武内宿禰(たけしうちのすくね)

武内宿禰(たけしうちのすくね/たけのうちのすくね)は、勿論一人の人物としては歴史上実存しない。

古代日本(上古代)の大王(おおきみ/天皇)の多数の忠臣達の群像を、理想的に擬人化し創出した伝説上の人物である。

日本書紀」では「武内宿禰(たけしうちのすくね/たけのうちのすくね)」、「古事記」では「建内宿禰(たけしうちのすくね)」、他文献では「建内足尼」とも表記される。

「宿禰(すくね)」は尊称で、名称は「勇猛な、内廷の宿禰」の意とされる。


第十二代景行第十三代成務第十四代仲哀第十五代応神第十六代仁徳の五代の各大王(おおきみ/天皇)に仕えたという伝説上の忠臣である。

また、熊襲(くまそ)の討伐や三韓征伐を為したとされる「神功皇后(じんぐうこうごう)に付き従い、戦果に貢献した。」とされている。

武内宿禰(たけしうちのすくね/たけのうちのすくね)は、紀(き)氏・巨勢(こせ)氏・平群(へぐり)氏・葛城(かずらき)氏蘇我(そが)氏など中央有力豪族の祖ともされる。


「日本書紀」では、武内宿禰(たけしうちのすくね)の生まれについて「景行天皇紀」に拠ると、大王(おおきみ/天皇)は紀伊に行幸して神祇祭祀を行おうとしたが、占いで不吉と出たため、代わりに屋主忍男武雄心命(やぬしおしおたけおごころのみこと)が遣わされた。

そして武雄心命(おたけおごころのみこと)が阿備柏原(あびのかしわばら:現・和歌山市相坂・松原かにて留まり住むこと九年、その間に影媛(かげひめ)との間に儲けたのが武内宿禰(たけしうちのすくね)であるという。


また成務天皇紀では、武内宿禰(たけしうちのすくね)は第十三代・成務大王(おおきみ/天皇)と同日の生まれ(景行十四年、月日不詳)としている。

その後、景行大王(けいこうおおきみ/第十二代天皇)から仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)までの五代に渡り武内宿禰(たけしうちのすくね)の事績が記されている。


「古事記」に於いても、建内宿禰(たけしうちのすくね/武内宿禰)に関して「日本書紀」と同様の説話が記されている。


なお武内宿禰(たけしうちのすくね)の系譜に関しては、武内宿禰(たけしうちのすくね)が後世(七世紀後半頃か)に創出された人物と見られる。

その事や、稲荷山古墳出土鉄剣によれば人物称号は「ヒコ → スクネ → ワケ」と変遷するべきで葛城襲津彦(かずらきのそつひこ)の位置が不自然である事から、原系譜では武内宿禰(たけしうちのすくね)の位置には襲津彦(そつひこ)があったとする説がある。


仁徳五十五年三月に武内宿禰(たけしうちのすくね)は三百六十余歳にして因幡国に下向し、亀金に双履を残して行方知らずとなったという。

その他「公卿補任」では薨年未詳で二百九十五歳にて死去または一説として仁徳五十五年に年齢未詳で死去とある。

「水鏡」では、武内宿禰(たけしうちのすくね)は仁徳五十五年に二百八十歳で死去、「帝王編年記」では仁徳七十八年に年齢未詳または一説として三百十二歳)で死去したとある。


「日本書紀」・「古事記」の記す武内宿禰(たけしうちのすくね)の伝承には、歴代の大王(おおきみ/天皇)に仕えた忠臣像、長寿の人物像、神託も行う人物像等が特徴として指摘される。

特に、大臣を輩出した有力豪族の葛城(かずらき)氏・平群(へぐり)氏・巨勢(こせ)氏・蘇我(そが)氏ら四氏が共通の祖とする事から、武内宿禰(たけしうちのすくね)には大臣の理想像が描かれているとされる。


ただし、「古事記」では「日本書紀」に比して武内宿禰(たけしうちのすくね)の物語が少ない事から、「旧辞」の成立より後、蘇我馬子(そがのうまこ)中臣鎌足(なかとみのかまたり/藤原鎌足)ら忠臣がモデルとなってその人物像が成立したと推測されてもいる。

また、弟の甘美内宿禰(うましうちのすくね/味師内宿禰)とともに「内宿禰」を称する事から、大和国宇智郡を根拠とした豪族の「有至臣(うちつおみ/内臣)」との関連も指摘される。


注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。


大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

◆このコンテンツ(記事)を「引用」・「転載」する時は、必ず原作者名・未来狂冗談を明記した上で出典元の当方アドレスをリンクで貼って下さい。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

by mmcjiyodan | 2017-08-28 17:22 | Comments(0)  

<< 神功皇后(じんぐうこうごう 熊襲(くまそ)=隼人(はやと) >>