<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

松平広忠(まつだいらひろただ)

松平広忠(まつだいらひろただ)は戦国期の三河の豪族で戦国大名、天下人となって江戸幕府を創設した徳川家康の父である。

つまり三河・松平氏(まつだいらし)は家康を初代に創設した徳川氏の旧姓で、室町時代に興った三河国加茂郡松平郷(愛知県豊田市松平町)の在地の小豪族である。

この松平氏発祥の地・加茂郡と言う地名と言い、家紋賀茂神社に繋がる「三つ葉青いの紋」を松平氏が使用している事と言い、松平氏は公称する新田系世良田氏流源氏の出自では無く賀茂氏の出自と見る方が妥当である。

賀茂氏は室町時代には勘解由小路家(かでのこうじけ)を称したが、「戦国時代に断絶した」とされる。

しかし支流は草となって全国に散り、その有力な一つが美濃国妻木郷・妻木勘解由家(つまきかでのけ)と三河国加茂郡松平郷・松平家(まつだいらけ)である。

承久の乱の後に三河守護に任命された足利義氏(鎌倉幕府)が、矢作東宿(岡崎市明大寺付近と推定)に「守護所を設置した」と推定されている。

松平氏が土着居住した三河国は室町幕府時代末期は細川氏が守護職だったが、守護大名・細川成之(ほそかわしげゆき)は阿波国・三河国・讃岐国の守護を任じていた為に守護代を置いていた。

千四百七十八年(文明十年)以後、文献に拠る明確な三河守護は不明となるが、記録によると応仁の乱頃には松平氏は室町幕府の政所執事を務める「伊勢氏の伊勢貞親に仕えた」と言われ、額田郡の国人一揆が起きた際は伊勢貞親の被官として松平信光の名が見え、伊勢貞親は松平信光とその縁戚にあたる戸田宗光(全久)に国人一揆を鎮圧させている。

三河・松平氏の第三代当主・松平信光は賀茂朝臣を称していた三河国の土豪かつ被官で、応仁の乱頃には室町幕府の政所執事を務める伊勢氏の「伊勢貞親に仕えた」と言われる。

この松平氏、三河国加茂郡松平郷に土着した賀茂氏系の土豪だが、戦国期の松平氏は徐々に勢力を広げて家康の祖父・松平清康の頃にほぼ三河国を平定して戦国々主武将に成り上がっていた。

とは言え当主・松平広忠は、東隣は駿河国(するがくに)、遠江国(とおとうみのくに)を擁する大国今川氏、西隣は尾張国(おわりのくに)の織田氏に挟まれて国主の座を維持するに腐心していた。

そこで広忠は、今川氏を味方につける事を策して継子・松平竹千代(後の徳川家康)を駿河へ人質に出す事を決した所から、松平竹千代の波乱の生涯が始まるのである。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
徳川家康(とくがわいえやす)】に飛ぶ。
松平竹千代(まつだいらたけちよ)徳川家康双子説を追う】に飛ぶ。
清洲同盟の謎と竹千代双子説】に飛ぶ。
松平元康(徳川家康)・三河支配権の回復の謎】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-10 04:15 | Comments(0)  

佐々成政(さっさなりまさ)・出世編

佐々成政(さっさなりまさ)は、尾張国春日井郡比良城に拠った土豪・佐々氏、佐々成宗(盛政とも)の三男に生まれたが、兄二人が相次いで戦死した為に家督を継いで比良城主となり、織田信長今川義元桶狭間の戦いで破った頃に使えて馬廻衆となる。

成政(なりまさ)が勤めた馬廻衆の役目は、戦場で主君の本陣を構成して戦闘の他に護衛・伝令と言った役割を果たすものである。

織田信長に近侍する家臣組織にはこの本陣要員の馬廻衆と日頃信長に近従して身の回りの世話から政務の取次ぎなどを勤める小姓衆の二つが在り、小姓衆の内から選抜された赤母衣衆(あかほろしゅう)も同じく十名ほどで構成され、この黒母衣衆(くろほろしゅう)と赤母衣衆(あかほろしゅう)が、信長の側近中の側近と言う事になる。

