成務大王(せいむおおきみ/天皇)

日本書記」に拠ると、成務大王(せいむおおきみ/第十三代天皇)は、景行十四年に景行大王(けいこうおおきみ)と八坂入媛命(やさかいりびめのみこと)との間の皇子・稚足彦尊(わかたらしひこのみこと)として生まれる。

古事記」では、若帯日子天皇(わかたらしひこのすめらのみこと)と表記されている。


景行五十一年八月四日に稚足彦尊(わかたらしひこのみこと)は立太子、成務元年正月に即位し、成務大王(せいむおおきみ)となる。

成務大王(せいむおおきみ)は成務三年に武内宿禰(たけのうちのすくね)を大臣とした。


成務三十五年九月、成務大王(せいむおおきみ)は、諸国に令して行政区画として国 郡(くにこおり)・県邑(あがた むら)を定め、それぞれに造長(くにのみやつこ)・稲置(いなぎ)等を任命する。

山河を隔にして国県を分かち、阡陌(南北東西の道)に随って邑里(むら)を定め、地方行政機構の整備を図った。

ここに於いて、「人民は安住し、天下太平であった」と言う。


これらの記事は「古事記」にも大同小異で、「建内宿禰(たけのうちのすくね)を大臣として、大国・小国の国造を定めたまひ、また国々の堺、また大県小県の県主を定めたまひき」とある。

「先代旧事本紀」の「国造本紀」に載せる国造の半数がその設置時期を成務朝と伝えていることも注目される。


成務大王(せいむおおきみ)は、成務四十八年三月一日に、甥の足仲彦尊(後の仲哀大王/天皇)を皇太子に立て、成務六十年六月に百七歳で崩御する。

「古事記」には、九十五歳となっている。


成務大王(せいむおおきみ)の在位についても、実在性には疑いが持たれている。

「記・紀」に載せる成務大王(せいむおおきみ)の旧辞部分の記事は、他の大王(おおきみ)のそれに比して極端に文量が少なく、史実性には疑いが持たれているものの、実在を仮定すればその年代は四世紀半ばに当たると考えられている。


「日本書紀」に、成務大王(せいむおおきみ)の在位は六十年と伝わる。

しかし、これだと「日本書紀」の記述のみでも日本武尊(やまとたけるのみこと/倭建命)の子である次代・仲哀大王(ちゅうあいおおきみ)が日本武尊(やまとたける)の死後三十六年後に産まれた事になってしまう矛盾がそんざいする。


更に成務大王(せいむおおきみ)の事績は、即位六年から先は四十八年に三十一歳の仲哀大王(ちゅうあいおおきみ)を皇太子に任命した記事しか無い。

これは日本武尊(やまとたける)の死が、成務大王(せいむおおきみ/天皇)の即位より二十年前にあたるため、仲哀大王(ちゅうあいおおきみ)の年齢が一致しなくなり、明らかに矛盾している。

こうした矛盾から、成務大王(せいむおおきみ)の捏造説が浮上している。


更に、景行大王(けいこうおおきみ)の記事と重複するが、「タラシヒコ」という称号は十二代景行・十三代代成務・十四代代仲哀の三大王(三おおきみ/天皇)が持っていた。

更に時代が下って七世紀前半に在位した事が確実な三十四代舒明三十五代皇極(三十七代斉明)の両天皇も同じ称号を持つ。

この事から、タラシヒコの称号は七世紀前半のものであるとして、十二,十三,十四代の称号は後世の造作と考える説があり、景行大王(けいこうおおきみ)の実在性そのものに疑問が出されている。

そしてこの頃の大王(おおきみ/天皇)の物語は、時系列からすると古事記・日本書紀の編纂からはかなり以前の事で、編纂までの間に為政者の都合による創作が紛れ込んでも違うとも正しいとも証明が出来ない。

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。

参考・【古事記・日本書紀の皇統神格化疑惑】を参照下さい。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-09-01 00:30 | Comments(0)  

