「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

部下を競(きそ)わせる

品格を持たない指導者が陥る手法に「部下を競(きそ)わせる」がある。

「部下を競(きそ)わせる」は部下操縦手法としては有効な手段だが、それは部下に呆れられる「品が無い手法」である。

織田信長豊臣秀吉も、この世の中で有効とされる手法・「部下を競(きそ)わせる」を使って知性優秀な部下に離反された。

勿論、競わせた挙句に「俺がやらせた」と言い放って、本音では成果を一人占めした信長亡き後の織田家家臣は内紛状態で、後継者、次男・織田信雄(おだのぶお/ のぶかつ)と三男・織田信孝(おだのぶたか)には、本心からの味方は無いに等しかった。

正直、出世に関して言えば、本来の人間の能力には大した差は無い。

強(し)いて言えば、事を教わる人材に恵まれ、かつ、担担(かつ)いだお館(親方・首領)の出世能力に引き立てられるかどうかの運不運かも知れない。

しかし良く考えて観ると、お館(親方・首領)の出世には、担(かつ)がれた家臣(部下)の手助けが在っての事で、つまり成果は相互の力の結集である。

それ故に、「俺がやらせた」は、お館(親方・首領)の品格として「大きなうぬぼれ」ではないのか?


豊臣家の恩顧大名にしても、若い頃から面倒を見てくれた正室・北政所「おね(ねね)」の内助の功には感謝しても、豊臣後継の秀頼やその母・淀君(茶々)に対しては何の恩義も無かった。

企業経営では重要な事だが、何かを鼻先にぶら下げて「部下を競(きそ)わせる」と言うこの方法は、即効性が有るかも知れないが「部下の品格」は育たない。

この【左脳域】志向である「部下を競わせる」の裏に育つのは、「手段の為には何でもあり」の悪しき憎悪の感性である。

こうした状況下に組織が陥(おちい)ると、結果、内部での足の引っ張り合いが始まり組織としての結束は崩れる。

徳川家康は当時の武将としては珍しく、この「部下を競わせる」の手法を取らなかった。

それでも徳川家臣団は自ら競って忠勤に励んだ。

徳川家康と三河家臣団の結び付きは、首領(武家の棟梁)である家康の家臣に対する気配り思い遣りが前提に在っての新しい信頼関係だった。

三方ヶ原合戦」に破れた徳川家康は、命を賭して自分を助けた家臣団の恩を生涯の道しるべにしていたからである。

実は徳川幕府成立以前の武士(氏族)には、江戸期に於ける「武士道の精神」などはなく、下克上(げこくじょう)の世界だった。

それ故、この「武士道の精神」もって「日本人の心」と言い張るのは、いささか格好の付け過ぎである。

この武士道幻想を利用して軍事政権が国民を戦地に送った大戦が、ほんの一世代前に在った事を忘れてはならない。

それに、この武士道の精神の発祥条件(家康の心情)から考えると、一方的な忠勤思想(忠誠心)は、既に家康以後の権力者によって歪曲されたものである。

本来相互に信頼が通う為には、一方的な忠勤思想(忠誠心)を押し付けるものでは在り得ない。


ついでの話しだが、「馬鹿にされてたまるか」と言う根性が「人を強くする」と世の中では解釈されている。

だが、これは大きな間違いで、冷徹に醒(さ)めて「馬鹿にされようが、そんな事は気にしない」の方が遥かに強い。

物事の判断には、過去の経験がものを言う事が多い。

つまり机の上の知識だけでは「個人の気持ち」と言う希望が混ざって、それらの体験的判断はできない。

そこに付け入る隙が出来るのだが、「馬鹿にされてたまるか」は極小(ごくちい)さな根性で、そんな事に気を遣っていては大成など望むべくも無い。

参考小論
ロックイン効果の心理理論】に飛ぶ。
国家の品格・武士道の国・日本のまやかし】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-09-22 23:40 | Comments(0)  

熊野古道(くまのこどう)

白河上皇(第七十二代天皇)は、自らの神的霊力を補完する為に、後に熊野古道(くまのこどう)として世界遺産に登録される熊野霊場群の参詣を利用する。

熊野古道(くまのこどう)は紀伊半島に位置し、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府に跨る道で、熊野三山へと通じる参詣道(さんけいみち)は、紀伊路・小辺路・中辺路・大辺路・伊勢路と呼ばれる五道の総称である。

