<   2013年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

甘粕正彦(あまかすまさひこ)

甘粕正彦(あまかすまさひこ)は、日本の陸軍軍人で憲兵大尉である。

正彦(まさひこ)は名古屋陸軍地方幼年学校・陸軍中央幼年学校を経て、千九百十二年(明治四十五年)五月に陸軍士官学校を卒業する。

正彦(まさひこ)は陸軍憲兵大尉時代に、無政府主義者・大杉栄(おおすぎさかえ)らの殺害した「甘粕事件」を起こした事で有名である。

千九百二十三年(大正十二年)九月十六日、栄(さかえ)は柏木の自宅近くから、愛人・伊藤野枝(いとうのえ)、甥の橘宗一と共に憲兵に連行され殺害される。

「甘粕事件」は東京憲兵隊麹町分隊長の甘粕大尉が、関東大震災の混乱に乗じて、震災から半月後の九月十六日にアナキスト(無政府主義者)の抹殺を目論んで起した事件である。

殺害の実行容疑者として憲兵大尉の甘粕正彦と彼の部下が軍法会議にかけられ、甘粕正彦(あまかすまさひこ)と森は有罪判決となるも極刑は免れて居る。

正彦(まさひこ)は短期の服役後、千九百二十六年(大正十五年)十月に出獄し予備役となり、千九百二十七年(昭和二年)七月から陸軍の予算でフランスに留学する。

千九百三十年(昭和五年)、フランスから帰国後の正彦(まさひこ)は、すぐに日本を離れて満州に渡り、奉天の関東軍特務機関長・土肥原賢二大佐の指揮下で情報・謀略工作を行うようになる。


千九百三十一年(昭和六年)九月の柳条湖事件より始まる満州事変の際、正彦(まさひこ)はハルピン出兵の口実作りの為に奉天に潜入する。

正彦(まさひこ)は奉天で、中国人の仕業に見せかけて数箇所に爆弾を投げ込んだ。

その後正彦(まさひこ)は、清朝の第十二代皇帝・宣統帝の愛新覚羅溥儀擁立の為、満州国建設に一役買う工作を行う。

溥儀を天津から湯崗子まで洗濯物に化けさせて柳行李に詰め込んだり、苦力に変装させ硬席車(三等車)に押し込んで極秘裏に連行した。

その他、満州事変に関する様々な謀略に、正彦(まさひこ)は荷担した。

働きを認められ千九百三十二年1(昭和七年)の満州国建国後、正彦(まさひこ)は民政部警務司長(警察庁長官に相当)に大抜擢され、表舞台に登場する。

千九百三十九年(昭和十四年)、満州国国務院総務庁弘報処長・武藤富男と総務庁次長岸信介の尽力で正彦(まさひこ)は満洲映画協会(満映)の理事長となる。

満映理事長時代の正彦(まさひこ)は、日本政府の意を受けて満州国を陰で支配していたが、千九百四十五年(昭和二十年)八月の終戦直後、青酸カリで服毒自殺した。

詳しくは小論・【大正ロマンに観る好景気と風俗規範】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-09-04 13:48 | Comments(0)  

伊藤野枝(いとうのえ)

伊藤野枝(いとうのえ)は、日本の婦人解放運動家、作家、甘粕事件で愛人・大杉栄(おおすぎさかえ)と伴に殺害される。

野枝(のえ)は周船寺高等小学校を卒業して約九ヵ月間、家計を助けるため地元の郵便局に勤務しながら雑誌に詩や短歌を投稿する生活を送る。

そんな折、叔母(母の妹・代キチ)一家が東京から帰省して刺激を受け、野枝(のえ)は東京への憧れがつのり叔父・代準介に懇願、熱意に負け叔母一家は暮れに野枝を東京に迎えた。

上京の翌年、野枝(のえ)は猛勉強のすえ上野高等女学校(上野高女、現・上野学園)に一年飛び級で四年編入試験に合格する。

在学中、英語教師の辻潤と知り合うが、千九百十二年(明治三十五年)上野高女を卒業して帰郷すると親の決めた相手と野枝(のえ)の婚約が決まっていた。

隣村の末松家と、野枝(のえ)本人に相談もなく仮祝言まで済んでいた。

野枝(のえ)はしぶしぶ末松家に入って八日目に出奔、再び上京して在学中に思いを寄せていた辻潤と同棲する。

この野枝(のえ)との同棲に非難を浴びた辻は、千九百十二年(明治三十五年)四月末にあっさり教師の職を捨てて結婚生活に入った。

その年の十月頃から野枝(のえ)は平塚らいてう(らいちょう)らの女性文学集団・青鞜社に通い始める。

社内外から集まった当時のそうそうたる「新しい女」達、与謝野晶子・長谷川時雨・国木田治子・小金井喜美子・岡本かの子・尾竹紅吉・神近市子らと親交を深めて、野枝(のえ)は強い刺激を受けた。