景行大王(けいこうおおきみ/天皇)と日本武尊(やまとたけるのみこと)

垂仁十七年 、景行大王(けいこうおおきみ/第十二代天皇)は、垂仁大王(すいにんおおきみ/第十一代天皇)の第三皇子と日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)の間に生を受けた。

垂仁三十七年一月一日に二十歳で立太子する。

景行元年七月に即位、翌、景行二年三月三日に播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)を皇后に立てる。


日本書紀(にほんしょき)」に拠ると、景行四年、景行大王(けいこうおおきみ)は美濃国に行幸し、泳宮(くくりのみや、岐阜県可児市)に滞在し、八坂入媛命(やさかいりびめのみこと)を妃とする。

景行十二年、熊襲(くまそ)が背(そむ)いたので、これを征伐すべく、八月に景行大王(けいこうおおきみ)自ら西下し、周防国の娑麼(さば、山口県防府市)で神夏磯媛から賊の情報を得て誅殺した。

同、景行十二年、景行大王(けいこうおおきみ)は筑紫(九州)に入り、豊前国京都郡(福岡県行橋市)に行宮(かりみや)を設ける。


豊後国の碩田(おおきた、大分県大分市)で土蜘蛛(つちぐも)を誅して、景行十二年十一月にようやく日向国に入る。

熊襲梟帥(くまそたける)をその娘に殺させ、翌景行十三年夏に熊襲平定を遂げた。


景行大王(けいこうおおきみ)は、日向高屋宮(宮崎県西都市か)に留まる事六年に及び、景行十八年三月に都へ向け出立する。

熊県(熊本県球磨郡)や葦北(同葦北郡)・高来県(長崎県諫早市)・阿蘇国(熊本県阿蘇郡)・的邑(いくはのむら、福岡県浮羽郡)を巡り、景行十九年九月に還御した。

なお、この景行大王(けいこうおおきみ)親征について、「古事記(こじき) 」には一切記されていない。


景行二十五年七月、武内宿禰(たけしうちのすくね)を遣わして、北陸・東方諸国を視察させる。


景行二十七年八月、熊襲(くまそ)が再度謀反を起こした為、十月に第二皇子・日本武尊(やまとたけるのみこと/倭建命)を遣わして、熊襲を征討させる。

日本武尊(やまとたけるのみこと)は熊襲首長の川上梟帥(かわかみのたける)を謀殺し、翌年に復命する。


景行四十年十月、景行大王(けいこうおおきみ)は日本武尊(やまとたけるのみこと)に蝦夷(エミシ)征討を命じる。

日本武尊(やまとたけるのみこと)は途中、伊勢神宮で叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)より三種の神器(みくさのかむだから)の一つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を授かった。

日本武尊(やまとたけるのみこと)は陸奥国に入り、戦わずして蝦夷(エミシ)を平定する。


日本武尊(やまとたけるのみこと)は日高見国(北上国)から新治(茨城県真壁郡)・甲斐国酒折宮・信濃国を経て尾張国に戻り、宮簀媛(みやずひめ)と結婚する。

その後近江国に出向くが、胆吹山の荒神に祟られて身体不調になる。

景行四十三年年、日本武尊(やまとたけるのみこと)は身体不調のまま伊勢国に入るが、能褒野(のぼの、三重県亀山市)で病篤くなり崩御し白鳥陵に葬られた。


景行五十一年八月四日、景行大王(けいこうおおきみ)は八坂入媛命(やさかいりびめのみこと)との間の皇子・稚足彦尊(わかたらしひこのみこと/後の成務大王(せいむおおきみ/天皇))を皇太子に立てる。

景行五十二年五月四日に、皇后・播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)が崩御したので、同、垂仁五十二年七月七日に八坂入媛命(やさかいりびめのみこと)を新たな皇后とする。


