「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

平塚常次郎(ひらつかつねじろう)

大正時代に成ると、近代化しつつある日本は海洋進出もすすめていた。

北洋漁業の先駆者として知られる平塚常次郎(ひらつかつねじろう)は、千八百八十一年(明治十四年)北海道函館に生まれる。

平塚常次郎(ひらつかつねじろう)は、安土桃山時代の武将・平塚為広(ひらつかためひろ)の末裔とされる。

平塚常次郎(ひらつかつねじろう)は、札幌露清語学校でロシア語を学んだ。

常次郎(つねじろう)は北洋の漁場開発を志し、ロシア領カムチャツカ半島に渡ってサケ・マスの漁場調査をおこなう。

千九百五年(明治三十八)、日本はポーツマス条約によってロシア領沿岸での漁業権を獲得する。

常次郎(つねじろう)は堤清六(現・株式会社ニチロの創業者)とともに新潟市に堤商会を設立し、ロシア領海内で操業を開始する。

常次郎(つねじろう)達は、カムチャツカ半島沿岸に工場を建設し、サケ・マス缶詰の輸出にも成功した。

千九百二十一年(大正十年)、常次郎(つねじろう)は日魯漁業(現ニチロ)の常務となり、同社及び太平洋漁業、千島水産などで社長を歴任、北洋漁業の覇権を手中に収める。

しかしその常次郎(つねじろう)の業績も、第二次世界大戦の敗戦により、日魯漁業(現ニチロ)は海外資産(施設・漁場)の全てを失った。

千九百四十六年(昭和二十一年)、常次郎(つねじろう)は第22回衆議院議員総選挙で日本自由党から衆議院議員に初当選する。

常次郎(つねじろう)は名門・河野氏出自の河野一郎(こうのいちろう)と行動を共にする。

政界に身を置いた常次郎(つねじろう)は、第一次吉田内閣で運輸大臣を務め(北海道出身者として初の入閣)たが、翌千九百四十七年(昭和二十二年)、GHQにより公職追放処分を受ける。

千九百五十一年(昭和二十六年)追放解除後、常次郎(つねじろう)は日魯漁業(現ニチロ)の社長に再度就任する。

千九百五十五年の第二十七回衆議院議員総選挙に、常次郎(つねじろう)は北海道三区から日本民主党公認で立候補し当選、政界にも復帰した。

千九百五十八年(昭和三十三年)には、常次郎(つねじろう)は大日本水産会会長として日ソ漁業交渉代表団団長を務め、日中漁業交渉にも携わった。

千九百七十四年(昭和四十九年)、常次郎(つねじろう)は長寿を全うし九十三歳で没した。

関連記事
平塚為広(ひらつかためひろ)(武将・桓武平氏三浦氏流平塚氏)】
平塚らいてう(ひらつからいちょう)(婦人運動家)】

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-03-30 12:13 | Comments(0)  

山木(平)兼隆(やまき・たいらの・かねたか)

山木(平)兼隆(やまき・たいらの・かねたか)は、山木判官と呼ばれた平家の伊豆目代(伊豆に於ける代理執行者)だった。

桓武平氏流大掾(だいじょう )氏の庶流和泉守・平信兼の子で大掾兼隆(だいじょうかねたか)とも名乗った検非違使少尉(判官)だった。

しかし理由は不明だが、父・平信兼(たいらののぶかね)の訴えにより罪を得て伊豆国・山木郷に流され、郷の名・山木を名乗る。

その頃、平清盛が軍勢を率いて京都を制圧、後白河院政を停止した治承三年のクーデター後、懇意があった伊豆知行国主・平時忠により兼隆は伊豆国目代に任ぜられた。


山木兼隆が不運だったのは、流罪で伊豆に流されて来た源氏の棟梁・源頼朝(みなもとのよりとも)の愛人・北条政子(ほうじょうまさこ)との婚姻話が舞い込んだ事である。

北条政子(ほうじょうまさこ)の強烈なアプローチに堕ちた源頼朝(みなもとのよりとも)と政子の間に子が為されたのだが、それを知った父親の北条時政(ほうじょうときまさ)は、平家の矛先が自分に向かう事を恐れる。

