<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

神田明神(かんだみょうじん)と神田姓

神田姓の語源は神社維持に当てられた田=御田(おみた=神田)を由来とし、地名としても全国に多い。

神田姓には、神田宿禰(かんだのすくね)、大伴氏嵯峨源氏松浦氏流桓武平氏平将門流など諸流に多く存在する。

挙げられる第一系が神田宿禰(かんだのすくね)である。

神田宿禰(かんだのすくね)の宿禰(すくね)は、八色の姓で制定された真人(まひと)、朝臣(あそん)についで順位三番目に位置する姓(カバネ)の一つである。

宿禰(すくね)は、大和朝廷初期に名前として使われていたり貴人を表す尊称としてもちいられて、つまり神田宿禰(かんだのすくね)は人名であり神田姓(カバネ)の祖である。

神田宿禰(かんだのすくね)は、出雲系氏族が武蔵国豊島郡芝崎村に大己貴命(おほなむちのみこと=大黒様=大国主)を祖神として祀った事からはじまる一族である。

武蔵国豊島郡芝崎村の御田(おみた=神田)は伊勢神宮の御神領田地として開かれ、神田明神は神田ノ宮と称した。

この神田ノ宮が、江戸時代の江戸城増築に伴い千六百三年(慶長八年)に神田台へ、さらに千六百十六年(元和二年)に現在地(千代田区外神田二丁目)へ遷座し今日に到る。

神田明神の「明神(みょうじん)」とは、神は仮の姿ではなく「明らかな姿をもって現れている」と言う意味であり、日本神道の神の称号の一つで天皇を指す場合には特に「あきつみかみ=明神」と読む。

明神系神社は田の神・事代主神(ことしろぬしのかみ/賀茂の神)を祀る神社である。


日本の元神様は大己貴命(おほなむちのみこと=大黒様=大国主)である。

事代主神(ことしろぬしのかみ/賀茂の神)は田の神様(稲作の神)で、大己貴命(おほなむちのみこと=大黒様=大国主)の子である。

そして京都の上賀茂神社の境内を流れる「ならの小川」は、境内を出ると明神川と名を変える事から、つまり上賀茂神社も上賀茂明神なのである。

織田信長が戦国統一の有力大名の列に加わったのは桶狭間の合戦今川義元を破ったからで、その時戦勝祈願したのが熱田神宮(熱田明神)である。

熱田神宮(あつたじんぐう)は愛知県名古屋市熱田区にある神社で、旧官幣大社、「式内社(名神大)」である。

織田氏の出自とされる越前国織田庄・剣神社(つるぎじんじゃ)は別名を織田明神社とされる明神様で、尾張一ノ宮・熱田神宮も別名は熱田明神社である。

織田庄・剣神社(つるぎじんじゃ)は越前国二宮とされる「式内社」で別名を織田明神(おたみょうじん)と呼ぶ。

実は葛城ミステリー三島大社(三島明神)も、江戸の守り神の一社・神田明神も、同じ事代主神(ことしろぬしのかみ/賀茂の神)を主神とするもので、海彦伝説呉族系神が現れたものである。


初期の神田明神創建目的は、「平将門(たいらのまさかど)の魂を沈める為だった」と言われる伝承も伝わって居る。

その場合は、「身体(からだ)=神田(かんだ)」と言う語呂合わせのこじ付けみたいな逸話も残っている。


第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-05-20 17:47 | Comments(0)  

御成敗式目(ごせいばいしきもく)

鎌倉幕府成立後、国家の運営権は武家が握るように成った。

そしてその権限は、尼将軍・北条政子が「承久の乱」に勝利して以後、権力を握った北条執権家が実質幕府を運営していた。

鎌倉時代に制定された武士政権の為の法令( 式目)が、御成敗式目(ごせいばいしきもく)である。

御成敗式目(ごせいばいしきもく)は、第二代執権・北条義時の長男・北条泰時(第三代執権)が中心になり、一門の長老・北条時房を連署とし太田康連、斎藤浄円らの評定衆の一部との協議によって制定された。