ちょうど主君・信長が美濃国の斎藤氏を滅ぼした頃、幾度の戦で戦功を重ねて頭角を表した成政(なりまさ)は、馬廻衆の中でも特に選ばれた十名ほどで構成する黒母衣衆(くろほろしゅう)の一員に抜擢され出世の糸口を掴む。

その後佐々成政は、信長が起こした越前朝倉氏・朝倉義景を攻めた時、同盟を結んでいた信長妹・市の方の嫁ぎ先である北近江浅井氏・浅井長政(あざいながまさ)の裏切りに合い、撤退戦となった金ヶ崎の退き口で殿(しんがり/主君撤退の時間を稼ぐ防衛戦)を勤めた木下秀吉(羽柴秀吉)の殿(しんがり)軍に馬廻衆を率いて参加し、秀吉を救援し活躍した。

その越前朝倉氏・朝倉義景と北近江浅井氏・浅井長政の連合軍と織田信長、徳川家康連合軍が戦った長篠の戦いでは、佐々成政は同じ黒母衣衆(くろほろしゅう)の野々村正成や赤母衣衆(あかほろしゅう)の前田利家・福富秀勝・塙直政らと共に鉄砲隊を率いて戦っている。

織田信長は、千五百七十五年(天正三年)に越前を制圧し、その北陸方面の軍団長とし筆頭家老の柴田勝家を置き与力として佐々成政・前田利家・不破光治(美濃国土豪で斉藤氏から織田氏に仕えた)の三人(府中三人衆)に越前府中三万三千石を共同で与え、一万一千石の大名格と成った佐々成政は小丸城を築いて居城とした。

北陸方面・柴田勝家の与力とは言え佐々成政・前田利家・不破光治の府中三人衆はあくまでも織田信長の直臣であったから、織田軍の遊撃軍として佐々成政も石山本願寺攻めや播磨平定、荒木村重征伐などに援軍として駆り出されている。

千五百八十年(天正八年)成政は主君・織田信長に命じられ、追放されて信長の下に流れ来て仕えた元・越中富山城主の嫡男・神保長住の助勢として対一向一揆上杉氏の最前線にある越中平定に関わる事に成る。

その越中平定の功に依り翌年に成政は越中半国を与えられ、翌年の長住失脚により一国守護として富山城に大規模な改修を加えて居城とした。

佐々成政(さっさなりまさ)・波乱編】に続く。

★主な安土桃山時代の大名家・代表的当主など一覧は【安土桃山時代(あづちももやまじだい)】を参照下さい。

関連記事
織田信長の家臣・武将軍団】に飛ぶ。
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
信長小姓衆・黒母衣衆(くろほろしゅう)と赤母衣衆(あかほろしゅう)】に飛ぶ。
富樫氏(とがしうじ)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-08 15:08 | Comments(0)  

佐々成政(さっさなりまさ)・波乱編

佐々成政(さっさなりまさ)・出世編に戻る。

千五百八十二年(天正十年)、明智光秀が引き起こした本能寺の変の時、佐々成政(さっさなりまさ)は北陸方面の戦いに在り、柴田勝家と共に上杉軍の最後の拠点魚津城を攻略に成功したばかりの成政は変の報が届いて各将がそれぞれ領地に引き揚げた為に上杉軍の反撃に遭い、成政はその防戦で身動きが取れなかった。

柴田勝家も中国大返しを成し遂げた羽柴秀吉に先を越されて明智光秀を討たれてしまい、丹羽長秀(にわながひで)ら織田家臣団の主力の支持を秀吉に持って行かれてしまう。

羽柴秀吉の明智光秀征伐後、清洲会議に於いて柴田勝家と羽柴秀吉との織田家の実権争いが勃発すると成政は長年の与力関係から柴田方に付くが、その後起こった賤ヶ岳の戦いには上杉景勝への備えのため越中を動けず、叔父の佐々平左衛門に兵六百を与えて援軍を出すに止まった。