景行五十三年、景行大王(けいこうおおきみ)は息子の日本武尊(やまとたける)を追慕し、東国巡幸に出る。

景行大王(けいこうおおきみ)は東国から戻って伊勢に滞在し、翌、景行五十四年九月に纒向宮に帰る。


景行五十八年、景行大王(けいこうおおきみ)は近江国に行幸、高穴穂宮に滞在すること三年、景行六十年十一月に崩御、「日本書記」では百四十三歳、「古事記」では百三十七歳とされている。


この百四十三歳、百三十七歳とされる人間としては異常に永い年齢表記が、垂仁大王(すいにんおおきみ)と同様に「古事記」・「日本書紀」が天皇神格化目的の意図を持っ歴史書と疑いを持たれる根拠にされている。


景行大王(けいこうおおきみ)の和風諡号は大足彦忍代別天皇(おおたらしひこおしろわけのすめらみこと)で、「タラシヒコ」という称号は十二代景行・十三代代成務十四代代仲哀の三大王(三おおきみ/天皇)が持っていた。

更に時代が下って七世紀前半に在位した事が確実な三十四代舒明三十五代皇極(三十七代斉明)の両天皇も同じ称号を持つ。

この事から、タラシヒコの称号は七世紀前半のものであるとして、十二,十三,十四代の称号は後世の造作と考える説があり、景行大王(けいこうおおきみ)の実在性そのものに疑問が出されている。


景行大王(けいこうおおきみ)の御世の、記紀(古事記・日本書紀)の記事の多くが日本武尊(やまとたける)の物語で占められている。

残るのは帝紀部分のみになり史実性には疑いが持たれるものの、実在を仮定すれば、その年代は四世紀前半かと考えられている。

そしてこの頃の大王(おおきみ/天皇)の物語は、時系列からすると古事記・日本書紀の編纂からはかなり以前の事で、編纂までの間に為政者の都合による創作が紛れ込んでも違うとも正しいとも証明が出来ない。

日本武尊(やまとたけるのみこと/倭建命)】に続く。
景行大王(けいこうおおきみ)と三峯神社(みつみねじんじゃ)】に続く。

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。

参考・【古事記・日本書紀の皇統神格化疑惑】を参照下さい。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-09-01 00:22 | Comments(0)  

垂仁大王(すいにんおおきみ/天皇)

垂仁大王(すいにんおおきみ/第十一代天皇)は、「古事記」には「伊久米伊理毘古伊佐知命(いくめいりびこいさちのみこと)」、「常陸国風土記」には「伊久米天皇(いくめいりてんのう)」、「令集解」所引の「古記」に「生目天皇(いくめてんのう)」、「上宮記」逸文に「伊久牟尼利比古大王(いくむにりひこおおきみ)」と見える。

もし、垂仁大王(すいにんおおきみ)が実存するのであれば、当時の呼称は大王(おおきみ)であり、天皇(てんのう)と呼称している文献は、いずれも以後期作成文献の追記である。

日本書紀」、「古事記」に見える事績は総じて起源譚の性格が強いとして、その史実性を疑問視する説もあったが、近年に於いてはその実在を認めることが多い。


「日本書紀」の編年に拠ると、垂仁大王(すいにんおおきみ/第十一代天皇)は、崇神二十九年一月一日に誕生し、崇神四十八年に崇神大王(すじんおおきみ/第十代天皇)の夢の前兆により皇太子に立てられる。