伊勢路(いせじ)とは、熊野古道(くまのこどう)五道の内の一つで、伊勢国・伊勢神宮から熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へ通じる参詣道(さんけいみち)、熊野参詣道のひとつである。

熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)への参詣は、九百七年・平安期の「宇多法皇(五十九代天皇)の熊野行幸が最初」と伝えられている。

熊野三山への参詣が頻繁に行われるようになったきっかけは、千九十年に始まった白河上皇の熊野御幸からで、白河上皇はあわせて九回の熊野御幸を行った。

これにより京都の皇族、貴族の間に熊野詣が行われるようになり、後の後白河上皇(七十七代代天皇)も三十三回の熊野御幸を行っている。

江戸時代に入ると、伊勢詣(伊勢神宮参詣)と並び、熊野三山詣は、広く庶民が行うようになり、一時は熊野付近の旅籠に一日で八百人の宿泊が記録された事も在ったと伝えられている。

二千四年には、熊野古道(くまのこどう)は「紀伊山地の霊場群(吉野・大峯、熊野三山、高野山を含む)と参詣道(さんけいみち)」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産における「遺跡および文化的景観」)として登録された。

白河上皇(第七十二代天皇)関連記事
小論・【平清盛(たいらのきよもり)の謎に迫る】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-09-19 15:55 | Comments(0)  

自衛隊(じえいたい)

第二次世界大戦後、日本の統治下を離れた朝鮮半島が自由主義勢力と共産主義勢力の間で分断され、終戦から九年後の千九百五十年、大規模な戦闘が勃発する。

この年、連合国側(主に米軍)の出兵の後を埋める治安組織として「警察予備隊(現・自衛隊/じえいたい)」が総理府の機関として組織される。

つまり朝鮮戦争勃発時、GHQ指令に基づくポツダム政令により警察予備隊が総理府の機関として組織されたのが「警察予備隊」の始まりである。

言わば、後に「自衛の為の軍事組織」として発展する「警察予備隊(後の自衛隊)設置」の切欠は、朝鮮戦争と言う外部要因だった。

また、旧・日本海軍の残存部隊は海上保安庁を経て海上警備隊となり、その後「警備隊」として再編される。

千九百五十二年八月一日には、「警察予備隊」と「海上警備隊」の二つの機関を管理運営の為の総理府外局として保安庁が設置され、警察隊は保安庁の傘下となる。

その二ヵ月後の同千九百五十二年十月十五日、その警察隊が保安隊に改組ざれる。

そして千九百五十四年七月一日、自衛隊法が施行され、保安隊が自衛隊に改称され警備隊は海上自衛隊に、新たに領空警備を行う航空自衛隊も新設される。

この経緯を持って、陸海空の各自衛隊が成立した。

また同日付で防衛庁の設置法も施行され、防衛庁(現・防衛省)が設置されている。

自衛隊法第一条(昭和二十九年六月九日・法律第百六十五号)には、自衛隊の任務、自衛隊の部隊の組織及び編成、自衛隊の行動及び権限、隊員の身分取扱等を定められる。


なお、千九百五十四年に警察の補完組織だった保安隊、警備隊が、国防を任務とする自衛隊になった時、新任務にふさわしい宣誓が求められた。

だが、全隊員の六%の約七千三百人が宣誓拒否して退官した。

その大部分は陸上自衛隊の任期制隊員(千九百五十四年八月九日参院内閣委、木村篤太郎防衛庁長官)だった。

また、この時点で各自衛隊統合運用の為、統合幕僚会議も設置され統合幕僚会議議長がこれを統括した。

それで二千六年には、より広範な権限を持つ統合幕僚監部に組織替えとなり統合幕僚長がこれを統括する事となった。


東西冷戦期は専守防衛の枠内で日米安全保障条約に従って在日米軍の日本防衛機能を補完する役割を担った。

そしてポスト冷戦期の千九百九十年代からは国連平和維持活動などの為、海外派遣が行われている。

自衛隊は現在、防衛庁から防衛省に昇格(二千七年)した中央省庁の一つが陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を管理・運営し、並びにこれに関する事務を行っている。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-09-08 02:54 | Comments(0)  

団塊の世代(だんかいのせだい)と集団就職(しゅうだんしゅうしょく)

