。

千五百八十五年(天正十三年)【秀吉の四国攻め
千五百八十七年(天正十五年)【秀吉の九州征伐
千五百九十年 (天正十八年)【秀吉の小田原平定】この頁

関連記事
豊臣秀吉】に飛ぶ。
日吉神社(日枝神社)と豊臣秀吉】に飛ぶ。
豊臣秀吉(とよとみのひでよし)その出自の疑惑】に飛ぶ。
北政所「おね(ねね)」と生家・杉原(木下)家】に飛ぶ。
黒俣(すのまた)一夜城(秀吉出世城)】に飛ぶ。
秀吉中国大返し・奇跡の謎(一)~(四)】に飛ぶ。
武将と髭(ひげ)と影武者と・・山崎合戦】に飛ぶ。
清洲会議(きようすかいぎ)】に飛ぶ。
賤ヶ岳の合戦(しずがたけのかっせん)】に飛ぶ。
小牧・長久手(こまき・ながくて)の戦い】に飛ぶ。
秀吉の紀州(根来衆・雑賀衆)征伐】に飛ぶ。
太閤刀狩(たいこうかたながり)】に飛ぶ。
文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき/朝鮮征伐)】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-05-20 18:46 | Comments(0)  

秀吉の九州征伐

九州征伐は、千五百八十六年(天正十四年)七月から千五百八十七年(天正十五年)四月にかけて行われた、羽柴秀吉(豊臣賜姓)島津氏との戦いの総称である。

戦国時代後半の九州地方は、盛強な戦国大名三者による三つ巴の抗争が展開され、これを「大友・龍造寺・島津の三氏鼎立時代」などと呼称する。

三者の内から薩摩の島津氏が日向の伊東氏、肥後の相良氏、阿蘇氏、肥前の有馬氏、龍造寺氏などを下し、著しく勢力を拡大する。

さらに島津氏は、大友氏の重鎮・立花道雪の死により大友氏の支配がゆるんだ筑後の国人衆も傘下に収め、北九州地方への影響力も強めて、九州平定をほぼ目前にしていた。

大友宗麟(義鎮)は、島津氏の圧迫を回避する為に羽柴秀吉に助けを求める。


長宗我部氏に対する四国攻めの翌年、天下統一に避けては通れ無い勝ち残り組みの一家・九州の覇者・島津氏に対する秀吉の九州征伐が始まる。

千五百八十六年(天正十四年)の初期の秀吉方の主軸は黒田孝高(如水)で、千五百八十七年(天正十五年)秀吉自身の出馬は、いわば最後の総仕上げだった。

羽柴秀吉は九州で大友氏を追い詰めて九州統一を目前にしていた島津氏の島津義弘を相手に九州の役(きゅうしゅうのえき)を起こし、約十ヶ月掛けて島津氏を薩摩領近くの出水、川内まで追い落として降伏させている。

島津氏は九州の大部分を没収されたが、島津義弘に薩摩・大隅の二ヵ国を安堵され九州は平定された。


この羽柴秀吉の天下人を確実にさせた一連の四国攻め・九州征伐・小田原平定、実は作戦参謀役の弟・羽柴秀長が「軍師として発揮した力は大きい」と言われている。

千五百八十五年(天正十三年)【秀吉の四国攻め
千五百八十七年(天正十五年)【秀吉の九州征伐】この頁
千五百九十年 (天正十八年)【秀吉の小田原平定

関連記事
豊臣秀吉】に飛ぶ。
日吉神社(日枝神社)と豊臣秀吉】に飛ぶ。
豊臣秀吉(とよとみのひでよし)その出自の疑惑】に飛ぶ。
北政所「おね(ねね)」と生家・杉原(木下)家】に飛ぶ。
黒俣(すのまた)一夜城(秀吉出世城)】に飛ぶ。
秀吉中国大返し・奇跡の謎(一)~(四)】に飛ぶ。
武将と髭(ひげ)と影武者と・・山崎合戦】に飛ぶ。
清洲会議(きようすかいぎ)】に飛ぶ。
賤ヶ岳の合戦(しずがたけのかっせん)】に飛ぶ。
小牧・長久手(こまき・ながくて)の戦い】に飛ぶ。
秀吉の紀州(根来衆・雑賀衆)征伐】に飛ぶ。
太閤刀狩(たいこうかたながり)】に飛ぶ。
文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき/朝鮮征伐)】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-05-20 18:44 | Comments(0)  

