人気ブログランキング |

女房(にょうぼう)


妻の事を現代では女房(にょうぼう)と呼ぶが厳密に言うと正しい意味で使用しているのか?

房(ぼう)の意味は専用の部屋(場所)の事であり、厨房(ちゅうぼう)の意味は調理(部屋)場所、工房(こうぼう)の意味は製造(部屋)場所、閨房(けいぼう)の意味は寝室(ねや)場所であり閨房術(けいぼうじゅつ)の用法は性行為のテクニックを指す。

元々女房(にょうぼう)の用法は朝廷や貴族社会、江戸城大奥女中に仕える奥向きの女官を指し、この場合は天皇や貴族、将軍が性交相手に選んだ女官を一人住みの部屋を与えて女房(にょうぼう)と呼ぶ。

すると女房(にょうぼう)の直訳意味は、あてがわれた専用の部屋で女を発揮する場所の事で、または、女官の部屋を女房(にょうぼう)と言うが、時代の経過ともに意味が転じて夫が自分の妻を指して呼ぶ。

女房(にょうぼう)と言う呼称を論法的に解説すると「女を発揮する相手」と言う意味合いで夫が自分の妻を指して呼ぶことを意味すると結論する。

◆このコンテンツ(記事)を「引用」・「転載」する時は、必ず原作者名・未来狂冗談を明記した上で出典元の当方アドレスをリンクで貼って下さい。

関連記事
皇居内裏女官(こうきょだいりにょかん)】に飛ぶ。
江戸城大奥女中(えどじょうおおおくじょちゅう)】に飛ぶ。
仲居(なかい)】に飛ぶ。
おかみさん文化】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

# by mmcjiyodan | 2021-02-04 18:11  

日本が多神教の訳け

日本はキリスト教やイスラーム教の一神教の国々と違い岩の神様や木の神様等何でも神様の多神教の国である。

日本が多神教の国に成った訳けは、この国の成り立ちと関係が在る。

歴史的に考察すれば、日本人と言う民族も本来日本人の元祖とされるネイティブジャパニーズは、ポリネシア・ミクロネシア系縄文人(蝦夷族)である。

日本列島に、大陸経由や海流に乗って島伝いに渡来征服部族(氏族)が日本列島に渡り来て先住縄文人(蝦夷族)を追い遣り、勝手に倭の国々と呼ばれる小国家群を夫々(それぞれ)が造る。

蝦夷(エミシ)と呼ぶ「縄文人」が住いし日本列島へ中華文明で当時としては文化的な多くの征服(侵略)部族が渡来して来て、小さな国々創った。

やがて渡来征服(侵略)部族が創った小さな国々が誓約(うけい)で合従連衡(がっしょうれんこう)して規模を拡大し大国主による連合政権を創った。

そもそも大和朝廷(ヤマト王権)によって、日本列島の西日本統一が実現された時、当時日本列島各地に勢力を持つ征服(侵略)部族の王達は既に神を名乗って神格化されて居た。


渡来部族の長が夫々(それぞれ)に神を名乗った事から日本は多神教の国「神々の国」に成った。


詳しくは小論【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。
詳しくは小論【大和民族(ヤマト民族/日本人)の成立過程】を参照下さい。
詳しくは小論【鬼伝説に隠された先住民(蝦夷族/エミシ族)】を参照下さい。

◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

関連記事
鵺(ぬえ)・鬼(おに)・土蜘蛛(つちぐも)】に飛ぶ。
蝦夷族(えみしぞく/原住縄文人)は日本史から抹殺された】に飛ぶ。
桓武天皇のヒタカミ(日高見国)蝦夷の役】に飛ぶ。
「日本の天皇家の祖先は朝鮮半島から来た」を検証する。】に飛ぶ。
単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。
俘囚(ふじゅう/奴婢身分・ぬひみぶん)】に飛ぶ。
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
奈良県五條市・幸せを呼ぶ神事・鬼走り(おにばしり)】に飛ぶ。
源頼光(みなもとのよりみつ/らいこう)と酒呑童子の物語】に飛ぶ。
豆まき・「鬼は内」に隠された歴史の真実】に飛ぶ。
桃太郎伝説の誤解と真実】に飛ぶ。
日本語のルーツと安倍氏】に飛ぶ。
権門層(有力貴族・寺社)と荘園(しょうえん/私領・私営田)】に飛ぶ。
切捨て御免のルーツ】に飛ぶ。

◆このコンテンツ(記事)を「引用」・「転載」する時は、必ず原作者名・未来狂冗談を明記した上で出典元の当方アドレスをリンクで貼って下さい。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

# by mmcjiyodan | 2021-01-06 19:54  

阿波局(あわのつぼね)(保子)


阿波局(あわのつぼね/北条保子)は、北条氏の女性で鎌倉時代初期の京都御所に仕える女性。

鎌倉幕府二代執権・北条義時(ほうじょう よしとき)の長男・鎌倉幕府第三代執権・北条泰時(ほうじょう やすとき)の実母とされる。

初代執権・北条時政(ほうじょう ときまさ)の娘で異母姉妹に源頼朝(みなもとのよりとも)継室・北条政子(ほうじょうまさこ )が居る。

兄弟に鎌倉幕府二代執権・北条義時(ほうじょう よしとき)らがいる。

土豪の娘に生まれた北条保子(阿波局/あわのつぼね)は、異母姉・政子(まさこ)が源氏の頭領源頼朝(みなもとのよりとも)と恋仲になり親の意思には逆らって一緒に成った事で北条保子(阿波局/あわのつぼね)の運命も変わった。