源頼朝(みなもとよりとも)が為した鎌倉幕府成立時には、成文法が存在しておらず、表向き律令法・公家法には拠らず、武士の成立以来の武士の実践道徳を「道理」として道理・先例に基づく裁判をして来た。

鎌倉幕府初期の政所や問注所を運営していたのは、京都出身の明法道や公家法に通じた中級貴族出身者であった。

その為に鎌倉幕府が蓄積して来た法慣習が、律令法・公家法と全く無関係に成立していた訳ではなかった。

鎌倉時代初期はまだ、関東は源氏・鎌倉幕府の政権、関西は京都の公家と西国の武家の政権が両立した様な状態だったのが「承久の乱」で関西の公家と西国の武家の勢力が衰える。

承久の乱以後、鎌倉幕府の勢力が西国にまで広がっていくと、地頭として派遣された御家人と公家などの荘園領主・現地住民との法的な揉め事が増加する様になる。

また、幕府成立から半世紀近くたった事で、膨大な先例・法慣習が形成され、煩雑化して行った。

更に数年前から天候不順によって国中が疲弊していたが、千二百三十一年(寛喜三年)には寛喜の飢饉が追い討ち隣、最悪の猛威として社会不安な世情であった

そこで第三代執権・北条泰時が評定衆の一部との協議によって、御成敗式目(ごせいばいしきもく)は制定された。


この武家法の目的は、鎌倉幕府御家人に関わる慣習や明文化されていなかった取り決めを基に、土地などの財産や守護・地頭などの職務権限を明文化する事である。

当時の武士(特に御家人)が巻き込まれ易かったのは、地頭として治める荘園に於ける荘園領主である公家との揉め事であり、武家社会との調和を図る為にこの武家法は制定された。

また、御成敗式目(ごせいばいしきもく)は武家法で、例えば妻が夫以外の男を私通した場合、妻とその相手の男が罪に問われる姦通罪がある。

しかし面白き事に、夫が側室(妾)を持つ事や稚児遊び男色・衆道(しゅどう)の類は禁じられるどころかある種ステータスとして容認されていた。

また、あくまでも武家法であるから平民・非民にはこの法令は及ばない。

つまり村落部に於ける「夜這い制度」や「寝宿制度」、そして「筆おろし(ふでおろし)の風習」と「水揚げ(みずあげ)の風習」は、取締りの対象ではない。

また、「暗闇祭り(くらやみまつり)」も目こぼしの対象だった。


御成敗式目(ごせいばいしきもく)は鎌倉幕府の基本法で日本最初の武家法だが、公家法からの幕府法の独立を宣言したものとする解釈が通説となっている。

式目の適用は武家社会に限られ、朝廷の支配下では公家法、荘園領主の下では本所法が効力を持った。反対に幕府の支配下では公家法・本所法は適用されないものとして拒絶している。

御成敗式目(ごせいばいしきもく)は、公家と武家社会との調和を図る為に制定されたもので、武家法の体系化や武家法に基づく新秩序形成を目的とした訳では無い。

少なくても御成敗式目(ごせいばいしきもく)は、公家法の存在を前提かつ形式的な「模範・素材として活用した物」と言える。

なお、御成敗式目(ごせいばいしきもく)は鎌倉幕府滅亡後においても法令としては有効であった。

足利尊氏(あしかがたかうじ)も御成敗式目の規定遵守を命令しており、室町幕府に於いて発布された法令、戦国時代に戦国大名が制定した 分国法も、御成敗式目を改廃するものではなく、追加法令と言う位置付けであった。

御成敗式目(ごせいばいしきもく)は女性が御家人となる事を認めており、この規定によって戦国時代には女性の城主が存在し、立花城主の立花誾千代、淀城主の淀殿(淀君)などが知られる。

