<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

長崎原爆投下(ながさきげんばくとうか)

長崎原爆投下(ながさきげんばくとうか)とは、第二次世界大戦末期の千九百四十五年年(昭和二十年)八月九日午前十一時二分に、米軍が日本の長崎市に対して投下した原子爆弾の事を言う。

この投下は、広島原爆投下(ひろしまげんばくとうか)に次いで実戦で使われた人類史上二発目の核兵器である。


八月六日の広島原爆投下作戦において観測機B-29「グレート・アーティスト」を操縦したチャールズ・スウィーニー少佐は、テニアン島へ帰還した。

その夜、部隊の司令官であり、広島へ原爆を投下したB-29「エノラ・ゲイ」の機長であったポール・ティベッツ大佐から、再び原爆投下作戦が行われる為にその指揮を執る事を命じられる。

その目標は第一目標が福岡県小倉市(現:北九州市)、第二目標が長崎市である事を告げられた。

その時に指示された戦術は、一機の気象観測機が先行し目標都市の気象状況を確認し、その後、護衛機無しで三機のB-29が目標都市上空に侵入すると言うものであった。

そして出撃機は、合計六機であった。

この戦術は、広島市への原爆投下の際と同じものであり、日本軍はこれに気付いて何がなんでも阻止するだろうとスウィーニーは懸念を抱いた。

スウィーニーの搭乗機は通常はグレート・アーティストで在ったが、この機体には広島原爆投下作戦の際に観測用機材が搭載されていた。

これをわざわざ降ろして別の機体に搭載し直すと言う手間を省く為、ボック大尉の搭乗機と交換する形で、爆弾投下機はボックスカーと言うニックネームの機となった。

ボックスカーには、スウィーニー少佐をはじめとする乗務員十名の他、レーダーモニター要員のジェイク・ビーザー中尉、原爆を担当するフレデリック・アッシュワース海軍中佐、フィリップ・バーンズ中尉の三名が搭乗した。


先行していた気象観測機・エノラ・ゲイからは小倉市は朝靄がかかっているがすぐに快晴が期待できると報告が来る。

ラッギン・ドラゴンからは、長崎市は朝靄が掛かっており曇っているが、雲量は十分の二であるとの報告があった。

硫黄島上空を経て、午前七時四十五分に屋久島上空の合流地点に達し、ボックスカーは計測機のグレート・アーティストとは合流できた。

だが、誤って高度一万二千mまで上昇していた写真撮影機のビッグ・スティンクとは合流できなかった。

ボックスカーは四十分間合流を試みたが、時間経過後、スウィーニー少佐はやむなく二機編隊で作戦を続行する決断をした。

午前九時四十分、大分県姫島方面から小倉市の投下目標上空へ爆撃航程を開始し、九時四十四分投下目標である小倉陸軍造兵廠上空へ到達する。

しかし爆撃手カーミット・ビーハン陸軍大尉が、当日の小倉上空を漂っていた霞もしくは煙の為に、目視による投下目標確認に失敗する。

この時視界を妨げていたのは前日にアメリカ軍が行った、「八幡市空襲(八幡・小倉間の距離はおよそ七km)の残煙と靄だ」と言われる。

米軍の報告書にも、小倉市上空の状況について「雲」ではなく「煙」との記述が見られ、「煙」には信ぴょう性がある。

この時地上では広島への原爆投下の情報を聞いた八幡製鉄所の従業員が少数機編隊で敵機が北上している報を聞き、新型爆弾を警戒して「コールタールを燃やして煙幕を張った」と証言している。

その後、別ルートで爆撃航程を少し短縮して繰り返すものの再び失敗、再度三度目となる爆撃航程を行うがこれも失敗し、この間およそ四十五分間もロスしていた。

この小倉上空での三回もの爆撃航程失敗のため残燃料に余裕がなくなり、その上ボックスカーは燃料系統に異常が発生したので予備燃料に切り替えた。

その間に天候が悪化、日本軍高射砲からの対空攻撃が激しくなり、また、陸軍芦屋飛行場から飛行第五十九戦隊の五式戦闘機、海軍築城基地から第二百三航空隊の零式艦上戦闘機十機が緊急発進してきた事も確認された。