異母姉・政子と結婚した義兄・源頼朝(みなもとのよりとも)の異母弟である頼朝の父・義朝(よしとも)の七男・阿野全成(あの ぜんじょう)に嫁ぎ、四男・時元(ときもと)を儲ける。

その後、阿波局(あわのつぼね/北条保子)は甥である頼朝(よりとも)の次男・源実朝の乳母となる。

阿野全成(あの ぜんじょう)の妻とされるが、『吾妻鏡』には全成(ぜんじょう)の「妾」と記されている。



第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

# by mmcjiyodan | 2020-11-18 18:21  

二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)


二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)は、鎌倉幕府十三人の合議制の内の一人を務める。行政( ゆきまさ)は、代々政所執事を務めた二階堂氏の祖。

苗字二階堂(にかいどう)は、建久三年(1192年)11月25日に建立された永福寺(二階建ての仏堂があった)の周辺に、行政(ゆきまさ)が邸宅を構えたことに由来する。

家系は藤原南家乙麻呂流工藤氏の流れで父は工藤行遠(くどうゆきとう)、母は源頼朝の外祖父で代熱田大宮司・尾張目代(律令制の官職)・藤原季範(ふじわら の すえのり)の妹である。

父・行遠(ゆきとう)は工藤氏の流れ代々従五位下の下級貴族。

「工藤二階堂系図」では維遠、維行、維頼、行遠の四代が遠江(とうとうみ)守に任官したことになっている。

父・行遠(ゆきとう)は『尊卑分脈』傍注によると、遠江国司を殺害して尾張国に配流されたとあり、おそらくそのときに熱田大宮司・藤原季範の妹との間に行政( ゆきまさ)が生まれている。

行政(ゆきまさ)は母方が熱田大宮司家であった縁により源頼朝に仕えたものと思われる。


治承四年(1180年)6月29日に公家・桓武平氏高棟流・平時忠(たいら の ときただ)が伊豆の知行国主に任官する。

知行国主・平時忠(たいら の ときただ)が兼隆(かねたか)の目代任命(律令制下の地方官の代官)するを機に北条時政(ほうじょうときまさ/平時政)は娘・北条政子(ほうじょうまさこ)を兼隆に嫁がせようと画策する。

帰国の道中に兼隆との縁談を進めていた時政は平家の怒りを恐れ、娘・政子を兼隆のもとへ送ろうとするが、勝気な政子は逃げ出して頼朝のもとへ行ってしまう。

同治承四年(1180年)8月、源頼朝に従う行政(ゆきまさ)は以仁王(もちひとおう)の令旨を受け挙兵、伊豆目代(律令制下の地方官の代官)・山木兼隆(やまきかねたか)の館を急襲する。


三島大社の祭礼のために郎党の多くが留守だったため山木兼隆(やまきかねたか)は満足に戦うことができず、頼朝配下・加藤景廉(かとうかげかど) によって討たれた。

二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)は鎌倉幕府成立に貢献して頼朝(よりとも)に重用される。

文治五年(1189年)7月、奥州藤原氏頭領・藤原秀衛(ふじわらひでひら) との奥州合戦では、合戦の次第を報告するにあたってそれを行政(ゆきまさ)が書いた。

建久四年(1193年)、行政( ゆきまさ)は五位に叙され民部大夫(律令制の官職)と呼ばれるようになり、同年に鎌倉幕府政所別当が複数制になった時に別当に昇格した。政所においては別当頭大江広元 (おおえのひろもと) を補佐し、広元(ひろもと) が在京して不在の折には代わって政所の業務を統括した。



第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

# by mmcjiyodan | 2020-11-16 13:23  

三善 康信(みよし の やすのぶ)


三善 康信(みよし の やすのぶ)は、鎌倉幕府の初代問注所執事や鎌倉幕府十三人の合議制の内の一人を務める。

元々三善家は算道の家柄で太政官の書記官役を世襲する下級貴族の出身で、父は三善康光(みよし の やすみつ)、または康久(やすひさ)とされる。

康信 (やすのぶ)は母が源頼朝(みなもと の よりとも)の乳母・(特定は定かでないが、比企尼又は寒河尼又は山内尼)の妹であり、その縁で流人として伊豆国にあった頼朝に、月に三度京都の情勢を知らせていた。

治承四年(1180年)5月の以仁王(もちひとおう)の挙兵の二ヶ月後、康信( やすのぶ)は頼朝に使者を送り、諸国に源氏追討の計画が出されているので早く奥州へ逃げるように伝えるなど、頼朝(よりとも)の挙兵に大きな役割を果たした。

元暦元年(1184年)4月、康信は頼朝(よりとも)から鎌倉に呼ばれ、鶴岡八幡宮の廻廊で対面し、鎌倉に住んで武家の政務の補佐をするよう依頼されこれを承諾した。

頼朝(よりとも)の落馬死後、二代将軍・源頼家(みなもと の よりいえ)の独裁ぶりに不安を抱いた御家人の代表による十三人の合議制にも参加する。

承久三年(1221年)の承久の乱に際しては病身の身で会議に参加、大江広元((おおえのひろもと) )の即時出兵論を支持した。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

# by mmcjiyodan | 2020-11-16 12:10