バブル崩壊までの第二次世界大戦後の経済復興は、団塊の世代(だんかいのせだい)と伴に歩んだ。

団塊の世代(だんかいのせだい)とは、第二次世界大戦敗戦後の一時期に大量の出生が見られた人口現象である。

第二次世界大戦の戦後期、昭和二十二年、二十三年、二十四年を中心に戦後の開放感から結婚と出産ブームが重なり、いわゆる「団塊の世代」が生まれた。

なにしろ校舎を増設した上に、一クラスの教室に五十五人も詰め込まないと対応し切れないほどの子供が記録的に出生し、「団塊の世代」と命名された。

同年齢や近い年齢が多い熾烈な競争社会で育った「団塊の世代」の世代は、日本の高度成長時代に若い働き手として一翼を担った。

誤まって「バブル崩壊」の責任を「団塊の世代」の世代に押し付けた学者がいる。

だが、昭和六十一年(1985年)のバブル崩壊時、「団塊の世代」は年齢が四十歳くらいで、金を動かせ得た経済活動の実権はまだ戦前世代に在り、濡れ衣だった。

その「団塊の世代」が、昭和二十二年生まれの平成二十五年から順次六十五歳の定年を迎え、既に高齢化時代に入りつつある。

つまり敗戦後の貧しい時代とベビーブームが重なって「団塊の世代」が形成され、その後の日本の在り方に強い影響をもたらせ、現在に到るのだ。


集団就職(しゅうだんしゅうしょく)とは、未就業者(新卒者)が集団で都市部へ就職する事を指す用語で、戦前にも高等小学校を卒業した人が集団就職する例が在った。

しかし特に広く知られるのは、昭和三十年代中頃(千九百六十年代)に始まった日本の高度経済成長期に盛んに行われた農村から都市部への大規模な就職運動の事をさす場合が多い。

出産ブームで「団塊の世代」が出現した戦後期に、日本では工場生産システムが大量生産の時代に入り、製造業界では単純労働力を必要としていた。

まだ戦後の経済復興期には、家族経営が多かった都会の小売業や飲食業も家族以外に補助的な労働力を求めていた。

昭和四十五年(千九百七十年)頃までの地方では、生計が苦しく高等学校などに進学させる余裕がない世帯が多かった。

集団就職で中卒者(義務教育のみしか卒業していない)を送り出す側の事情として、子供が都会の企業に就職することで経済的にも自立することを期待して、都市部の企業に積極的に就職させようとする考えが、保護者にも学校側にも存在した。

こうした状況の下、地方の中学校も企業の求人を積極的に生徒に斡旋して集団就職として送り出した。

賃金も農村部より都市部の方が高くて、大量の中卒者が毎年地方の農村から大都市部に移動して、関東、中部、関西の三大都市圏の転入超過人口の合計が四十万人~六十万人であった。

こう言った若年の労働者は、「将来性が高いと言う意味や安い給料で雇える」と言う意味から金の卵と呼ばれてもてはやされた。

因(ちな)みに、ここで言う「将来性が高い」は、学歴が無くとも良い親方に付き手に職(技術)が身に付けば将来親方として独立する可能性を言った。


地方の農村から都市部に引っ越した流入若年の数は東京都が最多で、東京都の工場街・商店街のある足立区・葛飾区・大田区・墨田区・新宿区・江東区などが「金の卵たる中卒者」が多く居住した地区だった。

この安い労働力を大量に供給する集団就職によって「日本の高度経済成長が支えられた」と言える一方、地方は限界集落への第一歩を歩み始めたとも言える。

日本の山間部の過疎化が限界集落まで進んだのは、集団就職で若者が多数都会に出、寝宿制度夜這いの風習が無くなり、若者が田舎に定着する魅力が壊滅したからである。

実はこの集団就職の受け皿には「内助の功(ないじょのこう)」が機能して中小零細の中から中堅企業や大企業が出現している。

昭和四十五年(千九百七十年)以降は経済が安定し、地方の各家庭の所得も増加し高卒労働者が中卒労働者を上回った。

昭和四十九年(千九百七十四年)のオイルショックで、日本経済が低迷した事もあり、工場が操業短縮に追い込まれるなど中卒者の新卒採用を控える企業が増加した。

若年の中卒者には、労働法上の制約で深夜労働や時間外労働が出来ないなども要因となり、労働省(現・厚生労働省)は昭和五十二年(千九百七十七年)に集団就職を廃止した。

関連記事
市場整理の時代が来る人口問題】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-09-03 20:32 | Comments(0)