人気ブログランキング |

戊辰戦争(ぼしんせんそう)

戊辰戦争(ぼしんせんそう)とは、十五代将軍・徳川慶喜に拠る大政奉還後に三百六十年続いた江戸幕府の幕藩体制を天皇親政の明治新政府に体制を変える為の一連の内戦を呼ぶ総称である。

明治新政府が王政復古で成立した大政奉還後も、旧体制の親江戸幕府勢力(佐幕派)は残っていて新政府に抵抗する構えを見せる者も多く、その一掃を目指して新政府が薩長土肥の軍事力を用い主に甲信越・関東・東北・北海道で交戦した掃討戦だった。

この掃討戦の期間が慶応四年~明治元年で干支(えと)が戊辰(ぼしん)だった事から戊辰戦争(ぼしんせんそう)と呼ばれ、明治新政府側が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅した事により、以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められた。

戊辰戦争は大きく分けて三段階に分けられ、最初の衝突は「鳥羽・伏見の戦い」で、この時点では旧幕府勢力も新政府に参加する構想も在り薩長と幕府の主導権争いに起因すると思われるが、戦闘の最中に錦旗(きんき)が薩長に下賜され徳川慶喜が大阪から海路江戸に向かった時点で主導権は完全に薩長の手に落ちた。

その後、江戸に攻め下る官軍(新政府軍)を前に西郷隆盛勝海舟の交渉で江戸城の無血開城は為されたが、幕府方は近藤勇(こんどういさみ)土方歳三が指揮した甲州勝沼戦や市川・船橋戦、そして幕臣約四千名が集合した上野彰義隊戦(上野戦争)などの局地戦が起き、いずれも装備に勝る官軍(新政府軍)が勝利している。

第二段階は会津藩・庄内藩の処分問題に起因するもので、合津戦争を含む「東北戦争」の段階で、東北列藩同盟は「会津藩・庄内藩への同情論が結束を促した」とされている。

第三段階の「箱館戦争」は旧幕府勢力の最後の抵抗で、榎本武揚(えのもとたけあき)ら一部の旧幕臣が旧幕府艦隊を率いて江戸を脱出、途中東北列藩同盟側敗戦濃厚な仙台で同盟軍および大鳥圭介・土方歳三等の旧幕府軍の残党勢力約二千五百名を収容して蝦夷地(北海道)へ向かい、松前藩の箱館五稜郭などを占領し蝦夷地支配の追認を求める嘆願書を朝廷に提出する。

新政府がこの蝦夷地支配を認め無い中、要となる旗艦・開陽を座礁沈没させて失い制海権を失った旧幕府軍 は上陸して来た新政府軍と交戦と成り、主戦派の土方歳三が戦死し榎本武揚らは新政府軍に降伏し戊辰戦争は終結する。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

関連記事
鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい)】に飛ぶ。
松平容保(まつだいらかたもり)と会津落城】に飛ぶ。
箱館戦争(はこだてせんそう)】に飛ぶ。

第五巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

by mmcjiyodan | 2010-01-21 01:02  

<< 近藤勇(こんどういさみ) 箱館戦争(はこだてせんそう) >>