こうした状況下で、機長・スウィーニー少佐は、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、午前十時三十分頃、小倉市上空を離脱した。


ボックスカーが長崎に向かう途中、トラブルが発生した。

計測機・グレート・アーティストの居場所について声をかけられた航法士が、インターホンのボタンを押したつもりが誤って無線の送信ボタンを押してしまったのである。

直後、「チャック! どこにいる?」と言う、未だ屋久島上空で旋回しているホプキンズからの返事が返ってきた。

結果的に無線封止を破ってしまったボックスカーは、なぜか急旋回してグレート・アーティストとニアミスし、危うく空中衝突をするところであった。

長崎天候観測機ラッギン・ドラゴンは「長崎上空好天。しかし徐々に雲量増加しつつあり」と報告していた。

だが、その報告からかなりの時間が経過しておりその間に長崎市上空も厚い雲に覆い隠された。

ボックスカーは小倉を離れて約二十分後、長崎県上空へ侵入、午前十時五十分頃、ボックスカーが長崎上空に接近した際には、高度千八百mから二千四百mの間が、八十~九十%の積雲で覆われていた。

ボックスカーは補助的にAN/APQ-7“イーグル”レーダーを用い、北西方向から照準点である長崎市街中心部上空へ接近を試みた。

スウィーニー機長は、目視爆撃が不可能な場合は太平洋に原爆を投棄せねばならなかったが、兵器担当のアッシュワース海軍中佐が「レーダー爆撃でやるぞ」とスウィーニー機長に促(うなが)してきた。

命令違反のレーダー爆撃を行おうとした瞬間、本来の投下予定地点より北寄りの地点であったが、雲の切れ間から一瞬だけ眼下に広がる長崎市街が覗いた。

爆撃手カーミット・ビーハン大尉は「街が見える!」・・「Tally ho!雲の切れ間に第二目標発見!」と大声で叫んだ。

スウィーニー機長は、直ちに自動操縦に切り替えてビーハン大尉に操縦を渡した。

ビーハン大尉は、工業地帯を臨機目標として、高度九千mからMk-3核爆弾ファットマンを手動投下した。

ファットマンは放物線を描きながら落下、約一分後の午前十一時二分、長崎市街中心部から約三kmもそれた別荘のテニスコート上空、高度五百mプラスマイナス十mで炸裂した。

ボックスカーは爆弾を投下後、衝撃波を避ける為北東に向けて155度の旋回と急降下を行った。

爆弾投下後から爆発までの間には後方の計測機グレートアーティストから爆発の圧力、気温などを計測する三個のラジオゾンデが落下傘をつけて投下された。

これらのラジオゾンデは、原爆の爆発後、長崎市の東側に流れ、正午頃に戸石村(爆心地から11.6km)、田結村(12.5km)、江の浦村(13.3km)に落下した。

ボックスカーとグレート・アーティストはしばらく長崎市上空を旋回し被害状況を確認し、テニアン基地に攻撃報告を送信した。


この一発の兵器により当時の長崎市の人口二十四万人(推定)のうち約七万四千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊した。

この長崎での核爆発被害の詳細は余りにも残酷なので、ここでは記述を控えさせてもらう。


そこで、この核爆弾投下に対する米国民の解釈が問題なのである。

例えば、八月六日の広島原爆投下から七十年経った現在でも、米国民の半数を超す人達が「広島への原爆投下は正しかった」と理解している。

何故なら戦後の米国内教育が、長期に渡り「広島への原爆投下は、戦争終結の為に正しかった」と一貫して居たからだ。

これはもぅ各国の為政者が、自分達の為に創る「お定まりの創作神話」みたいな偽りの歴史例である。

しかしその広島原爆投下の現実は、一瞬にして地方の大都市を破壊し、ほとんどが非戦闘員だった十四万人強の人々を無差別に殺戮している。

広島被爆から三日後、八月九日に再び長崎に原爆が投下され、またも無差別に約七万四千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊している。