石田三成暗殺未遂事件

本人が大して力を持たない癖に周りに指示を出すと「トラの衣を借りる狐」と揶揄(やゆ)される。

この時代の求心力はあくまでも恩賞としての所領の獲得で、大名を潰してまで再分配するほどの力も、例え関が原で勝利しても、石田三成は豊臣政権の官僚(奉行職)と言うだけ権力の裏付けは無い。

つまり大々名の徳川家康と違い、所領が二十万石(十九万四千石)程度と中堅大名の三成には、恩賞を取り仕切れる絶対的な信用は武将達に無かった。

もっともこの態度は現代の会社組織にも通じる事で、幾ら肩書きが在っても人事権が無ければ部下は恐れないし動かない。

それを三成は、豊臣家の名で同格以上の者にまで強い態度で接して差配しようとする。

人間は、困った事に「信じて居たのに裏切られた」と言う被害者意識を持つが、良く考えて欲しい。

「信じて居た」は、相手に対する一方的な思い込みで、それを持って「裏切られた」と恨むのは「甘えた筋違い」と言うもので、ここで考えて欲しいのは「主体の置き方」である。

即ち一方的に相手を信じて満足するのではなく、「相手に信じて貰える努力をして来たか」と言う事である。

これは夫婦間から仕事仲間までで通じる事だが、例え表面に出さなくても心の内で相手をバカにした時から「裏切られる危険性」は格段に増す。

貴方が嫌いな相手は相手も嫌いが相場である。

以心伝心は「対人関係の基本」で、本人は上手く屋って居る積りでもその本心は態度の端々で相手に伝わるものである。

石田三成の悪い所は、学問は学んで利口になったがそれを絶対視して学問が新しい発想の原点に過ぎない事を忘れていた点である。

なにしろ三成は、小田原平定の支城・忍城(おしじょう)篭城戦で、大将として五倍を越える兵を指揮しながら攻め落とせなかった凡将である。

つまり理屈は合って居ても、世の中に通用し無い事は多々ある。

それでも困った事に、自らを利口と自覚する石田三成は、「何があろうとも相手が悪い」と言う傲慢な人間になっていた事である。

反面、良く考えて見れば石田三成に人気が無くて当然である。
彼は、豊臣諸大名に高クオリティを要求した。

その手法はワザワザ敵を作るようなもので、当然無骨一辺倒の大多数の現状派は、それを実現する自信の無さも有って反発する。

それを、「彼には人気が無い」と、一言でかたずけてはいささか不憫ではある。

石田三成は、周囲の知恵も無い同僚連中が「這いつくばってでも出世をしよう」としているのを馬鹿にしていた。

無骨で無知な彼らの取り得は、三成には到底出来ない主君・秀吉に人目も憚(はばか)らずゴマをすり、意見具申する事もなくひたすら言う事を聞く事である。

三成に言わせれば、調子が良いだけで中身に誠意は感じられない連中だった。

所が、三成には信じられない事だが世の中は上手く出来ているもので、案外そんな連中が主君に可愛がられて三成と然(さ)して変わらぬ知行地(所領)を得る出世するのだ。

主君・秀吉のそう言うところは三成も苦々しく思っていてが、現実だからし方が無い。

つまり根から正直なのは三成だけで、その調子が良い連中がこの豊臣家存亡を賭けた肝心な時に敵方に廻ったのだから、要は恩義など感じては居ず主君・秀吉への奉公も己の為の処世術だった訳である。

唯、己の才に慢心した石田三成は、同僚の粗(あら)ばかり観ていた。

他人を批判的な目でばかり見ている者は、人間関係を壊し、良い人生は築けない。

当然ながら、そうした悪しき考え方は、言わずとも態度で相手に伝わり、味方を失う。

特に「指導的な立場に立とう」と志す者は、相手の良い所も合わせて評価する度量の心掛けが必要で、その配慮に欠けて批判ばかりして居る者は指導的立場に立った時点で失敗する。