江戸幕府に於いて「武家諸法度」の施行に依り、御成敗式目(ごせいばいしきもく)は武士の基本法としての位置づけを譲る事になる。

だが、法令としての御成敗式目(ごせいばいしきもく)の有効性には変わりなく、明治時代以降に近代法が成立するまで続いた。

関連記事
征夷大将軍と幕府】に飛ぶ。
江戸幕府の成立大略】に飛ぶ。
鎌倉御家人(かまくらごけにん)】に飛ぶ。

主な出来事
平泉・高館(たかだち)/衣川館の襲撃】に飛ぶ。
梶原景時(かじわらかげとき)の変】に飛ぶ。
工藤祐経(くどうすけつね)と曽我兄弟のあだ討ち】に飛ぶ。
畠山重忠の乱(はたけやましげただのらん)】に飛ぶ。
源頼朝(みなもとよりとも)落馬死の謎】に飛ぶ。
源頼家(みなもとよりいえ/鎌倉幕府二代将軍)】に飛ぶ。
源実朝(みなもとさねとも/鎌倉幕府三代将軍)と鶴岡八幡宮暗殺】に飛ぶ。
伊賀氏の変】に飛ぶ。
平賀朝雅(ひらがともまさ)と北条時政の失脚】に飛ぶ。
和田合戦(わだがっせん)】に飛ぶ。
承久の乱(じょうきゅうのらん)】に飛ぶ。
北条時宗(ほうじょうときむね)と元寇(げんこう)】に飛ぶ。
箱根・竹ノ下の戦い(はこねたけのしたのたたかい)】に飛ぶ。
正中の変(しょうちゅうのへん/せいちゅうのへん)】に飛ぶ。
元弘の乱(げんこうのらん)】に飛ぶ。

詳しくは本編第二巻を参照して下さい。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-05-19 18:32 | Comments(0)  

筆おろし

農漁業の村落地区では遊女・遊郭の施設も無いし必要な金もないから、「筆おろし」と呼ばれる童貞若者の初体験の相手は、村の若後家さんや出戻りのお姉さんが引き受ける。

「そのかわり」と言ってしまっては乱暴だが、村落は性までシェア(分け合う)する共生社会だから、若後家さんや出戻りのお姉さんが独居でも生活出来る様な支援が村の合意である。

「筆おろし」だけでなく、彼女達は村の元気を持て余している若者達のはけ口を、暗黙の了解で「夜這い」と言う形で引き受ける。

だから少し先輩の若者達数人が、若後家さんや出戻りのお姉さんのところへ童貞若者を連れて行くのだが、ちゃっかり自分達のお相手もお願いする。

そこで若後家さんや出戻りのお姉さんは一度に三人~五人、多ければそれ以上の人数と性行為の相手にする事になる。


この女性一対男性多数の生殖行動に関しては、原生人類の本能的生殖行動と現代の倫理規範に矛盾が在り、充分に説明が着く。

それは一番人間に近い類人猿・チンパンジーなどの生殖行動を見ても判る通り、雄(オス)達は一頭の発情期の雌(メス)に順番に群がり、雌(メス)は一日に何頭もの雄(オス)と交尾する。

その理由は「確実な種の保存の為」で、雌(メス)が依り強くて優秀な精子に回(めぐ)り逢う目的で「自然がそうした生殖行動を選択させていた」と言う立派な理由が在るからだ。

これは「種の保存」のメカニズムが主体の自然な生殖行動であるから、雄(オス)雌(メス)の生殖機能には目的に添った違いが在る。

当然、雄(オス)の方は次と交代させる為に肉体的に一度の射精で終わるが、雌(メス)の方は肉体的に連続交尾を受け入れられる構造をしている。

つまり生物としての原生人類は、「確実な種の保存の為」に 本能的に「虚弱精子劣性遺伝」や「XY染色体の劣勢遺伝」などを知っていた事になる。

この事から、現代の倫理規範では矛盾が在っても、昔の暗闇祭りでは女性が多数の男性と一度に交尾する事に矛盾は無かったのだ。

水揚げ】に続く。

詳しくは、小論【筆おろし(ふでおろし)と水揚げ(みずあげ)】を参照下さい。

詳しくは、小論【私の愛した日本の性文化】に飛ぶ。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-05-14 15:43 | Comments(0)  

平賀源内(ひらがげんない)

幼少の十一代将軍・徳川家斉の下で白河藩主・松平定信(八代将軍・徳川吉宗の孫)が江戸幕府老中に就任した千七百五十九年(宝暦九年)頃、平賀源内(ひらがげんない)が江戸で頭角を現している。