また、この二発の原爆から生き延びた被爆者は、永い事悲惨な原爆症に苦しめられる生涯を送る事に成った。

それでも、米国民の半数を超す人達が「広島への原爆投下は正しかった」と理解している。

つまりこう言う為政者を正当化する「創作神話」は、いつの世にもどこの国でもある事だが、その「為政者の創作神話」が必ずしも正しく無い現実を、人々は知らねば成らない。

詳しくは、小論【広島・長崎 原爆被爆概略史】を参照下さい。

関連記事
ポツダム宣言
玉音放送(ぎよくおんほうそう)

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2015-08-08 15:27 | Comments(1)  

広島原爆投下(ひろしまげんばくとうか)

第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の千九百四十五年(昭和二十年年)八月六日午前八時十五分に、米軍が日本の広島市に対して投下した原子爆弾に関する記述を広島市への原子爆弾投下(ひろしましへのげんしばくだんとうか)とする。

この広島原爆投下(ひろしまげんばくとうか)が、実戦で使われた世界最初の核兵器である。


千九百四十五年七月二十五日、米大統領・トルーマンが原爆投下の指令を承認する。

ハンディ陸軍参謀総長代理からスパーツ陸軍戦略航空軍司令官(戦略航空隊総指揮官)に原爆投下が指令された。

八月二日、グアム島の米軍・第二十航空軍司令部からテニアン島の第五百九混成群団に、次のような野戦命令十三号が発令される。

八月四日、原子爆弾を搭載するB-29エノラ・ゲイ号は最後の原爆投下訓練を終了して、マリアナ諸島テニアン島北飛行場に帰還した。

翌八月五日二十一時二十分、第五百九混成部隊の観測用B-29が広島上空を飛び、「翌日の広島の天候は良好」とテニアン島に報告した。

同五日、五百九混成群団司令部から作戦命令三十五号が発令される。

ブリーフィング(簡単な報告・指令)で、ポール・ティベッツ陸軍大佐がエノラ・ゲイの搭乗員に出撃命令を伝えた。

エノラ・ゲイと言う爆撃機のニックネームは、出撃命令を伝えたポール・ティベッツ陸軍大佐の母親の名前に由来すると言う。


八月六日零時三十七分、まず気象観測機のB-29が三機、候補都市三ヵ所の天候状態を観測しに離陸した。

ストレートフラッシュ号は広島市へ、ジャビット3世号は小倉市へ、フルハウス号は長崎市だった。

零時五十一分には予備機のトップ・シークレット号が硫黄島へ向かった。

続いて一時二十七分、Mk-1核爆弾リトルボーイを搭載したエノラ・ゲイがタキシングを開始し、一時四十五分にA滑走路の端から離陸する。

エノラ・ゲイ離陸二分後の一時四十七分、原爆の威力の記録を行う科学観測機(グレート・アーティスト号)が離陸する。

さらに二分後の一時四十九分には写真撮影機(#91 or ネセサリー・イーブル号)の各1機のB-29も飛び立った。


この八月六日、六機のB-29が原爆投下作戦に参加し、内四機が広島上空へ向かっていた。B-29が、テニアン島から広島市までは約七時間の飛行で到達できる距離である。

八月六日六時三十分、兵器担当兼作戦指揮官ウィリアム・S・パーソンズ海軍大佐、兵器担当補佐モーリス・ジェプソン陸軍中尉、爆撃手トーマス・フィアビー陸軍少佐らがエノラ・ゲイの爆弾倉に入る。