慶長の役の出兵の最中に太閤・秀吉が病死して朝鮮征伐が中止となり、出兵組が引き上げて来ると石田三成が豊臣家を我が物顔で取り仕切っている。

重鎮・前田利家が死去すると、面白くない武断派の武将七名が共に石田三成に対して露骨に敵対を始める。

福島正則加藤清正黒田長政細川忠興加藤嘉明浅野幸長と言うメンバーだが蜂須賀家政藤堂高虎がいずれかと入れかわってる場合がある。

この武断派の武将七名が結託し三成暗殺を計画が三成の大坂屋敷を襲撃して石田三成暗殺未遂事件を起す。

しかし、三成は事前に察知して佐竹義宣の助力を得、大坂から脱出して伏見城内に逃れ、伏見で追っての武将達と睨み合う内に徳川家康の取り成しの為に三成暗殺は失敗する。

しかしながら三成は、この騒動の結果、五奉行の職を解かれて居城・佐和山へ隠居の身となっている。

いずれにしても、石田三成は同僚の恨みを一身に買うが秀才故に敢えて放置してしまう。

この三成の態度が、関が原の合戦大阪の役での豊臣恩顧大名の動向結果になる。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-05-12 11:42 | Comments(0)  

加藤嘉明(かとうよしあき)

安土桃山時代から江戸時代にかけての武将として会津藩四十万石に昇りつめた大名・加藤嘉明(かとうよしあき)は、晩年に嘉明(よしあき)を名乗るまで、繁勝(しげかつ)を名乗っていた。

繁勝(しげかつ)は千五百六十三年(永禄六年)、三河国の松平家康(徳川家康)の家臣である加藤教明(岸教明)の長男として生まれる。

生まれた年の三河一向一揆で父・教明(岸教明)が一揆側に属して家康に背き、流浪の身となって繁勝(しげかつ/嘉明)も放浪する。

やがて尾張国で、加藤景泰(加藤光泰の父)の推挙を受けて羽柴秀吉(豊臣秀吉)に見出され、その小姓として仕えるようになる。

織田信長死後の千五百八十三年(天正11年)には、秀吉と織田家筆頭家老の柴田勝家との間で行われた賤ヶ岳の戦いで、繁勝(しげかつ/嘉明)は福島正則加藤清正らと共に活躍し、賤ヶ岳七本槍の一人に数えられた。

秀吉は信長の統一政策を継承し、繁勝(しげかつ/嘉明)は千五百八十五年(天正十三年)の四国攻め、千五百八十七年(天正十五年)の九州征伐、千五百九十年(天正十八年)の小田原征伐などに水軍を率いて参加した。

繁勝(しげかつ/嘉明)はこの間の武功から、千五百八十六年(天正十四年)には淡路国志智に於いて一万五千石を与えられ、大名に列している。

千五百九十二年(文禄元年)からの文禄の役では、繁勝(しげかつ/嘉明)は水軍を統率して李舜臣指揮の朝鮮水軍と戦った。

その功績により繁勝(しげかつ/嘉明)は、千五百九十五年(文禄四年)には、伊予国正木(愛媛県松前町)に六万石を与えられている。

その後の繁勝(しげかつ/嘉明)は、慶長の役に於いては、漆川梁海戦で元均率いる朝鮮水軍を壊滅させ、蔚山城の戦いでは明・朝鮮軍の包囲で篭城し、食糧の欠乏に苦しんだ蔚山城(倭城)の清正を救援する武功も立て、十万石に加増されている。


千五百九十八年(慶長三年)八月に秀吉が死去すると繁勝(しげかつ/嘉明)は帰国し、豊臣政権における五奉行の石田三成と五大老の徳川家康の争いでは家康方に属する。

千五百九十九年(慶長四年)、五大老の一人前田利家の死後に加藤清正らが三成殺害を企てた暗殺未遂事件事件には、繁勝(しげかつ/嘉明)も襲撃メンバーに参加している。

千六百年(慶長五年)、家康が会津の上杉景勝の謀反を主張して討伐を発令すると、繁勝(しげかつ/嘉明)も従軍する。

家康らの大坂留守中に三成らが挙兵し、引き返した東軍(徳川方)と美濃で衝突して関ヶ原の戦いに至ると、繁勝(しげかつ/嘉明)は前哨戦である岐阜城攻めや大垣城攻めに於いて戦い、本戦では石田三成の軍勢と戦って武功を挙げた。