野枝(のえ)は「機関誌・青鞜」に詩「東の渚」などの作品を次々発表、女流文筆家として頭角を現した。

この時期、米国のアナキスト、エマ・ゴールドマンの「婦人解放の悲劇」の翻訳をし、野枝(のえ)は足尾鉱毒事件に関心を深めた。

千九百十六年(大正五年)には、野枝(のえ)は大杉栄と恋愛を始める。

大杉栄は、妻・堀保子との結婚も続く状況下で、以前からの恋愛相手で在った神近市子から刺されるという「日陰茶屋事件」が発生、栄(さかえ)は同志から孤立する。

栄(さかえ)は野枝(のえ)との共同生活を始めるが、常に生活資金にも事欠いていた。

有名人のスキャンダルとして大衆の好奇の材料ともなった思想家・大杉栄と女性開放活動家・伊藤野枝(いとうのえ)を取り巻く動きについては、逐一新聞などで報道される加熱振りだった。

伊藤野枝は不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤(つじじゅん/翻訳家、思想家)を捨てて大杉栄の妻・堀保子(ほりやすこ/俳人)、愛人・神近市子(かみちかいちこ)と四角関係を演じた。

東京日日新聞の記者・神近市子(かみちかいちこ)は、愛人だった大杉栄が、新しい愛人・伊藤野枝に心を移した事から、神奈川県三浦郡葉山村(現在の葉山町)の日蔭茶屋で大杉を刺傷させる「日蔭茶屋事件」を起こし二年間服役する。

市子(いちこ)は出獄後文筆活動を始め、女性運動に参加して衆議院議員総選挙に当選、左派社会党議員として当選六回を重ねる政治家として戦後も活躍した。


野枝(のえ)は人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題に取り組み、多くの評論、そして小説や翻訳を発表している。

同時代の人々に野枝(のえ)は、自らを主張するその自由獲得への情熱に対する憧れや賛美がドラマチックな感動を与えた。

知識人に於いては個人主義・理想主義が強く意識され、自由恋愛の流行による事件も数少なくはなく、新時代への飛躍に心躍らせながらも、同時に社会不安にも脅(おびや)かされる時代だった。


千九百二十三年(大正十二年)九月十六日、伊藤野枝(いとうのえ)は柏木の自宅近くから大杉栄(おおすぎさかえ)、その甥の橘宗一と共に憲兵に連行され殺害される。

殺害の実行容疑者として憲兵大尉の甘粕正彦(あまかすまさひこ)と彼の部下が軍法会議にかけられ、甘粕と森は有罪判決となるも極刑は免れて居る。

詳しくは小論・【大正ロマンに観る好景気と風俗規範】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-09-04 13:44 | Comments(0)  

大杉栄(おおすぎさかえ)