彼らが、リトルボーイの起爆装置から緑色の安全プラグを抜き、赤色の点火プラグを装填した。

作業を終えたパーソンズ大佐はポール・ティベッツ機長に「兵器のアクティブ化完了」と報告し、機長は「了解」と答えた。

機長・ポール・ティベッツ大佐は機内放送で「諸君、我々の運んでいる兵器は世界最初の原子爆弾だ」と、積荷の正体を初めて搭乗員全員に明かした。

この直後、エノラ・ゲイのレーダー迎撃士官ジェイコブ・ビーザー陸軍中尉がレーダースコープに正体不明の輝点(ブリップ)を発見する。

通信士リチャード・ネルソン陸軍上等兵はこのブリップが敵味方識別装置に応答しないと報告した。

エノラ・ゲイは回避行動をとり、高度二千m前後の低空飛行から急上昇し、七時三十分に八千七百mまで高度を上げた。

さらに四国上空を通過中に日本軍のレーダー照射を受け、単機の日本軍戦闘機が第一航過で射撃してきたが被弾はなかった。

この日本軍戦闘機(所属不明)はハーフターンして第二航過で射撃を試みたが、高高度飛行に対応できず射撃位置の占有に失敗した。


エノラ・ゲイ号は危機を回避し、目的地への飛行を再開する。

七時過ぎ、エノラ・ゲイ号に先行して出発していた気象観測機B-29の一機、クロード・イーザリー少佐のストレートフラッシュ号が広島上空に到達した。

七時十五分頃、ストレートフラッシュ号はテニアン島の第三百十三航空団に気象報告を「Y3、Q3、B2、C1」と送信する。

「Y3、Q3、B2、C1」の意味は「低い雲は雲量4/10から7/10で小さい、中高度の雲は雲量4/10から7/10で薄い、高い雲は雲量1/10から3/10で薄い、助言:第一目標(広島)を爆撃せよ」だった。

この気象報告を四国沖上空のエノラ・ゲイ号が傍受し、原爆の投下は目視が厳命されており、上空の視界の情報が重要であり、投下目標が広島に決定される。


ストレートフラッシュ号は日本側でも捕捉しており、中国軍管区司令部から七時九分に警戒警報が発令されたが、そのまま広島上空を通過離脱した為、七時三十一分に解除された。

その後の八時過ぎ、B-29少数機(報告では二機であったが、実際には三機)が日本側によって捕捉される。

八時九分、エノラ・ゲイ号は広島市街を目視で確認した。

その八時九分、中国軍管区司令部が警報発令の準備をしている間に、エノラ・ゲイ号は広島市上空に到達していた。

八時十三分、中国軍管区司令部は警戒警報の発令を決定したが、各機関への警報伝達は間に合わなかった(当然、ラジオによる警報の放送もなかった)。

エノラ・ゲイ号の高度は、三万一千六百フィート(役九千六百三十メートル)に在り、原爆による風圧などの観測用のラジオゾンデを吊るした落下傘を三つ落下させた。

青空に目立つこの落下傘は、空を見上げた市民たちに目撃されている。

この時の計測用ラジオゾンテを取り付けた落下傘を、目撃した市民が原爆と誤認した為、「原爆は落下傘に付けられて投下された」という流説があるが誤りである。

この誤りの為、一部のラジオゾンデは「不発の原子爆弾がある」という住民の通報により調査に向かった日本軍が鹵獲(ろかく/接収)した。

広島県安佐郡亀山村に落下したラジオゾンデは、原爆調査団の一員だった淵田美津雄海軍総隊航空参謀が回収している。

また一部の市民は、このラジオゾンデ投下を「乗機を撃墜された敵搭乗員が落下傘で脱出した」と思って拍手していたという。

八時十二分、エノラ・ゲイが攻撃始点(IP=第一目標=広島)に到達した事を、航法士カーク陸軍大尉は確認した。

エノラ・ゲイ機は自動操縦に切り替えられ、爆撃手フィアビー陸軍少佐はノルデン照準器に高度・対地速度・風向・気温・湿度などの入力をし、投下目標(AP)を相生橋に合わせた。