垂仁元年一月、垂仁大王(すいにんおおきみ)は即位する。

翌、垂仁二年二月に彦坐王(ひこいますのみこ)の娘・狭穂姫(さほひめ)を立后、十月に纒向(まきむく)に遷都した。

垂仁三年三月、新羅王子の天日槍(アメノヒボコ)が神宝を奉じて来朝する。


垂仁五年十月、皇后の兄・狭穂彦(さほひこのみこ)が叛乱を起こし、皇后・狭穂姫命(さほひめのみこと)は兄に従って暗殺計画に失敗し焼死する。

垂仁七年七月、野見宿禰(のみのすくね)が当麻蹴速(たいまのけはや)と相撲をとり蹴殺す事件を起こすが、これが「相撲節会の起源説話」として伝わる。



垂仁十五年二月、垂仁大王(すいにんおおきみ)は、丹波道主王(たんばのみちぬしのみこと)の女たちを後宮に入れ、八月にその中から日葉酢媛(ひばすひめ)を皇后とした。

「元伊勢伝承」に拠れば、垂仁二十五年三月、垂仁大王(すいにんおおきみ)は天照大神(あまてらすおおみかみ)の祭祀を第四皇女の倭姫命(やまとひめ)に託す。

垂仁二十七年八月、垂仁大王(すいにんおおきみ)は諸神社に武器を献納し、神地・神戸を定める。

この年、来目(奈良県橿原市久米町)に初めて屯倉を興す。

垂仁二十八年、垂仁大王(すいにんおおきみ)は殉死の禁令を発布する。


垂仁三十二年年七月、皇后・日葉酢媛(ひばすひめ)が薨去する。

野見宿禰(のみのすくね)の進言に従い、殉死の風に替えて埴輪を埋納し、ここに「埴輪の起源説話」が誕生する。

「古事記」に「石祝(棺とみられる)作りを定め、土師部(はにしべ)を定めたまいき」とある。

石棺を作る部民や赤土で種々の器を作る部民(べみん)を定めたというのである。


垂仁三十五年、垂仁大王(すいにんおおきみ)は河内国の高石池や茅渟(ちぬ)池を始め、諸国に多くの池溝を開いて、農業を盛んにしたと伝える。

垂仁三十九年十月、第 一皇子・五十瓊敷命(いにしきいりひこのみこと)が剣千振を作り、石上神宮に納める。

この後、五十瓊敷命(いにしきいりひこのみこと)に命じて、同神宮の神宝を掌らせる。


垂仁九十年二月、田道間守(たじまもり)に命じて、常世国(とこよのくに)の非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を求めさせる。

垂仁九十九年七月、「日本書紀」に拠ると百四十歳、「古事記」に拠ると百五十二歳、「大日本史」では百三十九歳にて崩御とある。

この人間としては異常に永い年齢表記が、「古事記」・「日本書紀」が天皇神格化目的の意図を持っ歴史書と疑いを持たれる根拠にされている。

「日本書紀」の垂仁九十九年計算すると庚午(こうご)年になるのだが、「住吉大社神代記」には、在位五十三年で「辛未(かのとひつじ)年に崩御した」とあり、これは「日本書紀」の編年と相違する点で注目される。

そしてこの頃の大王(おおきみ/天皇)の物語は、時系列からすると古事記・日本書紀の編纂からはかなり以前の事で、編纂までの間に為政者の都合による創作が紛れ込んでも違うとも正しいとも証明が出来ない。

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。

参考・【古事記・日本書紀の皇統神格化疑惑】を参照下さい。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-09-01 00:14 | Comments(0)  

神功皇后(じんぐうこうごう

神功皇后(じんぐうこうごう)は、仲哀大王(ちゅうあいおおきみ/第十四代天皇)の皇后であり、応神大王(おうじんおおきみ/第十五代天皇)の母である。


日本書紀」などによれば、神功皇后(じんぐうこうごう)は神功元年から神功六十九年まで政事を執り行なった。

それ故に、戦前の日本では一時女帝として扱っていた時期もある。

三韓征伐を指揮した逸話で知られ、「日本書紀」では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・「古事記」では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)と伝えられている。

仲哀大王(ちゅうあいおおきみ)は、神懸(かみがか)りした神功皇后(じんぐうこうごう)から神のお告げを受けるが、西海の宝の国(新羅のこと)を授けるという。

しかし、仲哀大王(ちゅうあいおおきみ)は、これを信じず神を非難した。

託宣では熊襲(くまそ)よりも宝のある朝鮮半島の新羅(しらぎ・シルラ)を攻めよとされたが、仲哀大王(ちゅうあいおおきみ/天皇)はこれを信じず熊襲征伐を行い、敗北し儺県(ながあがた)に撤退する。