柴田勝家が越前・北庄城で敗死し、秀吉方に寝返った前田利家と上杉家の勢力に挟まれた佐々成政は娘を人質に出して剃髪する事で秀吉に降伏し、秀吉から越中一国を安堵されている。

この越中一国安堵は、秀吉にして見れば過ぐる日の金ヶ崎の退き口での殿(しんがり)働きの折の「助勢の借り」を成政に返した積りかも知れない。

やがて羽柴秀吉と徳川家康織田信雄連合軍との間に小牧・長久手の戦いが始まると、佐々成政は一旦秀吉方につく素振りを見せるが夏頃になって徳川家康・織田信雄方につき、秀吉方に立った前田利家と敵対して末森城の合戦を起しているが、この時期成政は越後の上杉景勝とも敵対していた為に軍勢分割する不利な作戦を強いられて苦戦が続いていた。

そうした中、秀吉敵対していた織田信雄が単独で講和に走り徳川家康もまた和議に転じた為に佐々成政は取り残され進退窮まって、家康に再挙を促す為に厳冬の飛騨山脈(北アルプス)・立山山系を越えて家康の本拠地「遠近江・浜松へと踏破する」と言う世に言う「さらさら越え」の壮挙を成し遂げた。

しかし結局、佐々成政の家康への説得は功を奏せず、織田信雄や滝川一益にも説得を行ったが快い返事は得られなかった。

孤立した佐々成政に対して羽柴秀吉自ら越中攻略に乗り出して富山城を十万の大軍で包囲するが、織田信雄が仲介に入って成政を降伏させ、正成は助命されるが越中東部の新川郡を残して全ての領土を没収され、大坂に妻子と共に移住を命じられて御伽衆として秀吉に仕える事に成る。

一旦は小領主に落ちて戦国末期の大舞台から外れた形となった成政だったが、千五百八十七年(天正十五年)の九州の役で功を挙げて肥後一国を与えられ大名に返り咲く。

しかし強引な太閤検地を行おうとするなど領国の運営に失敗、反発する国人が一斉蜂起した事態を自力で鎮める事に失敗して秀吉の怒りを買い、佐々成政は失政の責めを受け、安国寺恵瓊による助命嘆願も効果なく摂津尼崎・法園寺にて切腹させられたのである。

佐々成政(さっさなりまさ)・出世編】に戻る。

関連記事
信長小姓衆・黒母衣衆(くろほろしゅう)と赤母衣衆(あかほろしゅう)】に飛ぶ。
富樫氏(とがしうじ)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-08 15:07 | Comments(0)  

池田輝政(いけだてるまさ)

池田輝政(いけだてるまさ)は織田家の重臣・池田恒興(いけだつねおき)の二男である。

織田信長に仕え、輝政(てるまさ)は兄・池田元助(いけだもとすけ)と共に近習として従う。

信長に従って各地を転戦する輝政(てるまさ)だったが、特に頭角を現したのは弱冠十六歳の折の荒木村重の謀叛に拠る摂津花隈城攻めで北諏訪ヶ峰に陣取り、抜群の軍功を立て信長から感状を授けられた。

荒木村重の乱を沈めると、父・池田恒興(いけだつねおき)が信長より摂津国を拝領し、輝政(てるまさ)は父・恒興とともに尼崎城に入った。

本能寺の変が起こり明智光秀に信長が討たれた後は、輝政(てるまさ)は父・恒興(つねおき)と共に羽柴秀吉に属し、山崎の合戦の後は父・恒興(つねおき)が美濃大垣城主となり、池田輝政は別に摂津池尻城を拝領する。

臣従する羽柴秀吉と織田信雄徳川家康との間に小牧・長久手の戦いが起こり父・恒興と兄・元助(もとすけ)が討死し、羽柴秀吉と徳川家康の間に和議が成立すると輝政はその遺領を受け継ぎ美濃大垣城主となり後に美濃岐阜城に移っている。

池田輝政は紀州雑賀攻め佐々成政征伐の為北陸へ遠征、その後、九州平定戦、小田原征伐、会津征伐と各地を転戦しその功により三河吉田十五万二千石を拝領し、秀吉の命により徳川家康の二女・督姫(とくひめ)を娶っている。