相生橋は広島市の中央を流れる太田川が分岐する地点にかけられたT字型の橋であり、特異な形状は、上空からでもその特徴がよく判別できる為、目標に選ばれていた。

八時五十一分十七秒、原爆リトルボーイが自動投下された。

副操縦士のロバート・ルイスが出撃前に描いたとされる「爆撃計画図」によると、投下は爆心地より2マイル(約3.2km)離れた地点の上空であると推察される。

三機のB-29は投下後、熱線や爆風の直撃による墜落を避ける為にバンクして進路を155度急旋回した。

再び手動操縦に切り替えたポール・ティベッツ大佐はB-29を激しい勢いで急降下させ、キャビンは一時無重力状態になった。

リトルボーイは、爆弾倉を離れるや横向きにスピンし、ふらふらと落下した。

落下したリトルボーイは間もなく尾部の安定翼が空気を掴み、放物線を描いて約四十三秒間落下した後、相生橋よりやや東南の島病院付近高度約六百メートルの上空で核分裂爆発を起こした。


この一発の兵器により当時の広島市の推定人口三十五万人のうち九万~十六万六千人が被爆から二~四ヶ月以内に死亡したとされる。

この広島での核爆発被害の詳細は余りにも残酷なので、ここでは記述を控えさせてもらう。


そこで、この核爆弾投下に対する米国民の解釈が問題なのである。

例えば、八月六日の広島原爆投下から七十年経った現在でも、米国民の半数を超す人達が「広島への原爆投下は正しかった」と理解している。

何故なら戦後の米国内教育が、長期に渡り「広島への原爆投下は、戦争終結の為に正しかった」と一貫して居たからだ。

これはもぅ各国の為政者が、自分達の為に創る「お定まりの創作神話」みたいな偽りの歴史例である。

しかしその広島原爆投下の現実は、一瞬にして地方の大都市を破壊し、ほとんどが非戦闘員だった十四万人強の人々を無差別に殺戮している。

広島被爆から三日後、八月九日に再び長崎に原爆が投下され、またも無差別に約七万四千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊している。

また、この二発の原爆から生き延びた被爆者は、永い事悲惨な原爆症に苦しめられる生涯を送る事に成った。

それでも、米国民の半数を超す人達が「広島への原爆投下は正しかった」と理解している。

つまりこう言う為政者を正当化する「創作神話」は、いつの世にもどこの国でもある事だが、その「為政者の創作神話」が必ずしも正しく無い現実を、人々は知らねば成らない。

詳しくは、小論【広島・長崎 原爆被爆概略史】を参照下さい。

関連記事
ポツダム宣言
玉音放送(ぎよくおんほうそう)

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2015-08-08 15:24 | Comments(1)  

五代友厚(ごだいともあつ)

五代友厚(ごだいともあつ)は、江戸時代末期の薩摩藩士で、明治時代中期にかけては歴史に残る実業家でもある。

友厚(ともあつ)は、「三国名勝図会」の執筆者で記録奉行である五代直左衛門秀尭(ごだいなおざえもんひでたか)の次男として千八百三十六年に薩摩国鹿児島城下長田町城ヶ谷(現鹿児島市長田町)生まれた。

