<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

三河鈴木家

三河鈴木家の発祥は、鎌倉幕府草創期の歴史的経緯から生まれた。

全国に散らばる穂積姓(物部氏族後裔・穂積氏)を祖とする鈴木氏中でも本家筋が藤白鈴木家である。

藤白地頭・鈴木三郎重家は、源義経(みなもとよしつね)に仕えた。

経緯からすると、義経が源氏方の将として平家追討の兵を束ねた頃、鈴木三郎重家の弟・亀井六郎重清は早くから源義経に臣従して一の谷屋島壇ノ浦と処々の戦に軍功建て武名を顕していた。

その後、兄・源頼朝の不興(ふきょう/きげんをそこねる)を買った義経が奥州藤原家・藤原秀衛(ふじわらひでひら)を頼って落っるに及び、弟・亀井重清が「奥州に隋行する」と、兄の藤白総頭領・鈴木三郎重家に報じた。

それを聞き、鈴木三郎重家は助力を買って出て叔父・七郎重善と共に源義経に随行を決意し、逃避行の難に赴いた。

ところが、叔父の七郎重善は三河矢矧駅にて脚の疾(やまい)に罹(かか)り、そこにて休養中に義経主従の高館戦死を聞き、三河の里人の請うままに「挙母(ころも)の里」の奥なる猿投山に熊野権現を勧請して仕える。

挙母(ころも)の里に住み着いたその鈴木七郎重善の子孫を、三河・鈴木(挙母・鈴木氏)と言う。

つまり脚の疾(やまい)の為に三河の地に留まった重家の叔父・鈴木七郎重善が三河鈴木党の祖となり、後に徳川家康を輩出する「三河松平家々臣となった」と言う謂れが三河鈴木家にはある。

三河鈴木家は、豊臣秀吉の命で関東移封となった家康とともに江戸入城し、主君・家康の江戸幕府成立後は、幕臣旗本として存続する。

大坂、島原、天草の代官職を歴任し、領民に慕われた名代官・鈴木重成もその一人である。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
鈴木氏】に飛ぶ。
「もののふ=武士」の語源と鈴木氏】に飛ぶ。
鈴木重家(すずきしげいえ)】に飛ぶ。
鈴木重意(しげおき/雑賀孫市)】に飛ぶ。
松平忠輝(まつだいらただてる)と浜松・旧鈴木家
鈴木(一蔵)重康(すずき(いちぞう)しげやす)】に飛ぶ。
水戸黄門の真実
松平頼重(まつだいらよりしげ)・生い立ちの謎】に飛ぶ。
水戸藩重臣・雑賀(さいが/鈴木)家の謎】に飛ぶ。
名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
第三巻】に飛ぶ。
第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-06-28 18:35 | Comments(0)  

松平忠輝(まつだいらただてる)と浜松・旧鈴木家

徳川家康の六男・松平忠輝(まつだいらただてる)は、浜松藩の庄屋・遠州鈴木家とチョットした縁がある。

旧浜松藩の筆頭庄屋格・旧鈴木権右衛門家は、遠江国・万斛(てんしゅうとおとおみのくに・まんごく/現・浜松市東区中郡町)に在った。

三河国から遠江国に進出した徳川家康が浜松城に入城した頃、遠州鈴木家の在地は万斛村(まんごくむら)と呼ばれ、その庄屋を任じていた。

断って置くが、この遠州鈴木家は江戸期に幕府制定で確立した庄屋制度以前の万斛庄差配(まんごくしょうさはい)の庄屋で、つまり氏族由来の在地百姓家である。

如何に旧鈴木家が有力だった証に、遠州鈴木家は「家康側室・阿茶局(あちゃのつぼね・雲光院/うんこういん)を匿(かくま)った」とされる古文書が残る。

阿茶局(あちゃのつぼね/飯田須和)は、武田氏の臣・飯田(筑後)直政の女で、松平忠輝(家康の六男)、松平松千代(夭折)の母である。

松平忠輝に関しては、阿茶局の家柄軽きを以って家康が「余り好いて居なかった」と言う説が在る。

だが家康は、忠輝を最終的には越後高田六十三万石と信濃国川中島十二万石を合わせ七十五万石の大身に処していた。

つまり忠輝は、家康二男とされるも双子の兄の子説も在る松平(結城)秀康の越前六十八万石依りは確り多くを与えられている。

松平忠輝は、大阪冬の陣では留守居役を命じられ、夏の陣では出陣をしている。

大阪の陣の後、大坂復興が一段落すると、忠輝は総大将を務める天王寺合戦で遅参した事が理由の一つとなり翌年に改易となった。


江戸期の浜松藩別格待遇・旧鈴木家は、一説には室町時代から万斛(まんごく)に屋敷を構え、地元では「強い統率力を持っていた」とされている。

但し平安末期から江戸幕府成立まで、平安末期に源義経に臣従して三河国に土着した三河鈴木家(挙母・鈴木氏)の例にも在るとおり、全国の鈴木一門は紀伊国熊野の豪族(熊野別当)の出自から派生した地方豪族である。