北条時政は、平家の伊豆国代官・山木(平)兼隆(伊豆の国目代・判官)に政子を「嫁がせよう」と画策する。

田舎小領主の時政にすれば、源氏の流人と自分の娘が縁を結ぶなどとんでもない。

それだけで、清盛の「敵に廻った」と見なされる。

時政は「我が家門大事」で、飛ぶ鳥落とす勢いの平家(清盛一族)に逆らうなど、危険極まりないのである。

父・時政の思惑もあり、熱心に縁組運動をした為に政子に山木(平)判官兼隆から縁談が来たが、政子の方は不満だった。

平家の伊豆目代・山木(平)判官兼隆は、都に常駐して中央政府を仕切る平家(平清盛一族)の遠隔地の所領管理を代行する傍ら、伊豆国を取り仕切る地方政府の長(代官=検非違使)だった。

地方郷士の父・時政にすれば、平家の危険人物・流人の源頼朝と出来てしまった娘を山木(平)判官兼隆に押し付けて北条家の安泰を図ったのである。

しかし政子にして見れば、元はと言えば一度都で失敗して伊豆国に流されて流人身分だった兼隆が、赦免されて伊豆目代に登用された経緯があり、先の出世は知れている。

山木判官は平家の伊豆目代としてこの地にあり、伊勢平氏の祖・平維衡末裔の平ブランドで清盛平家とは血統も近かったが正統・清盛平家ではなく、精々伊豆の国で威張る程度の身分で終る事は目に見えていた。

北条(平)政子が当時特異な存在の女性(にょしょう)だったのは、その行動からも明らかである。

日本史に於いては、基本的に婚姻関係が神代から続く「誓約(うけい)の概念」をその基本と為していた。

氏族社会(貴族・武家)では正妻・妾妻と言う変形多重婚社会の上、家門を守り隆盛に導く手段として「政略婚」や父親や夫からの「献上婚」などが当たり前であり、おまけに主従関係を明確にする衆道(男色)も普通の習俗だった。

その禁を破ってでも肉体(からだ)を餌に、流人とは言え源氏の棟梁・源頼朝と折角懇(ねんご)ろになり、姫まで為したのに父の北条時政が清盛平家の威光を恐れて山木(平)判官兼隆と婚儀を結んでしまった。

このままでは自分は伊豆の田舎で、目代(出先の役人)の女房で終ってしまう。

所が、北条(平)政子はその並外れた野心故に、親の薦めた政略婚相手を親に攻め滅ぼさせてでも源氏の棟梁・源頼朝の押しかけ女房に納まる決意をする。

野心旺盛な北条政子は、一計を案じて祝言の日取りを三島大社の大祭の日に合わせ、源頼朝に囁いた。

「わらわは、祝言の夜に必ず山木館より抜け帰る故、必ず兼隆を討ち取っておくれ。」

祝言の夜に政子が逃げ帰れば言い訳が利かないから、流石に優柔不断の頼朝も、慎重な父・時政も腹を括るより他は無い。

結果として政子の思惑通りに、父・時政は源頼朝を担いで旗揚げをする状況に追い込まれた。

この山木(平)兼隆の殺害こそが、北条政子の「殺戮(さつりく)の天下取り」の始まりだった。


婚礼当日に逃げ出した恋人の下に逃げ戻る・・・源頼朝と北条政子の物語を、今風に描けば大恋愛になるかも知れない。

時代考証を無視して物語を作る作者が多いが、それは現代的なものの考え方の方が読者には受け入れ易いからである。

しかし北条政子が恋したのは、明らかに源頼朝にではなく「源氏の棟梁」と言う血筋だった。

それが証拠に、天下の権力を奪取した後の北条政子は鵺(ぬえ)と成り源氏の血を喰らい尽くして北条得宗家を確立させている。

当時の女性の価値観は実家や先方の血筋と言った現実が大事で、現在とはかなり違うものだから男女の恋愛の形も違って当然である。

関連記事
源頼家(みなもとよりいえ/鎌倉幕府二代将軍)】に飛ぶ。
源実朝(みなもとさねとも/鎌倉幕府三代将軍)と鶴岡八幡宮暗殺】に飛ぶ。
承久(じょうきゅう)の乱】に飛ぶ。