仲哀九年、夫の仲哀大王(ちゅうあいおおきみ)が香椎宮(かしいぐう)にて崩御(急死)したと伝わるが、「天書紀」に拠ると「熊襲(くまそ)の矢が当たった」とも記述がある。

その後神功皇后(じんぐうこうごう)は、熊襲(くまそ)を討伐した。


神功皇后(じんぐうこうごう)は、住吉大神の神託により、三韓征伐(さんかんせいばつ)に取り掛かる。

お腹に子供(のちの応神大王/おうじんおおきみ)を妊娠したまま筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅(しらぎ・シルラ)の国を攻めた。

新羅(しらぎ・シルラ)は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗(こうくり・コグリョ)・百済(くだら・ペクチェ)も朝貢を約したと記述がある。


渡海の際は、お腹に月延石や鎮懐石と呼ばれる石を当ててさらしを巻き、「冷やす事によって出産を遅らせた」とされる。

月延石は三つあったとされ、それぞれ長崎県壱岐市の月讀神社、京都市西京区の月読神社、福岡県糸島市の鎮懐石八幡宮に奉納されたと言われている。


三韓征伐(朝鮮出兵)の帰路、筑紫の宇美(うみ)で応神大王(おうじんおおきみ)を出産し志免(しめ)でお紙目を代えたと伝えられている。

また、壱岐市の湯ノ本温泉で産湯(うぶゆ)をつかわせたなど九州北部に数々の伝承が残っており、九州北部に縁の深い人物であったとの推測がある。


神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐の後に畿内に帰るとき、自分の皇子・応神大王(おうじんおおきみ)には異母兄にあたる香坂皇子(かごさかのみこ)、忍熊皇子(おしくまのみこ)が畿内にて反乱を起こして戦いを挑んだ。

しかし、神功皇后軍(じんぐうこうごうぐん)は武内宿禰(たけしうちのすくね)や武振熊命(たけふるくま)の働きによりこれを平定したという。


神功皇后(じんぐうこうごう)は、武神(武家社会の神)である八幡神の母にあたる神であり、八幡太郎・源義家など数多くの武人が神功皇后を崇拝していた。

また八幡神と同じく、その言い伝えは九州はもとより関東から近畿の大津や京都や奈良や大阪の住吉大社、瀬戸内海を挟んで広島や岡山、四国と、日本中に数多く存在する。


今でも全国各地で神功皇后(じんぐうこうごう)の三韓征伐を祝うための山車が存在しており、その業績をたたえる祭りが多い。


伊勢神宮に次ぐ皇室第二の宗廟・宇佐神宮(在・大分県宇佐市)に於いて、ここに祭られる神功皇后(じんぐうこうごう)は「比売(ひめ)大神(おおみかみ)」の左右に、応神と伴に鎮座ましましている。


神功皇后(じんぐうこうごう)については、卑弥呼説やその娘・台与(壱与)説、女帝である「第三十五代皇極帝・同第三十七代斉明帝や第四十一持統帝をモデルに創作した」などの説があり、現在では実在説と非実在説が並存している。


注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-29 06:12 | Comments(0)  

武内宿禰(たけしうちのすくね)