留守中の伊予本国(伊予方面関ヶ原の戦い)でも、加藤家家臣の佃十成が毛利輝元の策動を受けた侵攻軍を撃退している。

その功績により、戦後、繁勝(しげかつ/嘉明)は伊予松山二十万石に加増移封され、完成は蒲生忠知の城主時代になるが、松山城の建築を開始している。


千六百十四年(慶長十九年)に起こった豊臣氏との戦いである大坂冬の陣では、繁勝(しげかつ/嘉明)は豊臣恩顧の大名であった為、家康に危険視される事を恐れて江戸城留守居を務める。

翌千六百十五年(慶長二十年)の大坂夏の陣では、繁勝(しげかつ/嘉明)は二代将軍・徳川秀忠に従って参陣した。

四年後の千六百十九年に起こった福島正則の改易で、繁勝(しげかつ/嘉明)は広島城の接収を行った。

千六百二十七年(寛永四年)会津の蒲生忠郷死後の騒動で蒲生氏が減転封された後を受けて、嘉明(よしあき)は会津藩四十万石に加増移封された。

大封を得た加藤家だが、嘉明の死後、家督を継いだ嫡男・明成が暗愚な為に家中で堀主水立ち退き事件を起こす。

江戸幕府の介入を招き、減封の上嗣子を立てて家名存続との裁定となるも、明成が息は無いと頑固に主張した為に嘉明(よしあき)が興した加藤家は改易されるに到る。

石田三成暗殺未遂事件】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-05-12 11:23 | Comments(0)  

西郷隆盛の奇病

西郷隆盛は、始めから「勝てない」と判っていて不満不平の鹿児島士族に依る武装蜂起の頭目を引き受けた。

隆盛の西南戦争於ける「敗戦覚悟の蜂起」の裏には、成し遂げた維新大業の名声と陰嚢(睾丸)が肥大化する奇病との板ばさみが在った。

隆盛は流刑先の沖永良部島で、風土病のバンクロフト糸状虫と言う寄生虫に感染し、この感染の後遺症で、象皮病(フィラリア症)を患っていた。

象皮症(フィラリア症)とは、寄生虫によって引き起こされる足や陰嚢(睾丸)に巨大な腫瘍を生じ、肥大化する奇病である。

晩年は、隆盛の陰嚢(睾丸)が人の頭大に腫れ上がっていた為に晩年の隆盛は馬に乗る事が出来ず、移動手段はもっぱら駕籠だった。

病とは言え、笑えない八畳敷き(たぬきのナントカ)、鼻付きの象(エレハントマン)で、隆盛のプライドは穏やかでは無かった。

今と成っては本人の心情を推測する他(ほか)無いのだが、その陰嚢(睾丸)肥大と言う外聞が悪い症状は、内心武士として潔(いさぎよし)しとは出来なかったのかも知れない。

西南戦争に於いて城山で自害し、何者かが介錯して首を持ち去った首のない死体を、隆盛本人のものと特定させたのはこの巨大に膨れ上がった陰嚢(睾丸)であった。

つまりかなり不自由な生活を強いられて生きるに疲れていた隆盛が、「命を賭して維新の仕上げをした」とは考えられないだろうか?

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

関連記事
西郷隆盛と大久保利通の幼馴染説は誤報】に飛ぶ。
薩長同盟(さっちょうどうめい)】に飛ぶ。
江戸城無血開城(えどじょうむけつかいじょう)】に飛ぶ。
征韓論】に飛ぶ。
西郷隆盛・鹿児島私学校 】に飛ぶ。
西南戦争/西南の役】に飛ぶ。
田原坂(たばるざか)の激戦】に飛ぶ。
可愛岳(えのだけ)】に飛ぶ。
西郷隆盛(さいごうたかもり)・城山の最期】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-05-03 01:42 | Comments(0)