北条政子(ほうじょうまさこ)については第二巻の主要登場人物です。記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第二巻をお読み下さい。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-03-19 12:41 | Comments(0)  

海幸彦・山幸彦伝説(うみさちひこ・やまさちひこでんせつ)

山幸彦・海幸彦(やまさちひこ・うみさちひこ)は、「古事記日本書紀」に記された日本の神話である。

主に「海幸山幸(うみさちやまさち)」と呼ばれ、神話に多い神婚説話、理想郷に留まる内容であり、「民話・浦島・竜宮伝説(うらしま・りゅうぐうでんせつ)」の基となっている。

海幸彦・山幸彦の誕生地、生活などの伝説は、天孫降臨伝説の地・日向国(宮崎県)の宮崎平野に集中している。


古事記に於いて「山幸彦」の別名は火遠理命(ほおりのみこと)、日本書紀に於いて「山幸彦」の別名は彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)である。

神武大王(じんむおおきみ/初代天皇)の祖父に当たる火遠理命(ほおりのみこと)は、瓊々杵尊(ににぎのみこと)と九州南部に勢力を持っていた隼人族(先住弥生人)の木花開耶姫(このはなさくやひめ)の子である。

瓊々杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)は、神婚説話の誓約(うけい)に拠って結ばれた。

しかし木花開耶姫(このはなさくやひめ)が懐妊した時、瓊々杵尊(ににぎのみこと)に「自分の子ではない」と疑われる。

木花開耶姫(このはなさくやひめ)がその疑いを晴らす為に産屋に火をかけて、その火の中で生んだ三人の子の末(第三子)が火遠理命(ほおりのみこと)である。

その第三子の名の由来は、火が消えかけた時に生まれたので「火遠理命(ほおりのみこと)と名付けた」とする。

また 古事記に於いて「海幸彦」の別名は火照命(ほでりのみこと)、日本書紀に於いて「海幸彦」の別名は火闌降命(ほすせりのみこと)である。

火須勢理命(ほすせりのみこと)は、瓊々杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)の子で、一夜で身蘢った為に、瓊々杵尊(ににぎのみこと)に国津神(くにつかみ)の子ではないかと疑われる。

木花開耶姫がその疑いを晴らす為に火中で生んだ三人の子の第二子が、火須勢理命(ほすせりのみこと)である。

なお、この「海幸山幸(うみさちやまさち)」には古事記と日本書紀では違う内容の異伝が在り、伝承の内容に於いて明確ではない。

また神々の尊称表記も、同一の神で本文章表記以外にも多種類の表記が存在する。


こうした「古事記・日本書紀」に於ける伝説で、山の猟が得意な山幸彦(弟・火遠理命)と、海の漁が得意な海幸彦(兄・火照命又は火闌降命)の存在を実話に照らすと日本列島に渡来して来た二民族に結び付く。

いずれにしても、天武天皇(てんむてんのう/大海人皇子)から桓武天皇(かんむてんのう)の御世に掛けて編纂された「古事記・日本書紀編纂」の目的は、統治の正当性を補完する皇統の神格化であるから、その目的の為に実史にアレンジを加えて成立させた物語である。

日本列島に於ける単一日本民族の成立過程で起こった経緯が、渡来系の加羅族(からぞく/農耕山岳民族)呉族(ごぞく/海洋民族)、そして先住原縄文人(蝦夷/えみし)の、三つ巴の多民族の地だった事に拠る部族対立回避の知恵が大和合である。

大和大国(やまとのおおくに)の大和(やまと)は大和合(だいわごう)で、大和合の大国(おおくに)と実に判り易い。

黎明期の日本列島は都市国家もどきの倭の国々で、国主(くにぬし/国造・くにのみやっこ)も県主(あがたのぬし)も、大和合する以前は基本的に部族国家の王である。

つまり、山の猟が得意な「山幸彦」が「渡来系・加羅族(からぞく/農耕山岳民族)」であり、海の漁が得意な「海幸彦」が「渡来系・呉族(ごぞく/海洋民族)」と言う事に成る。