突然彗星の様に現れたこの男・源内(げんない)の多才は、本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家などに及び、その希に見る広範囲な業績から特筆すべき人物である。

源内(げんない)は、讃岐国寒川郡志度浦(現在の香川県さぬき市志度)に白石茂左衛門の子として生まれたが、兄弟多数とだけで第何子かも不明である。

源内(げんない)の平賀姓名乗りは彼のルーツに在り、元々は信濃国佐久郡の豪族だったが、戦国時代・平賀玄信の代に甲斐の武田信虎・晴信(信玄)父子に滅ぼされ、奥州の白石に移り伊達氏に仕え、白石姓に改めた。

その後白石氏として伊予宇和島藩主家に従い四国へ下り後帰農し、讃岐で讃岐高松藩の足軽身分の家となる。


源内(げんない)は幼少の頃には掛け軸に細工をして、「お神酒天神」を作成したとされ、その評判が元で十三歳から藩医の元で本草学を学び、儒学を学ぶ。

千七百四十八年(寛延元年)、源内(げんない)は父・白石茂左衛門の死により後役として藩の蔵番に登用される。

千七百五十二年(宝暦二年)頃に、源内(げんない)は一年間長崎へ遊学し、本草学とオランダ語、医学、油絵などを学ぶ。

留学から帰藩後に、源内(げんない)は藩の役目を辞し、妹に婿養子を迎えさせて白石家の家督を放棄する。

源内(げんない)は大阪、京都で学び、さらに千七百五十六年(宝暦六年)には江戸に出て本草学者・田村元雄(藍水)に弟子入りして本草学を学び、漢学を習得する為に林家にも入門して聖堂に寄宿する。

この間の千七百五十九年(宝暦九年)には高松藩の家臣として再登用されるが、千七百六十一年(宝暦十一年)に江戸に戻るため再び辞職する。

このとき源内(げんない)は「仕官お構い(奉公構)」となり、以後、幕臣への登用を含め他家への仕官が不可能となる。

おそらくはこの頃、源内(げんない)は本姓である平賀姓を名乗ったと想われる。

江戸に本拠地を移してからの源内(げんない)二回目の長崎遊学では、鉱山の採掘や精錬の技術を学ぶ後の千七百六十一年(宝暦十一年)には伊豆で鉱床を発見し、産物のブローカーなども行う。

源内(げんない)は江戸にて物産博覧会を度々開催し、この頃には松平定信の前の幕府老中・田沼意次(たぬまおきつぐ)にも知られる様になっている。

千七百六十二年(宝暦十二年)には物産会として第五回となる「東都薬品会」を江戸の湯島にて開催する。

こうした活動を通して、源内(げんない)の江戸に於いての知名度も上がり、「解体新書」を翻訳した杉田玄白(すぎたげんぱく)やその後輩で医学・本草学・蘭学の中川淳庵らと交友する。

源内(げんない)の名声が上がると、各藩から鉱山開発の指導依頼が舞い込むなどをこなしながら荒川通船工事や建物設計、談義本の執筆や蘭画の技法を伝えるなどでも活動する。

千七百七十六年(安永五年)には、源内(げんない)は長崎で手に入れたエレキテル(静電気発生機)を修理して復元している。

千七百七十九年(安永八年)大名屋敷の修理を請け負った際に、酔っていた為に修理計画書を盗まれたと勘違いして大工の棟梁二人を殺傷する。

源内(げんない)はその罪で投獄され、年末に破傷風により五十二歳で獄死した。

源内(げんない)の才能に驚嘆した杉田玄白(すぎたげんぱく)らの手により葬儀が行われたが、幕府の許可が下りず、墓碑もなく遺体もないままの葬儀となった。

源内(げんない)は通称で元内とも書き、諱は国倫(くにとも)、字は子彝(しい)。

数多くの号を使い分けたことでも知られ、画号の鳩渓(きゅうけい)、俳号の李山(りざん)をはじめ、戯作者としては風来山人(ふうらいさん じん、浄瑠璃作者としては福内鬼外(ふくうち きがい)の筆名を用いた。