武内宿禰(たけしうちのすくね/たけのうちのすくね)は、勿論一人の人物としては歴史上実存しない。

古代日本(上古代)の大王(おおきみ/天皇)の多数の忠臣達の群像を、理想的に擬人化し創出した伝説上の人物である。

日本書紀」では「武内宿禰(たけしうちのすくね/たけのうちのすくね)」、「古事記」では「建内宿禰(たけしうちのすくね)」、他文献では「建内足尼」とも表記される。

「宿禰(すくね)」は尊称で、名称は「勇猛な、内廷の宿禰」の意とされる。


第十二代景行第十三代成務第十四代仲哀第十五代応神第十六代仁徳の五代の各大王(おおきみ/天皇)に仕えたという伝説上の忠臣である。

また、熊襲(くまそ)の討伐や三韓征伐を為したとされる「神功皇后(じんぐうこうごう)に付き従い、戦果に貢献した。」とされている。

武内宿禰(たけしうちのすくね/たけのうちのすくね)は、紀(き)氏・巨勢(こせ)氏・平群(へぐり)氏・葛城(かずらき)氏蘇我(そが)氏など中央有力豪族の祖ともされる。


「日本書紀」では、武内宿禰(たけしうちのすくね)の生まれについて「景行天皇紀」に拠ると、大王(おおきみ/天皇)は紀伊に行幸して神祇祭祀を行おうとしたが、占いで不吉と出たため、代わりに屋主忍男武雄心命(やぬしおしおたけおごころのみこと)が遣わされた。

そして武雄心命(おたけおごころのみこと)が阿備柏原(あびのかしわばら:現・和歌山市相坂・松原かにて留まり住むこと九年、その間に影媛(かげひめ)との間に儲けたのが武内宿禰(たけしうちのすくね)であるという。


また成務天皇紀では、武内宿禰(たけしうちのすくね)は第十三代・成務大王(おおきみ/天皇)と同日の生まれ(景行十四年、月日不詳)としている。

その後、景行大王(けいこうおおきみ/第十二代天皇)から仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)までの五代に渡り武内宿禰(たけしうちのすくね)の事績が記されている。


「古事記」に於いても、建内宿禰(たけしうちのすくね/武内宿禰)に関して「日本書紀」と同様の説話が記されている。


なお武内宿禰(たけしうちのすくね)の系譜に関しては、武内宿禰(たけしうちのすくね)が後世(七世紀後半頃か)に創出された人物と見られる。

その事や、稲荷山古墳出土鉄剣によれば人物称号は「ヒコ → スクネ → ワケ」と変遷するべきで葛城襲津彦(かずらきのそつひこ)の位置が不自然である事から、原系譜では武内宿禰(たけしうちのすくね)の位置には襲津彦(そつひこ)があったとする説がある。


仁徳五十五年三月に武内宿禰(たけしうちのすくね)は三百六十余歳にして因幡国に下向し、亀金に双履を残して行方知らずとなったという。

その他「公卿補任」では薨年未詳で二百九十五歳にて死去または一説として仁徳五十五年に年齢未詳で死去とある。

「水鏡」では、武内宿禰(たけしうちのすくね)は仁徳五十五年に二百八十歳で死去、「帝王編年記」では仁徳七十八年に年齢未詳または一説として三百十二歳)で死去したとある。


「日本書紀」・「古事記」の記す武内宿禰(たけしうちのすくね)の伝承には、歴代の大王(おおきみ/天皇)に仕えた忠臣像、長寿の人物像、神託も行う人物像等が特徴として指摘される。

特に、大臣を輩出した有力豪族の葛城(かずらき)氏・平群(へぐり)氏・巨勢(こせ)氏・蘇我(そが)氏ら四氏が共通の祖とする事から、武内宿禰(たけしうちのすくね)には大臣の理想像が描かれているとされる。


ただし、「古事記」では「日本書紀」に比して武内宿禰(たけしうちのすくね)の物語が少ない事から、「旧辞」の成立より後、蘇我馬子(そがのうまこ)中臣鎌足(なかとみのかまたり/藤原鎌足)ら忠臣がモデルとなってその人物像が成立したと推測されてもいる。

また、弟の甘美内宿禰(うましうちのすくね/味師内宿禰)とともに「内宿禰」を称する事から、大和国宇智郡を根拠とした豪族の「有至臣(うちつおみ/内臣)」との関連も指摘される。


注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。


大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-28 17:22 | Comments(0)