実はこの徳川家康の二女・督姫(とくひめ)は再婚で、前夫は後北条家最後の当主・北条氏直である。

この婚姻の経緯であるが、甲斐・武田氏滅亡後の徳川氏と北条氏に拠る旧武田領争奪の和睦として北条氏直が督姫(とくひめ)を娶り、徳川家康が北条氏直の義父となる事で両家間の和平が保たれていた。

ところが、千五百九十年(天正十八年)に、豊臣秀吉が小田原攻めを起こして北条氏は滅亡する。

この北条氏滅亡の時、北条氏直は義父の家康の助命嘆願で秀吉から助命され高野山に流された後に赦免された為、督姫(とくひめ)も氏直の下に赴くも、その翌年に氏直が死去した為に家康の下へ戻っていた。

その督姫(とくひめ)に目を着けた秀吉が計らい、輝政と再婚させたのである。

文禄・慶長の役(朝鮮の役)では輝政は遠征に参加せず、三河吉田に在って東国警備の任を秀吉に命じられていた。

秀吉亡き後に起こった関ヶ原の戦いでは徳川家康の娘婿として義父の東軍に属し、同じく東軍に属した福島正則と戦功を争った。

関ヶ原戦後、池田輝政は一連の戦功により播磨姫路城五十二万石の大身に出世を果たした。

池田輝政は、千六百十三年(慶長十八年)に姫路城にて急死、死因は中風とされるが当時の見立て故にその精度は定かでは無い。

輝政没後の池田家は、家康二女・督姫の子供達が継ぐ事になり、外様ながら松平姓を許されて徳川家縁者の家格を得、江戸幕府の有力大名としている。

家康は余程二女・督姫の子供達(外孫)が可愛かったのか、池田輝政没後の播磨五十二万石の家督を嫡男・利隆が継ぐのを許した外に、二男・池田忠継には備前国岡山城二十八万石、三男・池田忠雄には淡路国洲本城六万石を与えている。

また、家康二女・督姫の娘婿として徳川家康に可愛がられ、播磨姫路城五十二万石の大身に出世を果たした池田輝政(いけだてるまさ)の父は、織田信長の乳兄弟・遊び友達として虚(うつ)け無頼な遊びに付き合っていた池田恒興(いけだつねおき)の次男であり、家康が織田家人質時代に七歳齢上の池田恒興と接点が在った事は充分に考えられる。

つまり家康にすると、輝政は「可愛がってくれた兄貴分の子供」と言う気分だったのかも知れない。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
安土桃山時代(あづちももやまじだい)】に飛ぶ。
三百諸侯(さんびゃくしょこう)・江戸時代の大名家】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-08 03:23 | Comments(0)  

賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)

千五百八十二年(天正十年)の本能寺の変に拠って明智光秀に主君・織田信長を討たれた織田家臣団では、信長亡き後の家臣団内の主導権争いで跡目争いが起こっていた。

家臣筆頭の柴田勝家と明智光秀を討ち主君・織田信長の敵を取った羽柴秀吉がそれぞれ信長の遺児・織田信孝と亡き信忠の嫡男・三法師君を押して対立したのである。

この清洲会議以後柴田勝家は羽柴秀吉との対立を深め、徳川家康は対立の圏外に居てその行方を見守っている。

正直、双方とも実力者で家康に取って厄介な存在であるから、どちらか片一方が始末されるに越した事は無い。

信長の敵を討った秀吉の勢力が織田家臣団の中で突出し、主家である織田家さえ蔑(ないがし)ろにし始め、それに憂慮した織田家筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉との間で、千五百八十三年(天正十一年)織田信長の天下統一事業「天下布武」の実質継承権を賭けた両者はついに近江国余呉湖畔で対陣する。