殖産事業家としては天竺浪人(てんじくろうにん)、生活に窮して細工物を作り売りした頃には貧家銭内(ひんか ぜにない)などと言った別名でも知られていた。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-05-04 15:43 | Comments(0)  

杉田玄白(すぎたげんぱく)

杉田玄白(すぎたげんぱく)は、江戸中期の蘭学医で、「解体新書」を翻訳した事で後世に名を残した人物である。

玄白(げんぱく)の父は若狭国小浜藩医・杉田玄甫(すぎたげんぽ)、母は八尾氏の娘で、玄白(げんぱく)は江戸・牛込の小浜藩・酒井家の下屋敷に生まれるが、生母は出産の際に死去している。

杉田氏は宇多・近江源氏である佐々木氏の支族である真野氏の家系で、後北条氏に仕えた真野信安のときに一旦は間宮姓に改め、子の長安の代に杉田姓に復姓した。

医家としては、玄白で三代目にあたり、同時代に活躍し、間宮海峡にその名を残す探検家である間宮林蔵は同族である。

玄白(げんぱく)は小浜藩・酒井家の下屋敷で育ち、千七百四十年(元文五年)には一家で小浜へ移り、父の玄甫玄甫(げんぽ)が江戸詰めを命じられる千七百四十五年(延享二年)まで過ごす。

青年期には、玄白(げんぱく)は家業の医学修行を始め、医学は奥医の西玄哲に、漢学は本郷に開塾していた古学派の儒者宮瀬竜門に学ぶ。

玄白(げんぱく)は千七百五十二年(宝暦二年)に小浜藩医となり、上屋敷に勤める。

千七百五十四年(宝暦四年)には京都で山脇東洋が、処刑された罪人の腑分け(人体解剖)を実施している。

国内初の人体解剖は蘭書の正確性を証明し、日本の医学界に波紋を広げると伴に、玄白(げんぱく)が五臓六腑説への疑問を抱くきっかけとなる。

千七百五十七年(宝暦七年)には江戸・日本橋に開業し、町医者となり、同年七月には、江戸で本草学者の田村元雄や平賀源内(ひらがげんない)らが物産会を主催する。

出展者には中川淳庵の名も見られ、蘭学者グループの交友はこの頃に始まっていたと思われる。

千七百六十五年(明和二年)、玄白(げんぱく)は主家・小浜藩・酒井家の奥医師となる。

同千七百六十五年、オランダ商館長やオランダ通詞らの一行が江戸へ参府した際、玄白(げんぱく)は源内らと一行の滞在する長崎屋を訪問する。

通詞の西善三郎からオランダ語学習の困難さを諭され、玄白(げんぱく)はオランダ語習得を断念している。

千七百六十九年(明和六年)には父の玄甫(げんぽ)が死去し、玄白(げんぱく)は家督と侍医の職を継ぎ、新大橋の中屋敷へ詰める。

千七百七十一年(明和八年)医学の後輩・中川淳庵がオランダ商館院から借りたオランダ語医学書「ターヘル・アナトミア」をもって玄白(げんぱく)の下を訪れる。

玄白はオランダ語の本文は読めなかったものの、図版の精密な解剖図に驚き、藩に相談してこれを購入する。

偶然にも長崎から同じ医学書を持ち帰った前野良沢や、中川淳庵らとともに「千寿骨ヶ原」(現東京都荒川区南千住小塚原刑場跡)で死体の腑分けを実見し、解剖図の正確さに感嘆する。

玄白、良沢、淳庵らは「ターヘル・アナトミア」を和訳し、千七百七十四年(安永三年)に「解体新書」として刊行するに至り、友人・桂川甫三(桂川甫周の父)により将軍家に献上された。

晩年には、玄白(げんぱく)は小浜藩から加増を受けて杉田家の知行は四百石に達している。

千八百七年(文化四年)に家督を子の伯元に譲り隠居するなどの記録が残り、千八百十七年(文化十四年)に八十四歳で没している。

玄白(げんぱく)は通称で、諱は翼(たすく)、字は子鳳、号は?貪、晩年に九幸翁を称している。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-05-04 15:41 | Comments(0)