大杉栄(おおすぎさかえ)は、思想家、作家、社会運動家、アナキストとして活動するも、甘粕事件で殺害される。

栄(さかえ)は家族でも聞き取れない程の重度の吃音障害(言葉が円滑に話せない疾病)に生涯悩まされ続けるハンデを抱えていた。

特に「か行」の発音にさしかかると目を瞬きさせて、「金魚が麸を飲みこむような口つきになった」と言う。


栄(さかえ)は名古屋陸軍地方幼年学校に十四歳で入学、学校内で奔放な生活を送る。

幼年学校に於ける栄(さかえ)の成績は極端なもので、実科では首席、学科では次席にもかかわらず、操行は最下位だった。

生徒を指導する下士官どもの「追窮が残酷」になり修学旅行での下級生への性的な戯れに対して禁足三十日の処分を受ける。

禁足処分を受けた栄(さかえ)はそれまでの生活を反省するが、「尊敬も親愛も感じない上官への服従を盲従」と思うようになる。

憂鬱な気分が続き、軍医から「脳神経症」と診断され、休暇で幼年学校の外に出ると快活な少年になれたが学校に戻ると凶暴な気分になったと言う。

千九百一年(明治三十四年)、栄(さかえ)は同期生との喧嘩で相手にナイフで刺される騒動を起こし学校に発覚、退学処分を受ける。


翌千九百二年(明治三十五年)、栄(さかえ)は語学を学ぶ為東京外国語学校(現東京外国語大学)仏文科に入学する。

その下宿先で、栄(さかえ)は谷中村の鉱毒事件への追及運動に触れ「万朝報」を購読し軍隊外の社会を知り、幸徳秋水、堺利彦たちの非戦論に共鳴する。

栄(さかえ)は幸徳秋水、堺利彦らの平民社の結成を知り、講演会を聞いたり「社会主義研究会」に出席する。

電車値上反対の市民大会に参加し、兇徒聚集罪により逮捕されたり、屋上演説事件で治安警察法違反となり逮捕され、錦輝館に於ける山口孤剣の出獄歓迎会で赤旗を振り回し警官隊と乱闘で逮捕される。

それまでの量刑も含み、栄(さかえ)は二年半近くの刑務所生活を送るも、 獄中でさらに語学を学びアナキズムの本も多読した。


千九百十年(明治四十三年)九月、幸徳秋水らの「大逆事件」が起こり、獄中の栄(さかえ)も取調べを受けるが検挙は免れ、十一月に出所する。

翌千九百十一年(明治四十四年)九月、幸徳たちは処刑され社会主義運動は一時的に後退する。

千九百十六年(大正五年)には、妻・堀保子との結婚も続く状況下で伊藤野枝(いとうのえ)との恋愛も始まり、以前からの恋愛相手で在った神近市子から刺されるという「日陰茶屋事件」が発生、栄(さかえ)は同志から孤立する。

栄(さかえ)は野枝(のえ)との共同生活を始めるが、常に生活資金にも事欠いていた。
その一方で栄(さかえ)は、社会運動・労働運動の指導者・アナキスト(無政府主義)として官憲にマークされる。

千九百二十三年(大正十二年)九月十六日、栄(さかえ)は柏木の自宅近くから伊藤野枝、甥の橘宗一と共に憲兵に連行され殺害される。

殺害の実行容疑者として憲兵大尉の甘粕正彦(あまかすまさひこ)と彼の部下が軍法会議にかけられ、甘粕と森は有罪判決となるも極刑は免れて居る。


有名人のスキャンダルとして大衆の好奇の材料ともなった思想家・大杉栄と女性開放活動家・伊藤野枝(いとうのえ)を取り巻く動きについては、逐一新聞などで報道される加熱振りだった。

伊藤野枝は不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤(つじじゅん/翻訳家、思想家)を捨てて大杉栄の妻・堀保子(ほりやすこ/俳人)、愛人・神近市子(かみちかいちこ)と四角関係を演じた。

東京日日新聞の記者・神近市子(かみちかいちこ)は、愛人だった大杉栄が、新しい愛人・伊藤野枝(いとうのえ)に心を移した事から、神奈川県三浦郡葉山村(現在の葉山町)の日蔭茶屋で大杉を刺傷させる「日蔭茶屋事件」を起こし二年間服役する。

市子(いちこ)は出獄後文筆活動を始め、女性運動に参加して衆議院議員総選挙に当選、左派社会党議員として当選六回を重ねる政治家として戦後も活躍した。


野枝(のえ)は人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題に取り組み、多くの評論、そして小説や翻訳を発表している。

同時代の人々に野枝(のえ)は、自らを主張するその自由獲得への情熱に対する憧れや賛美がドラマチックな感動を与えた。

知識人に於いては個人主義・理想主義が強く意識され、自由恋愛の流行による事件も数少なくはなく、新時代への飛躍に心躍らせながらも、同時に社会不安にも脅(おびや)かされる時代だった。

詳しくは小論・【大正ロマンに観る好景気と風俗規範】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-09-04 13:42 | Comments(0)  

松井須磨子(まついすまこ)