そして家康が生きた時代は、鈴木重意(しげおき/雑賀孫市)が活躍し、鈴木(一蔵)重康(すずき(いちぞう)しげやす)の存在や水戸藩重臣・雑賀(さいが/鈴木)家の謎など、多くの鈴木家が徳川家康との歴史を刻んでいる。


現在でも、浜松地方一帯は鈴木姓の多い土地柄で、SUZUKI(鈴木)を冠した大企業や浜松市長(二千十四年現在)などが目立っている。

関連記事
鈴木氏(すずきうじ)】に飛ぶ。
「もののふ=武士」の語源と鈴木氏】に飛ぶ。
鈴木重家(すずきしげいえ)】に飛ぶ。
鈴木重意(しげおき/雑賀孫市)】に飛ぶ。
鈴木(一蔵)重康(すずき(いちぞう)しげやす)】に飛ぶ。
水戸黄門の真実】に飛ぶ。
松平頼重(まつだいらよりしげ)・生い立ちの謎】に飛ぶ。
水戸藩重臣・雑賀(さいが/鈴木)家の謎】に飛ぶ。
名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
第三巻】に飛ぶ。
第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-06-25 02:44 | Comments(0)  

仲居(なかい)

「仲居(なかい」)は読んで字の如しで女性奉公人の格としては中間に位置し、屋敷内の下働き雑務一般にあたる職責にある。

現在に於ける「仲居(なかい)」は、旅館や料亭などで給仕や接待をする女性の職業を指すが、古くは公家や門跡の邸宅で主人の側で奉仕する人の控室を「中居(なかい)」と称した事が語源である。

将軍家・大名家などの奥向きの料理の配膳室や家政・経理部門に仕える女性の詰める場所を、字が違う「中居(なかい)」と称し、その「奥女中」と「下女・端女(はしため)」の中間の奉公人の意味でも使われた。

上に「御女中(おじょちゅう)」があり、中間に「仲居(なかい)」、その下に「端女(お端・はしため)」や「下女(げじょ)」と言う階級があり、これは字のごとく下働きだが、「御女中(おじょちゅう)」の仕事は貴人(主人)の身の回りに限られている。

つまり「女中(じょちゅう)」は、女性奉公人としては少し上の階級で、貴人(主人)の身近で気持ち良い生活を提供する務めが主であり、「御伽(おとぎ)」と称するお手が付いても不思議では無い立場である。

本来の御伽話(おとぎばな)しは、貴人(主人)を寝かしつける為に寝屋の床内(とこうち)で話す寝物語である。

そこから派生して、貴人(主人)を寝かしつける為の「話し相手」を務める事だが、「性的なお慰め」を務める事も「御伽(おとぎ)」と称される。

貴人(主人)の「話し相手」や「寝物語」を含む「御伽(おとぎ)」は「毎夜のお務め」であるから、「御女中」の仕事で在って「御正室」の役目では無い。


また武家社会と同様に、商家などでも奥女中には特別のお務めのしきたりが存在したから、「奥女中」と「下女・端女(はしため)」の中間の奉公人を「仲居(なかい)」と区別して呼んだ。

現在に於いては、旅館の女性従業員を「女中(じょちゅう)」と呼ぶのは用法の間違いで、旅館の女性従業員は「御伽(おとぎ)職務」は無いから「仲居(なかい)」である。

そうなると、旅館に於ける「女中と仲居の錯誤」は、「広域倭の国論」や「百姓解釈」と同様に時代の経過と伴に混同した錯誤かも知れない。

つまり、温泉旅館で「枕営業で稼ぐ女性従業員」は、職能から分別すればあきらかに「仲居(なかい)」ではなく「雑女娼婦」である。

詳しくは・小論【御女中(おじょちゅう)と腰元(こしもと)の違い】を参照下さい。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

関連記事
皇居内裏女官(こうきょだいりにょかん)】に飛ぶ。
江戸城大奥女中(えどじょうおおおくじょちゅう)】に飛ぶ。
御女中(おじょちゅう)と腰元(こしもと)】に飛ぶ。
おかみさん文化】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-06-04 23:34 | Comments(0)