この余呉湖畔の対陣がそのまま後に世に言う「賤ヶ岳の合戦」に成るのだが、この戦いでも柴田、羽柴両者の性格や戦振りがハッキリと現れている。

実は羽柴秀吉の「再び中国大返し型」の得意戦法と柴田勝家の正攻法判断が、この賤ヶ岳の合戦の行方を決めていた。

賤ヶ岳の戦いに勝利した秀吉方で功名をあげた武士達の内、福島正則加藤清正加藤嘉明、 脇坂安治、平野長泰、糟屋武則、片桐且元は後世に賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)と呼ばれる。

ただし彼らが挙げたとされる手柄は勝利が確定した後の追撃戦に拠る手柄のみであり、勝敗を決めた一番手柄も大谷吉継石田三成らの先駆衆と呼ばれる武士達に与えられている。

また七本槍(しずがたけのしちほんやり)は後の語呂合わせで、実際に感状を得て数千石の禄を得た点では桜井佐吉、石川兵助一光も同様で、福島正則が「脇坂などと同列にされるのは迷惑だ」と言って居り、加藤清正も「七本槍」を話題にされるのをひどく嫌ったなどの逸話が伝えられて、譜代の有力な家臣を持たなかった秀吉が自分の子飼いを過大に喧伝した結果とも言え、当時から「七本槍」が虚名に近いと言う認識が広まっていた。

ともあれ七本槍(しちほんやり)に名を連ねた武士達は有力武将として後の豊臣政権に於いて大きな勢力をもったが、脇坂氏を除く大半が徳川政権になってからは御家取り潰しなど苦難に遭っている。

賤ヶ岳の合戦(しずがたけのかっせん)】に戻る。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-02 08:31 | Comments(0)  

丹羽長重(にわながしげ)

さて大藩主となった丹羽長秀(にわながひで)の丹羽氏のその後だが、丹羽長重(にわながしげ)の代になって浮沈が激しく何故か歴史の表舞台で華々しい活躍はしていない。

それと言うのも、丹羽長秀の嫡男・丹羽長重は越前国・若狭国・加賀の内二郡百二十三万石万石を相続したのだが、百二十三万石は突出して大封の為に羽柴秀吉には長秀の病死を期に丹羽氏の勢力を削ぐ意志が芽生えていた。

千五百八十五年(天正十三年)に父・長秀が没して家督を相続したばかりの長重(ながしげ)に、賤ヶ岳の戦いの後始末・佐々成政の越中征伐に従軍した際の長重の家臣に「佐々成政に内応した者がいた」との秀吉が嫌疑を掛け、越前国、加賀国を召し上げて若狭一国十五万石に減封の仕置きをし、更に重臣の長束正家や溝口秀勝、村上義明らもヘッドハンティングで召し上げられ、更に二年後の九州攻めの際にも家臣の狼藉を理由に若狭を取り上げられ、丹羽氏は僅かに加賀加賀国松任(現白山市)四万石の小大名に成り下がってしまう。

もっともこの時期、羽柴秀吉は豊臣政権確立の為に盛んに血縁関係の大名を京・大阪の周辺に配置していた為、丹羽氏の百二十三万石はその原資に充てられた匂いがする。

その後丹羽長重(にわながしげ)は、小田原攻めに従軍した功によって、加賀国小松十二万石に加増移封され、この時に従三位、参議・加賀守に叙位・任官されたて小松侍従(小松宰相)と称された。

また長重(ながしげ)は、千六百年(慶長五年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与して東軍の前田利長と戦った為に戦後徳川家康から一旦改易の処分を受けているが、三年後に常陸古渡藩一万石を与えられて大名に復帰し、千六百十四年(慶長十九年)からの大坂冬の陣、翌年の大坂夏の陣では徳川方として参戦して武功を挙げ五年後に常陸江戸崎藩二万石に加増移封された。

長重は余程将軍家の覚えが良かったのか、その加増移封の更に三年後に陸奥棚倉藩五万石に加増移封され、更に五年後の千六百二十七年に陸奥白河藩十万七百石に加増移封ぜられて初代藩主となり、白河城を築いている。

丹羽長秀(にわながひで)】に戻る。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
三百諸侯(さんびゃくしょこう)・江戸時代の大名家】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-01 01:44 | Comments(0)