質実剛健を尊ぶ薩摩の気風の下に育てられ、八歳になると児童院の学塾に通い、十二歳で聖堂に進学して文武両道を学ぶ。

友厚(ともあつ)は十四歳の時に、琉球交易係を兼ねていた父・秀尭(ひでたか)に奇妙な地図を広げて見せられた。

父・秀尭(ひでたか)が見せたものは、藩主・島津斉興(しまずなりおき)がポルトガル人から入手した世界地図だった。

友厚(ともあつ)は、父・秀尭(ひでたか)からこの世界地図の複写を命じられる。

千八百五十四年(安政元年)、友厚(ともあつ)十八歳の時に米国人マシュー・ペリーが米国インド艦隊を率いて浦賀沖に来航し天下が騒然となる。

この時友厚(ともあつ)は、「男児志を立てるは、まさにこのときにあり」と奮いたったと記録されている。

千八百五十五年(安政二年)、友厚(ともあつ)は藩の郡方書役助(農政を司る役所の書記官補)となる。

兄の徳夫が強烈な鎖国論者にも関わらず、友厚(ともあつ)は開国論者の立場に立つ。

翌千八百五十六年(安政三年)、友厚(ともあつ)は長崎海軍伝習所へ藩伝習生として派遣され、オランダ士官から航海術を学ぶ。

千八百六十二年(文久二年)、友厚(ともあつ)は海外渡航を企て、藩に懇願するも拒まれる。

友厚(ともあつ)は幕府艦・千歳丸に水夫として乗船し上海に渡航、藩のために汽船購入の契約をする。

翌千八百六十三年(文久三年)、生麦事件によって発生した薩英戦争では、友厚(ともあつ)は三隻の藩船ごと松木洪庵(寺島宗則)と共にイギリス海軍の捕虜となる。

しかし友厚(ともあつ)は、通弁(通訳)の清水卯三郎のはからいにより、横浜に於いて小舟にてイギリス艦を脱出し江戸に入る。

友厚(ともあつ)は、イギリスの捕虜となった事が国元悪評となった為、薩摩に帰国できず、しばらく潜伏生活をする。

その後友厚(ともあつ)は、長崎で出会った同じ薩摩藩士の野村盛秀の取り成しによって帰国を許された。

千八百六十五年(慶応元年)、友厚(ともあつ)は武器商人・トーマス・ブレーク・グラバーの仲介で、藩命により寺島宗則・森有礼らとともに薩摩藩遣英使節団として英国に出発する。

一行は欧州各地を巡歴。ベルギーのブリュッセルでモンブランと貿易商社設立契約に調印、これは薩摩藩財政に大きく寄与するものとみなされたが、諸要因により失敗に終わる。

しかしこの時の経験が、後の実業家・五代友厚(ごだいともあつ)の経営手腕に大きな影響を与える事になる。

同千八百六十五年(慶応元年)、友厚(ともあつ)は御小納戸奉公格に昇進し薩摩藩の商事を一気に握る会計係に就任する。

友厚(ともあつ)は、長崎の武器商人・トーマス・ブレーク・グラバーと合弁で長崎小菅にドックを開設するなど実業家の手腕を発揮し始めた。

ここで言うドックと言うのは、俗にそろばんドックと呼ばれるもので、今も現存している。

千八百六十八年(慶応四年)、戊辰戦争が勃発し友厚(ともあつ)は同じ薩摩藩の西郷隆盛大久保利通らとともに倒幕に活躍した。

戊辰戦争に勝利し、友厚(ともあつ)は千八百六十八年(明治元年)に明治新政府の参与職外国事務掛となる。

外国官権判事、大阪府権判事兼任として大阪に赴任し、堺事件、イギリス公使パークス襲撃事件などの外交処理にあたった。

友厚(ともあつ)は大阪に造幣寮(現・造幣局)を誘致し、また初代大阪税関長となり、大阪税関史の幕を開ける。

千八百六十九年(明治二年)、友厚(ともあつ)は退官する。

退官の後、本木昌造の協力により英和辞書を刊行、また硬貨の信用を高める為に金銀分析所を設立する。

紡績業・鉱山業(奈良県天和銅山・福島県半田銀山など)・製塩業・製藍業(朝陽館)などの発展に尽力する。

友厚(ともあつ)は薩長藩閥政府との結びつきが強く、千八百七十五年(明治八年)に大久保利通木戸孝允板垣退助らが料亭に集って意見の交換を行った「大阪会議」や、黒田清隆が批判を浴びた開拓使官有物払下げ事件にも関わり、政商と言われた。

友厚(ともあつ)は、大阪経済界の重鎮の一人として大阪株式取引所(現・大阪証券取引所)、大阪商法会議所(現・大阪商工会議所)、大阪商業講習所(現・大阪市立大学)、大阪製銅、関西貿易社、共同運輸会社、神戸桟橋、大阪商船、阪堺鉄道(現・南海電気鉄道)などを設立した。

千八百八十五年(明治十八年)八月、友厚(ともあつ)は東京で療養生活を送り始め、そのまま同年九月末頃に四十九歳で東京於いて逝去した。


幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2015-08-04 00:57 | Comments(0)