詳しくは、小論【山幸彦・海幸彦(やまさちひこ・うみさちひこ)と浦島・竜宮伝説】を参照下さい。

日本の伝説リスト】に転載文章です。

関連記事
浦島・竜宮伝説(うらしま・りゅうぐうでんせつ)】に飛ぶ。

詳しくは、小論【大和民族(ヤマト民族/日本人)の成立過程】を参照下さい。

詳しくは、小論【天照大神・天の岩戸伝説は只の神話か?】を参照下さい。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-03-15 00:48 | Comments(0)  

「河野談話」と曖昧文化

日韓両国の間で、「日本が慰安婦の強制連行を認めた」と問題に成って居るのは1993年(平成5年)8月に河野洋平官房長官が発表した「慰安婦関係調査結果発表」に関する「河野談話」である。

所謂「河野談話」は、慰安所設置に「旧日本軍が関与した」との調査結果報告の発表である。

だが、この「慰安所設置に旧日本軍が関与した」は占領地の女性保護を念頭に、旧日本軍がわざわざ娼婦館業者と娼婦を連れて行った事の軍の関与を認めたのである。

従って、韓国側が「軍の関与を認めた」と一括りに主張しているが、分けて検討すべき「強制連行」と言う犯罪行為の関与を認めたものでは無い。


これは蔓延している「気持ちの良い嘘話・武士道精神」の裏返しだが、日本は曖昧文化の国である。

何故なら「武士道精神」に於いては、決定的な事を言うと「武士に二言は無い」と責任を執らねば成らないから、物事を曖昧にする。

近隣国の中・韓や欧米の文化は「イェス オア ノー」でハッキリ応える文化だが、日本では断る積りでも「ノー」と応えるべきを「検討する」や「調べてみる」と曖昧に応えて相手に期待させる。

これを日本人は外交から商談まで、曖昧習慣の無い国に対して「独自文化だ」として押し通す。

日本人はやんわりと曖昧に応える事で相手に奥ゆかしい気使いをして居る積りだが、他国人相手でこの曖昧を使うと相手は「ずるい」としか受け取らない。

所が日本人は、ドライに「イェス オア ノー」で対峙する他国人を、「奥ゆかしさと言う礼儀を知らない無礼な連中」と噛み合わず、勝手に怒っている。

この曖昧文化の典型的な悪しき事例が、韓国側言う所の「従軍慰安婦強制連行問題」に対する「河野談話」の存在である。

実は当時の日本政府は、韓国側言う所の「従軍慰安婦強制連行問題」に対して争いを長引かせない為に「河野談話」で妥協して決着を図った。

つまり日本政府としては、事実検証は曖昧なまま政治決着目的で出した「河野談話」を、韓国側は、「日本政府が従軍慰安婦の強制連行を認めた」と、以後日本攻撃の格好の証拠としている。


日本人の発想は「島国に閉じ篭った善悪評価」であるから、それを「日本の独自文化」だと開き直って「国際社会でそのまま通用する」と誤解している所に、「独善的な呆(ほう)け」を感じる。

勿論日本人が民族として誇りを持つ事は大事だが、相手国の民族の誇りとも同様に、誇りを強く出せば互いに国際化(グローバル化)とは「宿命的矛盾(しゅくめいてきむじゅん)」に陥(おちい)るのである。


◆◆◆後日談◆◆◆

この慰安婦強制連行問題の発端となった済州島強制連行事件について、昭和五十八年に発刊された文筆家・吉田清治氏の「私の戦争犯罪」の取材記述を朝日新聞は記事として引用する。

この記事が日韓間の「慰安婦強制連行問題」の発端と、韓国側の被害主張の根拠と成って、時の官房長官が「河野談話」を発した切欠に成って居る。

しかし、これを報道した朝日新聞は、平成二十六年八月五日付け記事で済州島での強制連行の存在を証言は虚偽だと判断して漸(ようや)く否定・・・記事内容を取り消したが、責任謝罪は無い。


関連記事
従軍慰安婦解釈】に飛ぶ。
嫌悪感さえ感じる慰安婦問題の渡辺喜美】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-03-02 10:46 | Comments(0)