松井須磨子(まついすまこ)は日本の新劇女優で本名は小林正子(こばやしまさこ)、松井須磨子(まついすまこ)は芸名である。

千九百二年(明治三十五年)、磨子(すまこ)は数えの十七歳で戸板裁縫学校(現・戸板女子短期大学)に入学する。

翌千九百三年(明治三十六年)磨子(すまこ)は親戚の世話で最初の結婚をするが、病気がちを理由に舅に疎まれ翌年離婚している。

磨子(すまこ)はこの頃から平凡な日常から脱却したいと志し、女優を目指す。

千九百八年(明治四十一年)、二十三歳に成っていた磨子(すまこ)は、同郷(長野県)の埴科坂城町出身の前沢誠助と結婚する。

東京高師地歴科を卒業した夫の前沢誠助は、その年の十一月に「東京俳優養成所」の講師になり、日本史を担当した。

磨子(すまこ)は結婚の翌千九百九年(明治四十二年)、坪内逍遥の文芸協会演劇研究所第一期生となる。

文芸協会演劇研究所第一期生となった磨子(すまこ)は家事がおろそかになる事も多く、千九百十年(明治四十三年)二年間の結婚生活の後に前沢と離婚する。

千九百十一年(明治四十四年)、磨子(すまこ)は「人形の家」の主人公ノラを演じて認められるも、創設者の一人で妻帯者の島村抱月(しまむらほうげつ)と不倫関係になる。

その不倫関係が醜聞となった事で坪内と抱月(ほうげつ)の関係が悪化、抱月(ほうげつ)は文芸協会を辞める事となり、演劇研究所を退所処分となった。

磨子(すまこ)も演劇研究所を退所、千九百十三年(大正二年)、抱月(ほうげつ)と芸術座を旗揚げする。

翌年にはトルストイの小説を基に抱月(ほうげつ)が脚色した「復活」が大ヒット、磨子(すまこ)のカチューシャ役が大当たりし、人気女優となる。

磨子(すまこ)が歌った主題歌・「カチューシャの唄(復活唱歌)」のレコード売り上げも当時二万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。

日本初の歌う女優・松井須磨子(まついすまこ)の誕生だった。

しかし四年後の千九百十八年(大正七年)、愛人の島村抱月(しまむらほうげつ)がスペイン風邪で病死する。

抱月(ほうげつ)の死後も、磨子(すまこ)は芸術座で活動していたが、二ヵ月後の千九百十九年(大正八年)芸術座の道具部屋に於いて後追い自殺(縊死)をした。

詳しくは小論・【大正ロマンに観る好景気と風俗規範】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-09-04 11:05 | Comments(0)  

島村抱月(しまむらほうげつ)

島村抱月(しまむらほうげつ)は、文芸評論家、演出家、劇作家、小説家、詩人で、新劇運動の先駆けの一人としても知られる。

抱月(ほうげつ)に後追い自殺した歌う人気女優・松井須磨子(まついすまこ)とは濃密な不倫関係に在った。

抱月(ほうげつ)は東京専門学校(現・早稲田大学)卒業し、「早稲田文学」誌の記者を経て、千八百九十八年(明治三十一年)に二十七歳で読売新聞社会部主任となる。

その後抱月(ほうげつ)は母校文学部講師となり、千九百二年(明治三十五年)から三年間、早稲田の海外留学生としてイギリスとドイツに留学する。

帰国後、抱月(ほうげつ)は早稲田大学文学部教授となり、以前手掛けて廃止になっていた「早稲田文学」誌を復刊して主宰し、自然主義文学運動の旗手の一人となる。

一年後の千九百六年(明治三十九年)に抱月(ほうげつ)は坪内逍遥とともに文芸協会を設立、三年後に協会附属の演劇研究所に於いて本格的に新劇運動をはじめる。

所が、妻帯者である抱月(ほうげつ)と研究所の看板女優の松井須磨子との不倫が醜聞となった事で坪内との関係が悪化する。

これに寄り、抱月(ほうげつ)は文芸協会を辞める事となり、演劇研究所を退所処分となった。

千九百十三年(大正二年)、演劇研究所退所を期に抱月(ほうげつ)は松井須磨子と伴に劇団・芸術座を結成し、翌年にはトルストイの小説を基に抱月(ほうげつ)が脚色した「復活」が大ヒットする。

各地で興行が行われ、須磨子が劇中で歌う「カチューシャの唄」はレコードにも吹き込まれて大ヒット曲になり、新劇の大衆化が進んだ。

その抱月(ほうげつ)の芸術座成功も束の間、僅か四年後には抱月(ほうげつ)はスペイン風邪で急死した。

須磨子は抱月(ほうげつ)の死後も芸術座の公演を続けたが、やがて抱月の後を追って自殺し、芸術座も解散になった。

詳しくは小論・【大正ロマンに観る好景気と風俗規範】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-09-04 11:03 | Comments(0)